アーカイブ
2011年09月10日の記事のリスト

社会見学に行ってきました

2011年09月10日 (土) 16 : 48
なんのことかというと、昨日は、都内の神社さんを二カ所ほどご参拝させていただき、あんど、お店に置いていただいている作品が、先月ほとんどすべて^^持ち帰ってきてしまったため、スカスカとなってしまっていた東中野のビタミンTeeさんに石アクセサリの納品にお伺いしたのですが、その帰り、駅を降りたってうちに向かって歩いているところ、「チラシ」をいただきましてね。


「民主党ながつま昭と語る会」ですって。
本日開催されますので、と言われ、あそうですか・・・と普段はこういうチラシはすぐゴミ箱へ行ってしまうんですけれども、開催場所の地図を見たら、すんごいうちの近く(歩いて1分かからない^^)に、「区民館」があることを知り^^(・・・今まで知らなかったんですよ・・・そういうギョーセイのハコものにキョーミがないにしても^^すごい話です)じゃあ、夕ご飯食べたら、ふらっと行ってみるかな、と。


地図のとおりに歩いて行ってみたら、「あ~~~この廃墟みたいなぼろビル。これだったのかぁ」と知り^^、且つ、その上階には「図書館」まであったと知り・・・・・・。
今はもうほとんど本って買いませんし読まないんですけれど、図書館が歩いて一分以内であったことを、10年知らなかったというのは^^・・・・呆れます。
なんだ~、図書館あるなら、もしかしたら、精神世界本なんかもあるかもな~、またこんど行ってみよう。。。と思いながら、ぼろビルの落ちそうなエレベーターに乗り、その「語る会」の会場へ。
会場、って行ったって、中くらいの広さの会議室、って感じでしたけれどね。


何人くらいのこの付近の界隈のみなさんがいらしていたのかしら~・・・40人くらいは集まっていたかも。
年齢層は、見た目60歳以上のご年配層がやはり多く、4割くらいを占めている印象。あとは30、40、50代・・・ですかね。
自分はエレベーターでその会場がある階で降りて、案内見てその会場に入ろうとしたら、なんか、「まちがって来ちゃった風」とでも取られたみたいで^^、「語る会へお越しですか?」って呼び止められたりしましてね。。。
う~~~~~~ん。
都内某所で、その昔おまわりさんに呼び止められ職質されたことを思い出しました^^。まぁ、両腕に石ブレス何本もぶらさげた、ちょっとイカレた「時事問題に疎く(これは正しい)総理大臣を誰がやっているかなんていかにも知らなそう」な渋谷区住まい女子に^^見えたんでしょうかね。


そんな場違いなところにどうして足を踏み入れようと思ったのか、というと、そうですね~、まぁ、世間知らずなので、今現在、時を同じくしてこの世に生きているみなさんが、いったいどのような感じなのか、っていう空気を味わいに行こう、っていうのが、主な目的でしたかね。


質疑応答、とか、ふ~んなるほど、こういうことに人々は関心があるのだね・・・とか、勉強になりました。
勉強になりました・・・ってゆうか、こういうことを、さも、解決します!! って言わなきゃなんない、政治家って、大変そうだなあ・・・というほうがどちらかというと^^感想かな。
日本の財政のグランドデザインとか、公務員改革とか、あ~~~そうか、民主党って、そういうことを旗印にしていたのね~ってことを、なんとなく思い出したというのか、そういえば事業仕訳とかいうのもそいつだったね、と。


なんでしょう、国家公務員が無駄に贅沢している、のような根強い怨恨^^みたいな感じの空気を醸し出している質疑応答で質問する方とかいらっしゃったり、どぇぇぇぇぇ・・・・政治家も大変そうだけど、国家公務員さんとかも、えらい大変かもねぇ・・・と。
だって、それだけで^^こんなに妬み嫉みじゃないけれど、どう考えてもマイナスなエネルギーを名も知らぬ多くの人から送られちゃうわけですよ・・・・・・。


「自分などものすごく少ないお給料でその中から狭い住まいの家賃を払って汲々なのに、彼らが住んでいる公務員宿舎80平米4万円の家賃・・・そんなことを聞いてしまうとがっかりしてしまいます」って、質問でおっしゃっておられる方がいて、自分は、そういう今まで知らなかったことに触れ、「そうなんだ~、確かに都心で80平米4万円なんてあり得ないとは思うけれど、だからって公務員宿舎に住みたいか? って言われれば^^けっこうですわ、って断るなぁ。」とか考えていました。
その方は、新たにまだ建設されている公務員宿舎というのがあるのをニュースで知り、それがなぜなのか、という怒りをお持ちなようでした。


あ、私はそういう省庁勤めの「既得権な人々」を擁護しちょるわけではないですよ。
もともと、「持ってるだけの不労所得系」には、馴染みませんのでね。
自分が会社員やってた時代にも、「会社の福利厚生」というものにほとんど興味ありませんでしたし。ただ、辞めてみて、いかにそういう時代に恵まれていたか、ってことはわかりましたけれど、でもまぁ、それはそれ、ですよ。


けっこう公務員改革への質問が多かったのは、たぶんこのながつまさんという政治家さんが、そういうのを旗印に挙げていたから・・・だったのだろうと思いますけれどね。。。
しかしながら、外側の世界の既得権をお持ちのみなさんがそれを奪われていく姿を見ることが、ただ小気味いい、それが自己の幸福に繋がるかといえば・・・きっと違うんだろうな、と。
そのようなことを感じていました。
もし流れとして好ましいものがあるのだとしたら、そういう既得権な人々が、それを「いただきすぎていたかもしれない」と思うのであれば、「進んで差し出す」姿でしょうかね・・・。
しぶしぶ、外圧で手放すのではなく。


でも、人間、「自分が持っていると思っているもの」を手放す^^なんて、いかにできないことか・・・ですよね。
そういう意味では、誰が得してて誰が損しててワリ食ってて・・・・・・とかもう^^、人のこと言ってる場合じゃない、というか。


天下り、で思い出したのが、そういえば以前勤めていた会社にも、いたな~。
いたな~というか、なぜか、自分とこの部署の参事、って名前で^^突然現れたんだっけ、ってことを思い出しました。
きっと肩書つけようがないし、仕事もないから^^、そんなよくわかんない呼び名だったんでしょうねぇ。
でも・・・それが・・・すっごい、いい方でね~^^。
我々の営業のために、せっせとその所属していらっしゃった省庁のOBさんに手紙送ってくださったり^^、私なんかはおかげで顧客が増えたりしてましたからね^^。
その会社にはいないタイプの物腰の方で、且つ、そのいらっしゃった省庁時代のお仕事のこととかをお伺いすると、すんごい嬉しそうに色々お話されるんですよ、笑顔でね。
もうその当時は「天下り」って言葉が一般化されてた頃だったので^^、これまた、われわれのような契約社員みたいな立場の^^いつでも首切り対象のエッジにいる人間たちにシンパシィを^^感じておられたのかもしれないですね。



それよりもね~、今の日本って、とうとう「単身世帯」が3割!!!! ってな時代に入ったようですね。
これは知らなかったな~。
いわゆる、家族を持たない単身者・・・これはもう、マイノリティではないんですよ^^。


それを、そのながつまさんが「今後の日本の行政のあり方も今までとは変容していかなければならない」根拠にされてお話してましたけれど、それはまぁそうですし、そういうこと以上になんとなく神はからいを感じるわ~~~、と、心が躍っていた自分なんですけれど^^。


少子高齢化、とか^^、日本が滅ぶ、とか、まぁ、そういう観点からだと、独り身でいらっしゃることがまるでいけないかのような^^世の中的な刷り込みがありますけれどね、そんなこと、ないです。
シングルの強みは・・・・そうですね、自分次第で世界をカエラレル率^^が、高いことです。
いわゆる、魂のグランドデザインに近づくのに、自分の思いひとつ、決心ひとつで、イケます^^。
さすがアセンションをまぢかに控えたこの時代。これってね、いわゆる高次ガイドさんたちのはからいでもあると思いますよ。
この人には結婚や、子供を産み育てる学びはいらないな、この人には家族を守る父親の役割はいらないな、って人には、知ら~ず知ら~ずのうちに、なんだか結婚しなかったし、したい人もいなかった・・・ってな道を歩かせてるんだと思うんですよ。


単身、独身者のみなさん、シングルであることの強みをめいっぱい活かして生きていってくださいね♪
もちろん、結婚したい人に出会えば、してみるのも良いです♪
それも、選択として悪くはないです。
どっちだって、オッケーなのです。「あらねばならない」姿は、自分で決められる時節に入っているんですから^^。
応援しますよ♪ 自分にできる応援は、石、使って^^だけど。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私にとっての2012年
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page