アーカイブ
2009年05月20日の記事のリスト

ということで、今月5月の新作スケジュールです

2009年05月20日 (水) 22 : 15
これから、自分は、架空のアメジスト・ドームの中に入り、最終の詰めである文章書きを始めます^^。
作るのもそれなりに大変っちゃ大変な時もあるのですが、こっちのほうが、実はたいへんプレッシャーらしきものがありましてね。
なので、今月は、今日以降、オーダーのメールなどをいただいた場合には、大変申し訳ないのですが、取り掛かれるのは、5月末~6月初、になると思いますので、ご了承くださいませ。ご返事も、その頃になるかと思います。


この架空の、ってころが^^しょぼいのですが、意外とですね、こういった「想像の産物」でも、それなりに役に立つものなのです^^。もちろん、「ちびアメシスト」はそばにいるんですが、あれですよ、ほら、かつて「スーパーセブン(アメシスト・エレスチャル)」が一世を風靡した時に、とてもホントかよ?! で、方便ちっくに聞こえた、「7種類全部入っていなくても、カボションとかルースなど、一部分の石であっても、その鉱山全体のエネルギーを保有する」って話がありましたが^^、これって、このスーパーセブンに限らずの話なんじゃないかな・・・と思うことがあるんですよね。


よく、「地球のかけら」という表現で、石を現わしているのを見かけますが、かけらという「部分」の中に、「全体」を構成する欠かせない要素、ってあるものです。
人間の身体も、よく「小宇宙」とか、言われたり、それと、水分構成比率が地球と似ていたり、「人間一人創り上げる」って、単なる偶然の産物にしては、精巧すぎる・・・・ってなことで、どう考えても、それを設計、創造した、なんらかの高度な知的存在の意図なしには、説明つかないのが、人間の身体の構造・・・というのを、どっかで読んだな。
(こういう方面には、もっとお詳しい向きがいらっしゃると思うので、あたしの言うことは、100%鵜呑みにはなさらないように^^。もっと人体の構造という学問にお詳しい方は、今回は、つっこみはなし、ということで、ご容赦くださいませ^^。できればコメントではなく、メールでお知らせくださいませ^^。来月、ご返事させていただきます)



まぁ、架空のアメジスト・ドームの中で、鎮座する・・・・
そう思うだけで、心は、しん、と「お黙り」します^^。
よく、水晶使った瞑想法なんかでいわれる、「水晶の中に、ミニサイズになった自分が、入っちゃう」の、アメシスト・バージョンみたいなものですがな。


石の力って、体積に比例する部分もあるけれど、そうでもなかったりもするところが、面白いです。
大きいほうが、確かに存在感あるので、自分も、つい、大きさに走るところもありますが^^。




今のところ、5月27日(水)と5月28日(木)の二日間のアップの予定にしています。
いつも、翌日の夜中までかかって一気にアップしちゃう、という、強行突破をしているんですが^^、今回は、みなさまを夜更かしさせないためにも(平日ですし)ちゃんとキリのいいところで、いったん切り上げて、また翌日・・・というふうにすると思います。



集合写真は、今週中にはアップできるかな? の予定です。
実は、あたらしいデジカメを購入いたしましてね。
パソコンも買い替え、デジカメも、もうご臨終も時間の問題・・・という、少々イカレ気味ではあったので(まぁ、説明するととても長くなるのですが、長時間使用していると、この熱さはやばいでしょ、という「火のような」カメラになっちゃってましたんで^^)思い切って買換えましてね。で、その使い方を覚えなきゃいけないんですが、実は、これから^^なのです。


自分は、いわゆる写真フェチではないため^^(実は、写真は撮るのも撮られるのも好きではない)この「石の写真」もね、実は、毎回毎回、非常にプレッシャーなんですよ^^。
きらっきらの石の写真になっていない、というのは、こういう事情があるからです。
細工はしておりません(つか、出来ない^^)が、すっごく悔しいのは、「実物以下」にしか、石の質感を表現できていないことが、とても多いこと。
なので、たとえばこの前の記事で、「あ、アメシストが・・・・む、紫の幽玄が・・・」などとですね、自己絶賛しておきながら、「え? これ?」的に、写真がしょぼくなるんじゃないかと・・・今から、アメ様を前に、緊張の嵐なんですわ・・・^^。


そうか~。
今思いついたけど、写真撮るときも、「アメシスト・ドームの中」に入って、やればいいのね^^。
忘れてました。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  INFO(お知らせ)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page