アーカイブ
2010年06月05日の記事のリスト

天然石市場、健在。

2010年06月05日 (土) 22 : 39

6月4日からスタートしている、第23回東京国際ミネラルフェア、いわゆる新宿ショーですが、初日の6月4日と、5日、行って来ました。
新宿スペースセブン会場では、毎年10月にも別のショーが開催されます。
なので自宅から近いこの場所でのミネショは、半年以上ぶり。


昨年の10月にもその様子を記事にしましたが、「にわか石フリークさんたちが一掃され」感もあったんだけど、あのショーは、今まで通った中では、いちばん「人のいないミネラルショー」だったんですわ。
初日だから、平日だから、空いているのかな。。。と最初は思ったんですが、そのあとの土日なんかも、す~いすい、でした。
それはそれでいいんだけど、「もしかすると、不景気の影響かい?」と思いながらも、自分はまったくいつものペースで「どか買い」だったんですが^^。


しかしながら、長引く不景気、というよりも、もうこれは「常態」となりつつある、昨今、今回のミネラルショーも、その半年以上前の、「す~いすい」を期待、というか、想像しつつ、初日の開場前9時50分頃に到着してみると・・・・。
「ん? な、なんじゃこりゃ、この長蛇の並びは? 新宿ショーで、こんな建物の屋根の外に出ちゃう並びなど、経験したことはないぞ」な人の山。
・・・・・平日なのに、ものすごい人出だったのでした。
混雑振りは、昨年10月の写真と比べてみると、一目瞭然。






昨年モルダバイトの大玉ブレスを買ったお店に直行。
前回は、物色している人間、たしか自分ひとりくらいだった^^ように思うのですが、今年はなんと、「ううう。スペースがなくて、入れない・・・」な人だかり。
なんとか隙間を縫って、前列へ。モルダバイトを探しました。
今回は、ああいう大きい玉ではなく、6ミリくらいの、もう少し粒単価がお安くなるものを求めておりましたが、あいにく出ているのは10ミリ玉ブレスのみ。
恐ろしい価格の値札がついております^^。
「モルダバイト、ちいさいのないんですかね~」とお伺いしてみたら、社長、なんと「去年もモルダバイト買ったよね」と、もう半年以上前の話だというのに、憶えていらっしゃいました。さすが老舗は違いますね。
(ミネショの場合、お店さんは「昨日買った人」の顔すら、たいていのお店さんは忘れちゃうもんです。初日にグリーンアンバーを購入したアンバー専門店で、今日も、大きい丸玉も買っておこうと思い立ち、二日目はそのためにまた足を運んだようなもので、購入したんですけれど「昨日も買ったんですけどね」と、昨日と同じ店員さんにちろっと言ってみたら、「あ、そうなんですか」という返事が返ってきたし^^。憶えていてくれぃ、とは思ってないけれど^^)
たぶん、社長が憶えていたのは、去年の秋は10万単位のお客さんがほとんどいらっしゃらなかったからなのかもしれないですね。
私が、う~~~ん、と悩みながらも、よし、大粒モルダを買うわ~、ちょっと予算オーバーだからお金持ってきてないんで、銀行行ってお金下ろしてきます~、とか言ってお金を下ろしにいったりなんかしたのを、憶えてたんでしょう。


社長には、モルダバイト、おおきいのは実際そりゃいいんだけれど、一粒あたりの単価が高すぎて、作っているアクセサリの値段が非常につけづらいんで、それよりはもう少し値ごろ感のある、小さい玉が欲しいのだ・・・という話をしました。
やっぱり、丸玉いっこが5千円以上、とか、ホント、冷静に考えれば少しあほっぽい話ですし^^、それをどれだけわかってもらえて購入していただいてるのかわからないのですが、なんかぼったくりに見えるのもいやですしね。
今日本にはまだ持ってきてないけど、香港のほうに、5ミリ、4ミリがあるはずだから、取り寄せる、ということで、ショー会期中は間に合わないから、あとはメールで連絡するから、ってな話に。
いくらくらいなんでしょうかねぇ・・・と不安な私に、「わからない。でも、大丈夫、サービスしてあげるから。」っておっしゃってましたが、本当にサービスしてくれんでしょうか^^。


モルダバイトについては、話のカタがつき、さて、他にはなんか面白いものは・・・・・と、売り場を見まわした自分の目に飛び込んできた、なんともいえない独特の紫色のキャッツアイ。
あ、これって、パープルスキャポ? そう思い、社長に「パープルスキャポだよね、これ。」と聞いたら、「そう。マリアライト。」
そうなんです、この紫色のスキャポライトは、「聖母マリア・エネルギーの石」というようなことで、そんなフォールス・ネームが付与されているんですが、「あ~、この石、ぜ~ったい、糸魚川翡翠に完璧に合うな」と感じ、購入することにしました。


しかし・・・パープルスキャポ、実はレア・ストーン。やっぱり、わりと高い。
昔は、宝石のルースでしか見たことのない石(すんごくちっこいけどルースは持っている)だった。
それが、ビーズとなれば、そりゃまぁ、しゃぁないわな・・・。しかし、この見事なキャッツアイ。
この写真ではわからないかもですけれど、とても綺麗な、スカポ独特のキャッツが出ていたから、自分、あ、これはもしかして・・・と気がついたわけだし。


量ってもらったら、「えええ。。。」なお値段。モルダバイトもあるしなぁ、どうしよっかなぁ。だいたい、この手のレア系って、ほんと、こういう6ミリ玉くらいのちっこさでも、こんな値段なんだよな・・・・・。
そう思いながらも、なぜか写真にブレス2本写っていますが^^、これは、お値段を少しお安くしてもらえたからです^^。
あ、その値段なら、いつまた出会うかわかんない石だし、ふたつ買っときますっっ、という展開になったのでした。
でもこういうのって、いつも思うんだけど、安くしてもらえたといっても「ふつうの石知らない人なら、それでも「そんなに、するの? そんなもんが。」と思うような値段」なんですけれどね^^。
すんごく綺麗なキャッツアイだけど、見ようによっては、綺麗すぎて、見た目にはシンセティック・キャッツアイのパープルなんかにも^^見えなくもないです。
このブレス一本で、同じ色のシンセティック6ミリのビーズ連、何本買えるんでしょう。50本くらい買えるかも^^(そんなにいらんて・・・)。


でも、そんなに、お高い石たちですが、
みなさん、すごい形相で、アメシストエレスチャルのブレス選んでたり、去年にはなかった風景が、随所に見られました。
去年だったら、よりどりみどり・・・ではないけれど(だって、購入側の競争相手がいないんだから)けっこういい石がゆった~り選べたんですけれどね。
いちばん「買い手市場」のミネショが、人がいなかった去年10月だったように思います。
自分は不況とか節約だとかに関係なく、コンスタントに石予算を使い切ったのは、いつものことでしたが、今思うと、「もっと買っておいても良かったんじゃないか」と感じます。
やはり、「人波が引いている時は、チャンスであり、攻めに限る・・・そういうもんだな」と思います。


印象としては、今年はかなり、石屋さん側は絞ってきているな・・・の感がいたしました。
過ぎてから「買っとけばよかった、あの銘柄・・」の、株式の世界と同じで、どう見ても、アメシストエレスチャルなんかは、昨年出ていたもののほうが、ものすごくよかったんじゃないかな・・・と、そういう光景を目にしながら、感じる次第でした。
翡翠なんかも、山のように手出しした去年でしたが^^、今年は連売り翡翠などは、なかったでしたしね。
微妙にですが、価格が上がってきている石も目立つこと(シャーマナイトなどは、昔の倍価になってるし^^)と、種類豊富に展開する・・・というよりは、新宿ショーの特徴でもあるのかもしれないけれど、どちらかというと、高額系が中心。ビーズなどの展開は、何年か前の水準に戻っているように思いました。
おそらく、今後の天然石市場の中の、天然石ビーズ展開は、やっぱり体力のあるお店(資金繰り的に)に、これからは、どんどん絞られていくんじゃないでしょうか。
そんな、なんちゃって石市場アナリストの予測ですが、たぶん、今年10月あたりから、微妙にビーズ価格の上昇傾向に移っていくんじゃないだろうかと感じます。


それにしても、天然石ブーム再来なのか? と思わされる活況ぶりでしたけれど、あれですかね、いわゆる「巣篭もりリッチ」さんたちが、もしかすると、大挙して押し寄せていらっしゃっていたのかもしれません。
巣篭もりリッチ、なる言葉は、人から聞いたのですが、昨年あたりからの不況の影響を受けて、たいして自分自身は困ってもいないのに、なんとなく不況、不況、の大合唱の中、お金使うことをなんとなく恐れて、節制し、節約に走ってみたものの、なにが困っているわけでもないのに、欲しいものを買わずに我慢していることにだんだん嫌気がさしてきた人々・・・・を指して、そう呼ぶそうです。


それでも、そんな巣篭もりリッチさんたちだって、なんでもいいからお金使いたい、わけではなく、向かった先が「石」。というところが、いいですね♪
「みんな、なんだかんだ言って、石、欲しいんだね~・・・」
そんな風に思いながら、混雑する通路を縫うようにして、ゲットしてきた、戦利品の一部をご紹介。



今回は、かなりアンバーに走りました。
先月、久々にアンバー・アクセをやってみて、自分の何年か前の「努力しないで○○○○」ブレスも、そろそろちょっとリニューアルじゃないけれど、少し大きい石で作ってみたんですが、大きいと、かわいいですね。やっぱり。
自分のには、「練りアンバー」の大きい玉と、ウランガラスと、それからドイツ製のガラスビーズなんて入れましたけれど。めっちゃ人造石まみれ^^なんですが、すごいパワフル且つ、スピリチュアルな夢を毎日見れるので(これをして寝ると、なんか面白い夢見るんですよね。憶えているくらいの)一日中してます。
今月も出そうかな^^。
冗談です。
あれとはまた少し違う、アンバーとのカップリングは、現在もう構想中です。




ラブラドライトの、手のひらサイズよりも、もっと大きい、ビッグサイズの磨き石。
右側のジャスパーがいっこ5センチ前後のにぎり石サイズ、ラブラドは写真の中のいちばん大きいもので13センチありました。
なぜこんなにたくさん買ったのか、というと、これは・・・今月末アクセサリをご購入いただけるみなさんに、さしあげる用として、買ってきました。
(但し、もちろん、全員のかたには無理です^^ので、ご承知くださいませませ(汗))
自分は、原石だとか、タンブルだとか、ただ入手しただけのものを、自分とこの商品として利ざやをいただくという商法には、なんとなく馴染まないため、あつかったことのない原石系ですが、こういう、大きい原石の磨きとかって、実際高いので^^、あんまり自分もそこへの欲望を持たないようにしている部分があり^^コレクションしていないため、相場がわかんないので調べてみたところ、このぐらいのすんばらしいラブラドレッセンスの特大磨きだと、石世間では、まず一万円以下なんぞでは売ってないですね。
そういうことで、うちでは、高いお金で買っていただくのではなく、月末アクセの販促ツールちゃんになってもらう予定の特大ラブラド^^。
楽しみにお待ちくださいませ。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page