アーカイブ
2009年10月11日の記事のリスト

ラーメンが出てきた^^(その2)

2009年10月11日 (日) 02 : 27
2009年10月IMAGE展1

2009年10月IMAGE展2

2009年10月IMAGE展3

2009年10月IMAGE展4


「その1」から、だいぶ日が空いてしまったので、いまさらもうIMAGE2009でもないわな~、と思いつつも、「その2」がある、ってことになっていますし^^。


写真二枚目は、前回に同じく西新宿のハイアット隣接の第一生命ビル地下のスペースセブンのIMAGE2009の会場なんですが、一枚目は、いわゆる地下道通って行かれる方には無関係の、地上入口の写真。
私はいつもここから入ります。


前回と様相が違っているな~~~と感じたのは、前回、わらわらとどこからともなく湧くように見かけた「テキ屋系」が一掃されていたこと。
前回はね、渋谷のチーマーみたいな子たちが、お店の方に「タイガーアイってどれ?」「オニキスってどれ?」なんて聞きながら、ビーズを仕入れてたんですよ。まじ、びちくりしました。そ、そんなことも知らずに買いに来てるのか、おまい・・・これだよ、これ。とか、声に出さずに思いながら、その隣で物色したりしてたんですわ。
その渋谷のチーマー風カップル、携帯でさかんに誰かに連絡とってたんですがね、「ルチルクォーツってやつ、高くて買えない」だとか、色々電話の相手に報告してたんだけど^^、あれはたぶん、おつかいだったんでしょうね。


そういう、わけわからんちんの、テレビの流行に乗ってやってきたような人々が、綺麗にいなくなっていた。
飛びつくけど、去るのも早い。


そういう人々が去った今こそ、タイガーアイだぜ・・・と思ったわけではないんですが^^、今回はね~、今までまったく検討対象に上る機会のなかったタイガーアイに、やたらに目がいきましてね。
なんだかんだいって、タイガーアイって、いい石よ。
かわいそうに、なにかと、魑魅魍魎の欲望成就のためのタリズマンにされやすい石だけど、この石、やっぱりパワスト。
それだけの力を持っているんだよ。


てなわけでですね^^、テレビ的売れ筋タイガーアイ、ロードクロサイト、そして、ルチルクォーツ。
実はこの三者は、合うんだな~~~~、ということで、ものすごく大きい(大きすぎる。。。20ミリくらいある。。。)のを調達しましたよ。
どうせなら、ちまちまちまちました石じゃなく、このぐらい、はんぱじゃないものを身に付けたほうがいいって。
「おうよ。金運欲しい。それが何か?」ぐらいの、潔さがありますね。


三枚目のお写真が、ラーメンその1の黒翡翠と、翡翠エトセトラ。
このミャンマー翡翠なんですがね、、、なんかブドウの房状になってますけれど、まるで業務用というか^^。
向こう半年くらい、翡翠特集やらなきゃならないわ・・・くらいの、長さなんですよ。
うっすらと、透明感もある、うす~いグリーンがかった粒と、ラベンダーっぽいのとが混じった、12ミリ。
これ見せられた時は、こんなにいらないよぉぉ、使いきれんて・・・とは思ったんですけれど、翡翠の均一ハイクォリティのビーズ、大きさと品質が揃ったものは、ちまちまとブレス形状で購入している限りは、揃わないのよね、結局。だいたい、ブレス2本半で、一連分なんですけれど、普通、3本同クオリティの翡翠ブレスって、いっぺんに見つかんないし。
写真には映っておりませんが、これ以外にも、ちょっとかっくいいビーズも、もう2種類仕入れました。


四枚目が、その上記のタイガーアイ、ロードクロサイト、ちょこっとスギライトなど。
で、問題の「ラーメンその2」は、その手前に映っている、「なにこれ?」風の、銀色系内包物を携えた水晶。


最初ね、「おおっ、これは、プラチナルチルかい?」と思ったんですが、どうやら、なんか違うんですよ。
自分、一応、プラチナルチルのブレスは一本だけゲットして持っているんですが(まだ恐れ多くて、なにもいじっていませんけれど)「うううう~~~ん。限りなく似てはいるが、この内包物は、ブルッカイトではないな。でもなんか、好きだな、これ。」と思い、札を見たら、「エレスチャル・クォーツ」などと書かれている。


なんですかねぇ。
なんでも、「エレスチャル」って名前付ければいいってもんじゃないよ、と思い、店員さんに根掘り葉掘りじゃないんですが、聞いてみたんですが、どぉぉぉも、返ってくる答えが、いまいち煮え切らないのね。


「エレスチャル、ってことは、つまり、スケルタル?」
「エレスチャルです。」
「この内包物って、何なんですか? ブルッカイトにも似てるけど、違うし。」
「エレスチャルなんで、そういうのも入ってるのかもしれないです。」
こういう感じで、この石がいったい何者なのかの素性を、店員さんも、結局よく知らないみたいなんです。
ただ、ブラジル産の「エレスチャル」ってことで、近年、ひそかに人気なんですよ。。。。って情報しか言わない。


・・・・・・・・ううううううう~~~~~ん。
アメシスト・エレスチャル、いわゆるスーパーセブンの丸玉ブレスよりは少しお安いとはいえ、そこそこいい値段だし、別にこれを買うなら、ちゃんと類似の本家本元プラチナルチルを探すべきかもしれん。
そう思いながら、でもなにこの得たいのしれなさは。


・・・と、普通なら、私は基本こういう「素性の知れない」石は、スルーするんですが、なんかね、そんな自分には珍しく、このふたつをじぃぃぃっと握りしめた手が、離さないんですよ^^こやつらを。


それのどこが、どこがラーメンなんじゃい??????
なんですけれどね。
私は、ラーメン頼んでないのに、出てきた。そういう石。
でも食べてみたら、「ごくうま」な可能性、大アリだな。と、直感的に、思ったんですよ。
なによりも、この見かけが、ごくごく自分的には、めちゃウマ~、でしたからね。


スーパーセブン、アメシストエレスチャルのビーズなら、高いけれどあちこちに売っていなくはないわけですが、こういった純粋な(?)「エレスチャル水晶」の穴あきビーズって、わりとないんですよね。
以前にメキシカン・エレスチャルのビーズ(タンブルカットでしたが)を入手して、いくつか当時お品物にもなっていて、いろいろ報告もいただいてるし、もちろん自分でもエレスチャル水晶をアクセサリにして身につけるって経験して、今もそのブレスは常に「浄化の友」みたいに^^なってるんだけど、結局あれ以降、ビーズは見かけないしな。
エレスチャルは、普通の水晶と違いますからね~。きっと穴あけるのが難しいのね。。。


そう思って、入手してきたんですが、これは正解だったと思う。


私は、この石が今売れ筋だから、ってな石の買い方を、振り返ると一度もしてきていない(一度もない、ってこともないかもだけど、基本的に、よそ様で山ほど買えるような組み合わせの石アクセサリになっちゃうよ~な石には、飛びつかない、ってこと)とは思いますが、私的「クセ」はあります。
その、潜在的要求に、今回合致していた、筆頭選手。
だから、「ラーメン(その2)」なのです^^。


なので、もうね、私がだいたい何と合わせようとしているかは、わかる方にはすでに想像つくとは思うんですが^^、まぁ、まずはこれは自分がお試しいたしますよ。なんたって、謎のブラック・エレスチャルですから。





この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page