アーカイブ
2010年03月13日の記事のリスト

アクエリアス・ストーン

2010年03月13日 (土) 13 : 47

面白い偶然について、また次回・・・と言いながら、一週間あいてしまいました^^。
いやはや、ホント、飛び去るように時間は過ぎていきますね。
オーダー品を制作したり、次回月末作品を制作したりなんかしているうちに、おお、更新がまだだった・・・と気になりながらも、手付かずでした。


ところで、偶然というのかなんというのか、自分は大昔、「みずがめ座ストーン」というのに凝っておりました。
本屋さんで見つけたジュディ・ホールさんという方の著書「クリスタル占星術」という本をぱらぱらと何気にめくって、みずがめ座の頁を見てみたら「自分の好きな石って、なんだかんだと、ぜ~んぶみずがめ座ストーンだったんだ~♪ なるほど~、やっぱり惹かれる石には、それなりの理由ってもんがあるわけなのね」ということを知り、この本を購入したわけなんですが、このみずがめ座ストーンとして掲載されていた石の中で、「唯一、ビーズとして見つからない石」というものがありまして、長年、欲しいな~・・・・・・と思っていたものがありまして。


それは、「マグネタイト」です。
ラブラドライトのあのラブラドレッセンスは、含まれているこの鉱物の整列に由来するのだそうで、まぁ、ラブラドライトの中に入ってるんだったら、いいのかな、というお茶の濁し方^^だったんですけれど、でも、マグネタイトのビーズが「あれば」いいのにな、と。
モリオンが落ち着いてきたと思ったら、ま~た黒い石かい・・・なんですけれど^^、いやま、でも、石ビーズフェチとしては、最後のみずがめ座ストーン、ですしねぇ。


で、先月、ようやく、マグネタイトのビーズを入手したのです。


驚くことにですね、この石、実は「隕石」としても流通することがあるそうなんです。
偶然、というほどの偶然でもないんだけど、自分、先月末このマグネタイト・ビーズを見つけた頃にね、昔、モッカイトとグリーンクォーツとその「隕石」として購入した、もしかするとこれ、マグネタイトだったのかも・・・なビーズを組み合わせたブレスレットと、あとですね、シャーマナイトの代わりにこのビーズを入れた「マスター・キー」のネックレスを身につけていたんですね^^。
メテオライトといっても色々あるだろぉぉが~、と、その当時入手した石屋さんに攻めて(!!)みたものの、はっきりとその正体わからず・・・だったんですよね。
だから、なんなのかはわからない、という注釈つきだった記憶が^^。


入手したマグネタイトとそのメテオライトを見比べてみると、う~~~~~~~ん。限りなく似ている^^。
質感、重さも。
というかですね、このマグネタイトという石、ようするに「ブラックパイライト」、別名、ヒーラーズ・ゴールドなんですよね^^。
実は、ブラック・パイライトも、昨年の夏に入手したんですけれど、その時も、「これって、ヒーラーズ・ゴールドそっくりじゃん。ヒーラーズ・ゴールドって、実はブラック・パイライトだったりして^^」って思ってたんだけど、それはあながち間違いじゃなかったようです。
ただ、ヒーラーズ・ゴールドという石は、いわゆるスピリチュアル・ストーンで、アリゾナ産のマグネタイトのフォールス・ネームのため、アリゾナ産ではないマグネタイトをそう呼んで販売することはできない、というか、アリゾナ産のマグネタイトをヒーラーズ・ゴールドと名前をつけて販売している会社さんがあるわけなので、商標かっぱらいになっちゃうわけですね~。
先月お話した、「ガーネットなんだけど、メロメロ石」「クォーツアイトなんだけど、アゼツライト」なんかと近い話ですかね。


まぁ、産地もたしかにね、重要な面もあるかもしれません。
オパールなんかも、オーウィー・ブルー・オパールなんかのあの独特の色合いは、産地限定のものですし、水晶だって、産地によって、形状、質感、まるで違いますからね。
見た目の個体差が伴う場合の産地の違い、これは、見えやすいし、わかりやすい(なにしろ、それこそ、産地限定と言える)んですが、マグネタイトのような石の場合は・・・・「産地によるエネルギーの違い」って話になるのかもしれませんが^^。
それも、わからないでもない世界ではあります。
まぁ、ブラック・パイライト=マグネタイト=ヒーラーズ・ゴールド、って、ぜ~んぶ同じよ、としてしまうのも暴力的な話ではあるかとも思います。
中身がいっしょ(五臓六腑を同じように持っている)なら、みんな同じ人間かと言えば^^そうではないのと近い(いや、それも違うか)かしら。
ただ、「基本機能は同じ」なのは、事実です。


そのブラック・パイライトと、メテオライト・ビーズも、しげしげと眺めてみると、結局同じ質感なのでした。
ブラック・パイライトとして入手したビーズは、いちばん艶がよく、見た目品質はいいんですけれど。


「もしかすると、自分はすでに、マグネタイトを持っていたわけ?」
ということにも笑ってしまったのですが、このモッカイトとの組み合わせ、その昔、お品物としても一度だけお出ししたことがあるんですが、「必要なことが起きてしまうので、そういうのが起こるのが怖い方はやめておいてください」という注意書きつきでした^^。
自分、「隕石だからやっぱり吸い寄せるのかしら。くわばら。くわばら。」って、その昔思ってたんですが、どうやら、「磁石だから」みたいです^^。
マグネタイト、その名のとおり、「磁鉄鉱」いわば、天然の磁石でして。


そうそう、今回、久しぶりになんとなく身につける気になって先月末から身につけていた、その「必要なことが起きてしまう」組み合わせは、今回は、「うぉぉっっ、なんとラッキーというか、助かった~~~。。。というか、偶然にしても凄すぎる・・・・・」なことを起こしてくれまして。
これは、詳細は割愛させていただきますが^^「ありゃ~・・・失敗しちゃったな・・・」っていうトホホな状況であることに気がついたとほぼ同時に、助け舟が出現した^^というような話なんですが。
びっくりしました。


たびたび出てきますが、モルダバイト&トルマリン、他の「スピード」なんかは、ある程度、「自分にとって意図的な必要を起こす」要素がある、すなわち、どこかの部分で、自分自身の意志や思いのベクトルの真剣味の結果がスピーディーに顕れる感があるため、けっこう驚くことがあっても「想定の範囲内」的でもあるんですが、このマグネタイトさんの場合、そこに絶妙な「機微がある」感じがいたしますね。
完璧に、想定の範囲を超えている、そうなればいいのだろうけれど、的なものを超えているかも。
ただ、起こってみると、「まさかそうなるとは思わなかったから、望んでもいなかったけれど、そうなるべく姿」に出会える・・・・・とでもいうんでしょうか。
なんでしょう。
磁石だからか?^^


なかなか面白いアクエリアス・ストーンを見つけました。
・・・・・つか、持ってたんですけれど^^。
正式名称、というか、正体の輪郭がわかって嬉しいです。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page