アーカイブ
2010年03月27日の記事のリスト

今回の反省点ーー。。

2010年03月27日 (土) 21 : 42
早くも^^。


いつも印象としては、あれれ~な感じで、私を驚かせてくださる、「売れ行き」の傾向というものです。
みなさまがどうゆうものを求めていらっしゃるのか、「おまえは学習しとらんな~」と、頭をがつんとやられる、心臓に悪い^^出品後です。
こういった仕事を生業としている人間にとっては、これは普遍的共通の楽しみであり、かつ成長の糧をいつもみなさまにいただいていることになります。
なので、これから書く文章は、こういう石アクセサリなどを、販売されていらっしゃる方などにも、参考にしていただけると思います。


だいたい傾向としては、自分が記事に書いたレシピなどは、人気があるようです^^。
人柱ではありませんが、自分も身につけますので、うちのアクセサリは、「自分の場合は、こういうことがありましたよ~」という事例は、非常にダイレクトに伝わりやすい傾向にあるためか、先に予備知識があるから、実際のものを見たときに、ぴぴぴ、と伝わりやすいのかもしれませんね。
こういう場合の注意点があるとしたら、「私という人間においての経験の傾向」というひとつの例にすぎない面がありますので、同じ石レシピがもたらす「実際の現実の現象」は、必ずしも、私が感じたようなことに繋がっていくのかどうかは、未知数、ということかもしれません。


人生における課題、立場、それぞれにみなさん違っていらっしゃる。
その中には、究極的には「共通」といえる部分はありながらも、「選択(道)」は無数であり、「これでなくては」というのは、あっていい場合もあるし、なくていい場合もある。
一本気なところが、長所にも短所にもなりえる、人間の性格・・・というこの、面白さ。
石というのは、簡単に言うと「人間の長所を引き出す」存在なのですが、どちらかというとこの「長所というものへの思い込み」を、変容させる、という面が強い石が多いような気がいたします。


ところで、そういう意味で、今回の反省点^^なんですけれどね、
「あれれ~~~~、アクエリアス・ストーン、不人気だわ~~~~。どうして???」という現時点での傾向を目の当たりにして、軽いショックを受けた自分なのですが^^、よくよく文章を読み返してみると、「あ、これって「チャネリングというもの」はこういうものらしいよ、ってことしか、書いてないじゃん^^。ぜんぜん、アクエリアス・ストーンの説明じゃなかったな」ということに気がつきました。
これじゃ、まるで、彼らが「チャネラーを迷走へと誘導する石」かのような印象持っちゃうじゃない、と。


実際には、「その真逆」だからこそ、今回、意気揚々とお出しした経緯があるというのに、これじゃつたわりっこないな、ということを発見。


ここに付け加える内容があるとしたら、
彼らは、いわばそういった目に見えない世界における、ナビゲート・ストーンとして、持ち主の魂にとって安全で益のある道へ導く石たちである、ということです^^。
魑魅魍魎の跋扈する現実世界、それは、要するに、目に見えない世界と、相対しています。
目に見えない世界の魑魅魍魎と、相対していかない人格形成、そういうものを助ける石組み・・・それが、アクエリアス・ストーン、「コンタクティ」です。
ただ単にそういったチャネリングなどの本人にとっての自覚の世界にとどまらず、私たち人間は、必ず、「霊的な意志を持つ存在」に基本的には、感受された、発想、ものの考え方、そういうものを、誰もが持っています。
そういう意味では、「自分個人の、オリジナルの発想」などというものは、存在しない、とも言えます。
霊の関与なく存在している人間は、ひとりもいないです。


なにかと、「魔よけ」とか、人は邪なものに関与することを避けたい傾向にあります。
しかし、それを「表層の部分だけで」捉えた「魔」、つまり、マイナスな現象を引き起こす存在が、都合の悪い存在を、「魔」としがちですが、実際には、本当はそうではないことも、数多いです。
そもそもの、その「魔」なるものとはいったい何なのか? を知らずに、「魔とは、自分にとって災いと見られる問題を引き起こすもの」として捉えている傾向が強いため、実際には「魔」に魅入られているにもかかわらず、災いがないことで、気づかないケースも往々にしてあると思われます。


アクエリアス・ストーンのコンビネーションの傾向としては、「魂の利益」に関与する傾向があるため、この世での「実利益」が即座に顕現されますよ~、という種の「効果・効用」ではありませんが^^、そういうものを、もともと謳いづらい面があるな、って思います。
(アクエリアス・ストーンに限らず、そもそも「石が実利益を・・・」なんてことは、ありえないっちゃありえないのですが)


「魂の利益」それは、「精神的成長」であり、実際にはこれをなくしては、現実面での幸福や実利益のようなものだけ追いかけ続けても、片手落ちになりがちです。
「コンタクティ」とは、自分ひとりで生きているわけではない、魂のサポート的存在とのコネクションを持つための、コンセントの役割をしてくれる、たとえばそれが、「実感」として感じられようと感じられまいと、感謝体質^^ではありませんが、ものごとの本質部分への希求を、つまらないこととは思わなくなるような、サポートをしますので、
「私にとっては」ですが^^、「コンシャス・チャネルのベースになっていった石組みだったんだな・・・」と感じられます。



反省点は、「コンタクティ」の説明文に限らずなのですが^^、とりあえず、長くなりますので、今日はこれだけにしときます♪



ということで、
現在、お求めいただける、石アクセサリです♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ(出品作品一覧の販売ページです)
アクセサリ掲載ページ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2010 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

♪ 以上で、2010年3月のアップは終了です ♪

2010年03月27日 (土) 01 : 15
1.ホルミシス for スピリチュアル・リアリティ
2.ホルミシス for Framework
3.急がば回れ
4.Just Now
5.内面の自由
6.ないものねだり
7.コンタクティ
8.Notice
9.護符
10.七宝
11.エネルギー・ゲート
12. 自己治癒能力
13.Meet your Needs
14.セレンディピティ


以上、計115点、アップ終了しました。
(上記が、今回のラインナップです。これって、アルバムの曲順みたいなイメージですね。実際、なんとなく毎月、それっぽいことを思いながら、出品順番を決めているんですが、こうやって羅列してみると、やっぱり「曲順」っぽいな・・・)


現在、58点ご覧になっていただけます♪
ぜひ見に行っていただいてお気に入りを見つけてくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ(出品作品一覧の販売ページです)
アクセサリ掲載ページ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


すでに落札及びお申し込みをいただいているみなさまには、本日、詳細ご連絡させていただきますので、
しばらくお待ちくださいね。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  INFO(お知らせ)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

セレンディピティ ブレスレットVol.2「1」「2」

2010年03月27日 (土) 00 : 44


「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ(出品作品一覧の販売ページです)
アクセサリ掲載ページ
↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
_________________________________

★ こちらは、同スペック使用石違いで、「1」「2」の2商品があります。各、一点物となります。
上記ヤフオク出品作品一覧の、リンク・ページにて、ご確認ください。

★ ヤフオク落札ではない「ブログメールフォームお申し込み」の場合は、上記ヤフオク・ページのリンクから現品の有無をご確認の上、ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名、同等商品制作希望の有無」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。


◆スペック◆


ブレスレット内寸16センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。


◎ご希望の方には、プラス2,500円でピアス(ロジウムメッキ真鍮)をお作りします。
 お申し込み時に、お申し付けください。(ギベオン、メキシカン・エレスチャルは入りません)
(イヤリング(ロジウムメッキ真鍮のみ)、ピアスチタンフック、サージカルステンレスフック)希望の場合は、2,700円でお作りします。お申し込み時に使用パーツをご明示ください。)
(お振込いただいてから制作、発送までに一週間ほどいただく場合がございます。振込日の翌日発送となりませんので、ご了承ください)

____________________________

宇宙石トリオ、モルダバイト、ギベオン、リビアングラスに、メキシカン・ホワイト・エレスチャル、そしてヒマラヤ水晶2タイプ・・・・・というような、スピリチュアル・ストーン的いいまわしだと「高次元コンタクト・ストーン」、パワーストーン的もっとわかりやすい表現でいうなれば、「セレンディピティ」レシピ、とでもいうのかな、って感じです。


セレンディピティというのは、「探してもいない貴重なものを偶然に発見する才能」のことを言うようです。
自分は、これをお試しで身につけてから、「なるほど、自分はチャネラーだったのかもしれない」という自覚と^^、「そうか。なにも知らなかったけど、10年食べてたのは、高次元米だったんかい。ありがたや。」ってことを発見しました。
知らされた、ってことなんでしょうかね。。。しかし、今まで以上に、宇宙意識じゃありませんが^^、あれこれと足りない頭で思い煩わないで、ゆだねていけばオッケーな感覚(その逆を言えば、我を張るな~、自分の思い込みに囚われるな~、ということ)を、自覚できているようには感じます。
まぁ、だから、それが何なんだ、ってことでもありますが。


この組み合わせは、特に自分のオリジナル、というほどのことでもなく、「モルダバイト、ギベオン、リビアングラス、水晶」など、誰でも思いつきそうな組み合わせだし、実際にそういうのもパワーストーン店さんで販売されています。
なんでも、デルタ波だとか、シータ波を高めるという組み合わせなんだそうですよ。なのでチャネリングする人にもいいらしい、っていう、とあるパワーストーン店さんの記述を、この文章を書いている今になって発見してしまいましたが^^、そうなのかも。確かに。


「θ波(シータ波)というのは、α波(アルファー波)よりも更にリラックスが深まり、人が眠りに落ちようとするうとうとした状態や、浅い眠り(レム睡眠)に入った時によく出る脳波」なんだそうで、歩いている時にもでている脳波なんだそうですよ。
いわば、リラックス、及び、潜在能力開発、潜在能力発揮の脳波です。
まぁ、こういったものを能力開発に利用したり、ヒーリングに利用したり、っていうような試みは、ちょっと調べてみると数多く見られるようです。
禅僧が座禅を組んでいる時、ヨガの行者が瞑想している時、気功師が「気」を発している時、 超能力者が超能力を発揮している時、などなどの脳波がこの状態なんだそうで、おそらく松井選手がワールド・シリーズでMVPとなった各打席での状態も、そんな感じだったのかもしれませんね^^。


シータ波発生の秘訣は、実は「新しい出会い」なんだそうです。
新しいものに出会う、行ったことのないところへ行く、興味を持ったものを探す・・・そういった行為をしている時の人間は、シータ波がでやすいそうなんですが、実は自分の経験は、これだったんですね。だから、シータ波について調べてみて、ちょっとオドロキました^^。
ただ、自分の場合、意識的にこれを行ったわけではなく、ぜんぶ「たまたま」の成り行きなので、「シータ波が高まることで、逆に、こういったことをする、そして発見する」ということになったのか? というふうにも思います。


ただ、新しいものに出会う、行ったことのないところへ行く、興味を持ったものを探す・・・ことって、普通に誰でもしていることのような気がします。
だから「それをしたからシータ波って高まる? そうかなぁ?」という気もしないでもないですよね。
つまり、「それを、どんな気持ち、動機でやっているのか」が、プラスαで、重要なポイントのように感じます。
それは、「新しい出会い」や「自分の興味」に、過剰な自己都合をはさまない、心惹かれるままに、であれば、よりベター。ということではないかと。
大して本心では関心もないのに「シータ波が高まる」が目的で、しぶしぶ「新しい出会い」にトライしてみても、あまり精度が良くなさそうですし^^。


ということで、こちらの組み合わせ、お写真見ていただいて、「激ボレ」基準にしていただければと思います^^。
さんざん予備知識みたいなことを書いておきながらなんですが、たしかにこれ、ちょい「高波動」なのかどうかはわかりませんが、自分、こんなに気を発しているモルダバイト見たの初めてな気がします。
自分はお試しで、ぜんぜん石酔いはしておりませんが、これは、石酔いする方はするでしょうな~、と思います。
そういう石酔い経験してみたい、という興味でもかまいませんが、それでも「これを使いこなせる自分になってやる」の最低限の心意気がある方が望ましいと思われます。


ちなみに、「あああ、今、シータ波が高まっているわ~~」な自覚は、自分にはまるでありません。お目目ぱっちりです。
なんといっても「神秘体験さけまくりチャネラー」ですので^^。



■使用石■

「1」

「メキシカン・エレスチャル約27×18×10ミリタンブルカット」「モルダバイト10×10×9ミリタンブル」「リビアングラス4ミリ丸玉」「ギベオン6ミリ丸玉」「ヒマラヤ水晶9ミリ、6ミリ丸玉」「水晶8ミリ72面カット丸玉、8ミリボタンカット」

「2」

「メキシカン・エレスチャル約28×15×12ミリタンブルカット」「モルダバイト10×8×10ミリタンブルカット」「リビアングラス4ミリ丸玉」「ギベオン6ミリ丸玉」「ヒマラヤ水晶9ミリ、6ミリ丸玉」「水晶8ミリ72面カット丸玉、8ミリボタンカット」


■クォリティと鉱物説明■

メキシカン・エレスチャル、こちらは約2年ぶりの入手。もう会えないと思っておりました~。
エレスチャル水晶のこういったホワイト系のものは、まず、ビーズでは見かけませんので、レア、っちゃレアです。
「膿み出し」なんて怖くないっっ(クォリティと鉱物説明にカンケイありませんが^^)っていう未知との遭遇を恐れない方に、お勧めで最適な水晶です。

モルダバイトは、大きなタンブル。ほぼ10ミリ大のスクエアタイプで、「チップ」を超えた大きさです。
透明感あり、大きさもあり、大変美しいです。原石由来のでこぼこは若干表面に残されていますが、ほとんど目立たず(それがもっとあったほうが、それらしいかもなんですが^^)綺麗です。こういった不定形のタンブル、だからこそなんですが、コストパフォーマンスというのでしょうか、この領域に収まっているわけなのですが・・・・。このへんのクォリティがもっと上がったものになってしまうと・・・あんまり考えたくない値段になろうかと思われます。
「1」「2」で、形状が微妙に違いますが、それを踏まえてクォリティ的に同クラスのタイプを使用しました。

リビアングラス丸玉4ミリは、透明感はあまりないクラスのものです。

ヒマラヤ水晶は、おなじみのクル渓谷産の透明度の高い丸玉と、もう一種、黒い内包物入りの丸玉なのですが、申し訳ございません、その産地については不明です。
入手する時に聞くのを失念してしまいました・・・・・・・・・。
実店舗の石屋さんですが、クラスターとともにブレスレット状で販売されていたものなのですが、そのクラスターがどこのものかは明示されていたと思うのですが、憶えてないんです。すみません!
カット水晶については、はっきりとはわかりませんが、おそらくブラジル水晶ではないと思います。


Sold Out


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2010 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page