アーカイブ
2009年05月18日の記事のリスト

紫のカリスマ性

2009年05月18日 (月) 15 : 53
ピンクのことも書いたので^^、これもまた、つい先日作った、紫石のことを。
(なんとなく、制作業務日誌化していますね)


実は、リクエストをずっと前からいただいているレシピでしてね。
あたしは、通常リクエスト品のことは、ここには書かないのですが、これは書きたいぞ、と。
それは、「スギライト、アメシスト、水晶」という、内面の真実探求におけるあまりにもシンプルにすぎる石の組み合わせだもんで。昔これはやっているのですが、「これのネックレス」と言われた日には・・・・^^


いやまぁ、ブレスと同じ丸玉をはてしなく繋げば、はいそれでお揃いのネックレス、っていうのもアリです。
世間ではそういうものも売っています。
しかし、、、この、アメシストの紫の濃淡のグラデ、しかもブレスレットに使ったクォリティに釣り合うアメシスト・・・・・
むむむ。困った、正直。
という具合に、ずっと「リクエスト放置」していたんですがね。
ようやく、美観に堪える、クォリティのアメシストが出そろってきたので、作ったんですが。


アメシストだけで、これだけのサイズと種類。
(・・・って。写真も載せないのに、わかるか、っつ~の^^)
これは、本当に、圧巻ですよ~。自分でも、欲しいくらいです。自分のぶんはありませんが。


それにしても、
このアメシストという石は。
やはり、紫色の持つあらがい難き「カリスマ性」を凝縮しています。
ルビーなどとはまた違う、「お黙り」系、とでもいうか^^。


これは、他の紫石を、依然、圧倒していますね。
スギライトやチャロアイトだって、結局のところ、アメシストの前には、「紫石の亜流」と呼ばれても仕方ない・・・そのくらいの、威厳と存在感のある石ですね。
肩をならべることができる紫石は、パープルサファイアくらいでしょうか。


私はよく空の色を見るにつけ、「ああ、今日はラリマー色」とか、「今日のは、ブルーレース」とか、夕焼け空は、カーネリアン、台風一過のあとのライラック・カラーは質の高い透明なクンツァイト・・・とかね、まぁ、つい、石になぞらえてしまうんですが、
いやいや、やはり、なんといっても、空の美しさって・・・
「アメシスト・バイオレット→漆黒のサファイヤ・ブルー」へグラデーションしていく、あの、一日の終わりの時間帯。


「黙るしかない」ですよね^^。
だから、「お黙り」系なのですわ。


非常に産出量、流通量の多い、アメシスト。
それだけに、気軽に手にする、目にする、ことが多い石。
しかしね、いざ、このアメシストをメインにしようとすると、「ごまかせない」んですよ。
いや、ふだん、ごまかしているってわけではありませんので^^、念のため。
しかし、この紫の幽玄を損なわない、デザイン、配列、石のクォリティ、・・・どれをとっても、ひっじょうに難しいのです。




ところで、
まったく話は違いますが、
今、巷では、豚インフルエンザなるものが、「流行色」ということで、ちらっと小耳にしましたが。
この目に見えない、ウィルスというものに、対応する石はあるのか? と、リサーチ。


私は、已然「この臓器に、この石が対応」ってな部分に疎いため、こういう時は、得意の八川さんの「パワーストーン百科全書」に頼るのですが、当然ですが、「ウィルスを除去」なんて石はありません^^。


しかしながら、
「細菌感染を防ぐ」というのなら、あります。
(あれ? ウィルスって、「細菌」ではないよね? すみません、疎くて)
それは、ほかならぬ、頼もしさの決定版、「ブロンザイト」「ハイパーシーン」でございます^^。


うちの月末新作にも、このブロンザイト、ハイパーシーン、ダルメシアンジャスパーなどを使った、2009年バージョンの「Mental Builder」アクセサリ、予定していますけれど、「不要不急」の心持ちで、ウィルス対策石^^探している方には、ブロンザイトがお勧めですよ。
なにか他の石と組み合わせても、ぶつからないので、単体でも、組み合わせでも可。
ハイパーシーンのほうは・・・エネルギーが強い石なので、どなたにもお勧めではないですが(やる気のない人、本当にエネルギー枯渇していて衰弱している人には、かえってキツイ石だと思います)ブロンザイトの、木肌のぬくもりのような包み込んでくれる優しさは、いいですよ。
本当は、腕っぷしがものすごく強い、けれど、痴話喧嘩や、自己の権力保持のための自己顕示に、その力を使うようなことのない、「本当の強さ」を教えてくれる石です。


ちなみに、この「Mental Builder」は、以前、心とからだのスタミナ補給&強化、ということで、2007年にお出ししたのが最初です。
やっぱり、ジャスパー系、いいです。
さすが、太陽エネルギーに呼応する、彼ら。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石のホント or はてな?
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page