アーカイブ
2011年09月18日の記事のリスト

2012年の青写真

2011年09月18日 (日) 02 : 55
2012年なのかどうかすらわかりませんけれど、要するに、アセンションへの青写真。
これが知りたくってですね~~~~~~~。
もんもんとしていたわけです。3月11日以降。


にわかにいわゆる大型化してきている天変地異やら、福島を皮切りにした世界中の原発や核処理施設の事故の増殖やら、太陽フレアやら、資本主義崩壊秒読みのようにも言われるアメリカのドル破たん間近のように煽る世相やら、まぁ、そんなふうに「現実世界がいつまでもこのままではなさそうな」空気を醸し出している外側現象が「活発化」してきている現状、それじたいは以前から変わらないことなんですけれど、注意して見ていると、かねてよりアセンションを提唱されておられた面々においても、その活動が活発化してきております。
色々な方が色々なことをおっしゃっておられます。


たしかに、世界は変化している。
しかし、昨日までの世界に踏みとどまりたいことを願ってしまう自分も、正直、いないわけではなかったです。
もう、それは無理だということ・・・。わかっているはずなのに。


そんな中、たまたまですけれど、9月16日に、行ってきました。
「インテグレイティッド・ヒーリング」


実はこちらに伺おうと決めた時には、明確な目的は特にはなかったのです。
あたしはなんでも「なんとなく」で決めてしまいます^^。
大倉山、という東急東横線の駅は、以前、派遣の巡回営業時代の仕事でこの周辺はなじみがあったので、なんか懐かしいな~、もう二度と行かないかも^^って思ってたけど、行ってみようかな、と思ったから・・・かな、と思います。


自分は現世的な悩みは、もちろん皆無というわけではないのですが^^、どうしても解決しなくてはならないまでに、どうにも自己にとってひっかかっているネックのようなものが、今はどう探してもないような気がしていました。
いやまぁ、それほど褒められたようなことをしてきたわけではありませんし、どちらかといえば、人の感じ方によっては「取り返しのつかない過去」くらいの^^ことも、ないわけではないのですが^^、当の自分自身が、それを懐かしい思い出話として思えてしまう・・・わけなので・・・まぁ、いいのかな、と。
(ただ、現在ですね、「自分でも気が付いていないインナーチャイドの傷」なんてもんがあっても嫌だよな~~~、ってことなんでしょうけれど^^「インナーチャイルドの癒し」の石組みのブレスしているんですよ^^。すっごく照れ臭いんですが。そして、癒さなければならないインナーチャイドがいるっていう自覚はぜんぜんないんですが^^。でも石にも、「これ、しとけ。」って言われましたしね)


強いてあげるのであれば「アセンションしたいのにできないかもしれない」っていうのは、嫌だなぁ・・・・・・っていうことが最大のここのところのテーマというのか、いちばん自覚できる悩みっちゃ、悩みでした^^。
なぜかというと、これは「自分ではどうにもできない」感があったからです。
「仮にアセンションという事象がいずれ起こるとして、当事者として、アセンションしている、っていう実感を持つ存在」足り得るかどうか? というところに、今一つ自信がない^^というのが正直なところでした。


でも、そもそもが、そのアセンションっていうのは、自分自身が発見した概念ではなく、すべて外側からのふれこみです。
そういってしまうと、アセンションに限らずですが、言葉で語られる精神世界、ひふみ神示、マヤ暦なども含めて、みんなそうなのです。
実は本物(?)見たこともないのに、「心」や「魂」を語る・・・・・まどろっこしさ、そういうのもあります。


「インテグレイティッド・ヒーリング」を受けてみてわかったことは、
自分にとっては、それがどうも実は納得いかん^^というのか、「やっぱり、自分でどうしても先にその青写真を明瞭にしたいわよね・・・なんとなく、そう感じる、とか、そういうレベルではなく」というのが、本音だったようです。
なにかこう、すっきりしないのは、「そうか。要するに、明瞭明晰な青写真を、自分で持っていないからだ」ということがわかりました。


自分は、石のヘルプによる学びによって、魂が望んでいるらしい生き方、というものについては、自然にその流れに乗れていることで、うまいこといくようになるために、現実世界においても、そのついでに幸福になっていく・・・という展開も、なんとなくはわかるようになってきたため、心の使い方だとかも、気づきも、そこそこ昔よりは早くなったのかもしれないのですが、ここのところ思っていたのは、「なんか、後付なんだよね~」ということでした。


つまり、シンクロ、って発生しないと、わかんないし^^、「そういうことだったのか・・・」っていうのって、現象化して初めてわかりますよね。
自分が制作する、石組みなんかも、結局そうなんです。
ありゃ、基本、無意識というか、時々お伝えしているかもしれないんですが、作っている時のあたしは「イタコ」なんですよ^^。
手が、自然に動いている、自然に石をチョイスしている・・・としか、言いようがないのです。
もちろん、見た目のバランスとか、ここをも少し大きな玉にしようとか、そういうバランス配分なんかは、イタコじゃない自分がやってる部分もありますが。
私自身の意図を入れようとすることを、なるべく避けようということを心掛け過ぎちゃってて、そういう意味では、自分の意図のようなもの、あんまりないまま、「出来てから知る」という図式なのです^^^^。
思えば、現実世界目線で見れば、なんとも頼りなき能力(?)であり、ある意味、「計画性皆無」の恐ろしさ^^なのです。
だって、「さて、来月はどうしようかな」っていうのが、来月になってみないとわからないのですから。
凄いですよね、よ~く考えてみると。
海に漁に出る漁師さんだって、きっともう少し「アタリつけて」出かけますよね。。。


いつ「ゼロ」になっちゃったって^^おかしくないわけです。
そういうようなことなんかでも、なんともまどろっこしさを、感じてはいたわけです。
「先に知っときたいよな~」と。
だいたい、石を買いに出かけて、「なんでこれを買っちゃうんだろうな・・・」っていうのも、そろそろその時に、そのタイミングで知りたいですよ^^。
(実は、また今月も、セレナイトを仕入れたんです^^^^^。うぎゃ~~~、もういらんだろ~~~、それに、それほどアクセサリとしてみなさまにウケがいい、という感触はないぞ・・・と思いながらも、もうしっかりと^^セレナイトのビーズを手が石屋さんのレジに運んでおりました。でも、これを購入した意味は、この後の記述でわかります。)

そして、そろそろ、そもそもの自分のこの石アクセづくりの原動力というか「出元」だって^^、知りたいには知りたいわよね・・・・・・・・・というのもありますし。


アセンションについて、うすぼんやりと、自分が考えていたことは、「自分でつきとめた真実ではないことを、よそから差し出されて、信じちゃっている漠然としたアセンション」ではない^^アセンションへの実感の階段を昇るには、自分で先に青写真を取りに行くしかないではないか、ということです。
まぁ、取りに行ってみて、そこいらじゅうで言われていることと、相違ないことがわかるのであれば^^それはそれ、なんですけれどね。


で、その肝心のどうやって? なんですが。


「インテグレイティッド・ヒーリング」のすごいところは、それが、わかっちゃうんですよ^^。
石も教えてはくれなかったぜ・・・・・・・な、その方法とは。


「石を使って瞑想し、青写真を先に知る」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ってことなんですけど^^^^。


これは、「インテグレイティッド・ヒーリング」では順を追って、「どうしたら具体的方法でアセンションできるのか」っていうような方法を導き出していくわけなのですが、思いつく限りの方法を問いただしていく作業をするわけなんですけれど、「青写真を先に知る」というのがヒットして、で、それはどうやるのか、って部分で「瞑想」というのが出てきたわけです。
「瞑想」で、ヒット。


自分は最近なんですが、「ヨガやろうかなぁ(なにをいまさらなんですが^^。縁者が教室始めたことを知り、ヨガとかやって、ちゃんと瞑想とかあたしもやるべきなのかな~、って、なんとなく思ってたんですよ^^)」って思って見たりしながらも、なんとなく重い腰が上がらずだったわけなのですが、「あっ、だから、ヨガやったほうがいいのかな、って、思ったのかな~。」なんて「シンクロ」を感じて、「ヨガは?」って聞いてみたら、ヨガじたいは、あたしにはそれほど有効ではないようでした。
まぁ、自分がヨガかなぁ・・・って思っていたのは、イコール瞑想、というものを連想していたからなのですが、考えてみると、別にヨガは瞑想のためのものではないですよね。

で、「瞑想の方法」には、結局「石をそこに使う」が、ヒット^^。


これって・・・・・・・・・灯台元暗し、とは言いますけれどねぇ・・・・・・・。
「おまいは、なんのために、長年、石使いをやってきとんじゃ。」
と言われたような気がしましたね^^。


でも、まさか結局、そこに戻るとは思ってなかった^^んですよ、本当に。
で、私が、途中頓挫しているヘミシンクも、良いみたいなんです。


ヘミシンク・・・・・実は「体外離脱」がしたくて「体外離脱の旅」を買って聴いてたんですけれどね^^、ヘミシンクなしでも、その後体脱たまにするようになって、でも、それだけなんだよなぁ・・・・・って思ってたの^^。
体外離脱そのものは、最初は「うっわ~~~」なんですが、それ以下でも以上でもないのです。
つまり、わかることなんて、それだけ、っていうか。
行ける場所も、けっこうしょぼい^^見知った範囲なわけなんですよね。


なんかいろんなところへ行けるのは、どうやらゲートウェイという基本のやつから、やっぱりやらなきゃいけないみたいだな・・・ってことは知ってたんですけれど、高いんですよね~。CD10枚で5万円とか・・・・・・・^^。
石ならねぇ~~~~~、必要経費^^という概念で、5万円くらい、ぜんぜん普通なんですけれど^^、この手のものに5万円は・・・・・黙って買うにもあとで家人にバレたらすごく嫌がられるだろうし^^、バレナイようにするには、石経費を削って捻出しなければならないし、ってことで・・・・・なんとなく興味はないわけではないながらも二の足踏んでたんですけれど、なんとなんと、セラピストの高田嬢が、貸してくださった^^のです♪♪♪


本までいっしょに貸していただきまして^^、昨日のうちに読んじゃったんですけれど、著者のまるの日圭さんという方のブログ、そういえば、体脱のヘミシンクCD買った頃は時々見に行ってたんですけれど、久々に見に行ってみたら、ありゃ~、この人たしか、サラリーマンだったはずなのに、ヘミシンク本職に^^なってるぅ・・・でした。


しかも久々にブログ記事読んで笑ってしまったのが^^、どうやら「アゼツライト」を、この9月になって初めて手になさったようなのですが、「この石を使ってヘミシンクやったら、すっごい事なるんじゃなかろうか。」ですと。
やっぱり、アゼツに関しては、ヘミシンクのプロ(?)級の方でも、普通の水晶や他の石にはない(つまり既存の地上にはあんまりない)エネルギーにびっくりするようですね。

あたしもそりゃ、はじめてアゼツ手にした時は、もうあのなんとも言えなさ「こりゃ光だ」の感じに、度胆を抜かれ、不覚にも^^涙ぼろぼろでしたが(鬼の目にも涙?)、今は慣れちゃって、そのありがたみが当たり前になってきてる恐ろしさ^^。
だって、アゼツ、「買おうと思えば、誰でも、買える」石ですもん^^。
(ヘミシンクも、それは同じ)


ちゃんと、向き合い直さねば。
あたしは、つい、よそへ探しに出かけちゃう、青い鳥症候群になりやすい^^飽きっぽい人間であったことを、思い切り忘れていたのだ・・・・・・・と思いました。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私にとっての2012年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page