アーカイブ
2010年03月18日の記事のリスト

仕切りなおしの石

2010年03月18日 (木) 22 : 30
ま~た、更新の間があいてしまいまして^^。すみません。
アクセサリ制作に入ってしまうと、文章書きモードになっていないため、ぐるぐると色々なことが頭の中をかけめぐるわりには、その断片を言葉でなかなか整理できなくなってしまうのでして。


今月は表題にあるような、「仕切りなおし」系の組み合わせが多いかな~・・・という感じです。


仕切りなおし。
3月だからなんでしょうかね。
エンジェルスに移籍した松井選手も、ヤンキース時代とは、天と地ほどの差のある「大物扱い」の中、スター選手として仕切りなおしの現状^^。
ようやく、松井が松井らしい大物扱いを実態として受けられるようになって、その本領がいよいよ発揮されていかなければならない舞台のほうから、彼の目の前にやってきているわけです。


人間というのは、いざ、「舞台」のほうが先に用意されてみると、それはそれで、焦ってみたり浮ついてみたり、まぁいろいろと、今度はそれはそれで、余計な心配事や、想定外の壁なんかにも遭遇したり(松井選手は、焦ったり浮ついたりはしていないと思うけれど^^)なにかと、心の定位置など、それはそれで見つかるもんでもないのです。


先般の記事にも書きましたが、自分、マグネタイトが磁石のごとく現象をひっぱってくるのかしら~・・・って思ってたんですが、どうやら、それだけじゃないようです。モッカイト。ちょい不思議なエネルギーの石かも。


先月末くらいにひさびさにモッカイトを引っ張り出して身につけていたのは、「来月(つまり今月)は、久々にモッカイトのアクセやりたいな~」となんとなく思っていたので、身につけていたわけなんですが(自分、わりとこういうことを理由に身につけます^^)この石って、「再現」の石なんですね。
というか、先月も、そういう再現性の事象に遭遇しながらも、マグネタイトのほうにばかり気をとられていたんですが^^。


モッカイトは、その昔、「水脈探し」に使われていたそうなんですが、水脈探しって、結局、「あの夢をもう一度」の世界ですよね。
失敗続きであっても、いつかまた必ず、「水脈という掘り出し物」を探り当てることができる。
そう信じられなければ、あてどもなく探す気力が続きませんよ。


復縁の石、と言われているみたいなんですけれど、モッカイトが連れてくる復縁というのは、当然ながら、「同じ状態」に見えながらも、微妙に違う復元状態なわけなので、復縁、という言葉がもっている「幸福への期待」そのものを用意しているわけではない。
だから、復縁したいっっという希望そのものは、一瞬、そのチャンスのシチュエーションじたいはやってくるわけなので、叶うことは叶うんだけれど、その縁そのものの質が、本当に必要なものだったのかどうかの「ダメだし」じゃないけれど、今度はちゃんと見極めなくてはならなくなるわけです^^。


以前にモッカイトと、当時メテオライトということで入手したマグネタイトくさい^^石との組み合わせの時に、
「「必要な現実」は、たとえそれが、その時、都合の悪いことであっても、長い目で見れば魂にとってはギフトなのだ・・・ということを、悟らせてくれる・・・つまり早い話が、「終わりよければすべて良し」みたいな。そんな、石組み。わりと分かりやすい感じでその「現実」が展開する(お試しの結果)気がしますので、にがい薬を率先して飲むような、怖いもの見たさの勇気がある方に、お願いします。」
と自分は書いていたんですけれど、この頃って、そう、自分、その復縁を経験していたんですよ^^。(恋愛ではありませんよ)
・・・しかし、結果的に「なるほど、必要なかった理由が、よりはっきりしたな・・・」的な、感じになりましてね・・・・・。
正直、寂しいというのか、複雑な気持ちではありましたね。


しかし、そういうのも、実際に復縁してみないと、わからなかったことです。
だから、「心残り」「気がかり」の正体を見極める、という意味では、心に引っかかっている関係性の再現の機会、という「復縁」、主にこの場合は、恋愛や、友人関係などの人間関係が多いと思うのですが、復縁にまったく意味がない、ということはなく、むしろ、「仕切りなおし」のために必要とも言える場合も多いかもしれません。


ところで、
自分が先月遭遇した「再現」なんですけれどね、
「詳細は割愛」だったんですが、なぜならそれは失敗談だったからなんですけれど^^、正直に書いてしまいましょう^^。
先月、月末にね、全部アクセサリ出品し終わってからですね、ずいぶん時間がたってから、「あれ? ひとつだけ、出品されてない?」ってものを、あとから発見しちゃったんですよ。
誰からも申し込みを受けてないし、落札の形跡もない。
慎重にひとつひとつつぶさにカウントして気がつきまして。
そもそも、これ、出品されてない~~~~~~~・・・・・という間抜けさに、「今さら出品するのもなぁ・・・こんなに時間たってから、いっこ忘れてた~みたいなのもなぁ。」と、どうしようかなぁ、と、おろおろと、うろたえていたんですが、
なんとですね・・・・・。
自分がその、出品し忘れの発見によりどうしましょう・・・のオロオロの渦中、お問い合わせのメールが。
しかも、その出品し忘れていた作品へのお問い合わせででして!!
「Soldになってはいるようなんだけど、どうしても気になるから、同じの作れないでしょうかね?」な内容なのでした。。。。


「ひゃあああ。同じの、っていうより、現品があるんだってば~~~~っ! 同じのは作れないんだってば~~~~っ! でも、ど、どうして??????」
の感激というか、偶然というか、シンクロというか、「もしや、私が狼狽している姿を、遠隔でご覧になられていたのでは?」ぐらいの感じで^^、いや、こんな間抜けな理由で、実は現品が残っているんですよ・・・・のご説明をさしあげて、無事、その作品は旅立つことになったわけなんですが。


復縁も、こういう「ああ、なんて、ありがたいんだろう!! 自分の作るアクセを、欲しいって言ってくださるみなさんがいらっしゃって、あきらめられないから、なんておっしゃってくれて、実際に、ダメもとでもいいから、なんて、ピンポイントで問い合わせしてきてくれるだなんて・・・・・・ううう。激感謝」
というような、幸福な復縁ならば^^、どんとこい!! なんですがね。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page