アーカイブ
2009年04月の記事のリスト

これで、4月の新作アップ終了です!!

2009年04月25日 (土) 03 : 57
遅くまでおつき合いくださった方も、ちらほら・・・
ありがとうございました!!!!!

明日(今日)、お申し込み、落札いただいたみなさまに、詳細ご連絡させていただきます。
ありがとうございますっっっ♪♪♪


まだまだ今回はいっぱいあるので^^(爆) 見てくださいね~♪ 買ってくださいね~♪

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

「ヤフーオークション希望落札価格販売」該当ページ(出品作品一覧のページです)
アクセサリ掲載ページ


サイズ直しについては、表記がないのですが、できるデザインで、変更できるサイズで
あればご対応しますので、お問い合わせください。
(大きくしたい場合には、ビーズサイズ変更などがある場合、価格がアップします)


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  INFO(お知らせ)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

シックスセンス・トルネード ブレスレットvol.3(「1」「2」)

2009年04月25日 (土) 03 : 31

_________________________________


ブレスレット内寸16センチ。ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。


◎ご希望の方には、プラス2,000円でピアスをお作りします。
 お申し込み時に、お申し付けください。
(モリオン・ビーズは入りません。ご了承くださいませ)


★ ブログメールフォームより、「お名前、郵便番号、ご住所、ご連絡先、希望商品名、同等商品制作希望の有無」をご記入の上、お申込みくださいませ。

★ 必要事項のお知らせがないお問い合わせには、お返事できかねる場合もございますので、よろしくお願い申し上げます。

_________________________________

モリオン・シリーズです。

前々回、このシリーズを意気揚々とスタートさせたのですが、シリーズ一回にして、仕入れたモリオンの半分が出ていってしまいまして^^。それもこれも、この組み合わせのせいかと。まぁ、スタンダードといえばスタンダードな組み合わせなのですが。
そんなわけで、また、少し違う石の組み方で復活させてみました。
(モリオン、ど高いので、このシリーズ・・・どうしよう・・・と、モリオンに相談中^^。まぁ、たぶんまた仕入れます。一般的ではない水晶なので、いくら多少、希少性があるとはいえ、値段も高いせいか、売れ筋とされるタイガーアイやロードクロサイトのように^^、そんなにそんなに、余所様では売っていないみたいなのでね。見て分かるタイプの珍しい石ではないので、パワスト屋さんでは販売しずらいんでしょうね)


この石組みは、前にも書きましたが、はっきりいって「ツキは呼ばない」です。
むしろ、一見すると、「ちゃちな、せこい、ツキを遠ざける」ようなところも、あると思います。
つまり、つまんないことで、いちいち喜んだり悲しんだり右往左往するためのアイテムとしては、極のところに位置していると思います。
なので、石を身に着けることが、ひたすらラッキーに繋がる、とか、ラッキーアイテムとしての石ブレスが欲しいようなタイプの方には、無用の長物化する可能性がありますので、お気を付けください。


ものごとが、少し見通せるようになってしまう、っていうのは、つらい局面も「どすこい」と受け入れることができる度量が不可欠なんですが、まぁ、そういったこともサポートしてくれるコラボですね。
そういう意味では、「悪運に強い系」とも言えるかも^^。


シックスセンス開発といっても、もともと、それはどなたにも備わっているものです。
この組み合わせは、そのもともと備わっている、イメージング能力を引き出す、というだけのもの。


そしてそれは、閃光のように、ぱぁぁぁ~~~~っと開けるようなものではなく、思考の混沌のよどみから、一歩離れたところに佇んでいる、見逃せば見逃してしまう、光のフラグメントに、心を停めるというようなこと。
それは一見、とてもたわいのない、当たり前でありふれた、無価値のものに感じられたりします。
俗に言うところでは、「気のせい」なんかも、往々にして、実は大切なポイントだったりします。
たぶん、「シンクロニシティ」なんかよりも、よっぽど重要かもしれません。(それくらいになってくれば、それは、「勘」というよりも、多少おばかさんでも分かるサインだと思いますし、それだけに、自分が呼びこんでいる、よくない欲望ゆえのシンクロってのもあります。以前は私も、シンクロ・フェチな面も少々ありましたが^^、最近はそれに囚われることをやめました)


これを、「幸運体質」とやらに利用する考え方も、あるようですが^^、
直感というものに誘導されることを意識する直感のつかいかたをする場合には、よくよく、自分を正して生きていくことを並行していくことが大前提かな、と思う次第です。
その勘の質、源は、人間性、霊性に、「シンクロ」すると思います。
そして、彼らは、なによりも、持ち主のその部分の向上心へといざなうコラボレーションなのではないでしょうか。
・・・ということを、前回は書いてなかったでした。



「モリオン(天然チベット黒水晶)10.5ミリ丸玉」「パープライト12ミリ丸玉」「チャロアイト8ミリ丸玉」「水晶7ミリボタンカット」「スギライト8ミリ丸玉」「アメシスト10ミリ、8ミリ丸玉、8ミリ64面カット丸玉」


モリオン(天然チベット黒水晶)は、2石使用。
トップのパープライト12ミリ丸玉は、紫の発色の美しい玉。
その両脇は、チャロアイト。チャロアイトは、以前にも書いたことがありますが、「スギライト似の、紫色の鮮やかな」タイプで、こっちのタイプのほうが、日本以外の国ではクォリティ的に評価が高いんだそうな(パワスト的評価ではなく、装飾的な意味合いです、もちろん)。
スギライトは、ダーク系の紫~茜色など和カラーがまじるクオリティ。
アメシストは、濃すぎず薄すぎずのスタンダードなアメシストらしい紫色をしたビーズで、一部内傷、白っぽくなっている箇所もあります。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2009 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

シックスセンス・トルネード ブレスレットvol.2

2009年04月25日 (土) 03 : 21

_________________________________

1点ものとなります。

SoldOut

_________________________________

モリオン・シリーズです。

前々回、このシリーズを意気揚々とスタートさせたのですが、シリーズ一回にして、仕入れたモリオンの半分が出ていってしまいまして^^。それもこれも、この組み合わせのせいかと。まぁ、スタンダードといえばスタンダードな組み合わせなのですが。
そんなわけで、また、少し違う石の組み方で復活させてみました。
(モリオン、ど高いので、このシリーズ・・・どうしよう・・・と、モリオンに相談中^^。まぁ、たぶんまた仕入れます。一般的ではない水晶なので、いくら多少、希少性があるとはいえ、値段も高いせいか、売れ筋とされるタイガーアイやロードクロサイトのように^^、そんなにそんなに、余所様では売っていないみたいなのでね。見て分かるタイプの珍しい石ではないので、パワスト屋さんでは販売しずらいんでしょうね)


この石組みは、前にも書きましたが、はっきりいって「ツキは呼ばない」です。
むしろ、一見すると、「ちゃちな、せこい、ツキを遠ざける」ようなところも、あると思います。
つまり、つまんないことで、いちいち喜んだり悲しんだり右往左往するためのアイテムとしては、極のところに位置していると思います。
なので、石を身に着けることが、ひたすらラッキーに繋がる、とか、ラッキーアイテムとしての石ブレスが欲しいようなタイプの方には、無用の長物化する可能性がありますので、お気を付けください。


ものごとが、少し見通せるようになってしまう、っていうのは、つらい局面も「どすこい」と受け入れることができる度量が不可欠なんですが、まぁ、そういったこともサポートしてくれるコラボですね。
そういう意味では、「悪運に強い系」とも言えるかも^^。


シックスセンス開発といっても、もともと、それはどなたにも備わっているものです。
この組み合わせは、そのもともと備わっている、イメージング能力を引き出す、というだけのもの。


そしてそれは、閃光のように、ぱぁぁぁ~~~~っと開けるようなものではなく、思考の混沌のよどみから、一歩離れたところに佇んでいる、見逃せば見逃してしまう、光のフラグメントに、心を停めるというようなこと。
それは一見、とてもたわいのない、当たり前でありふれた、無価値のものに感じられたりします。
俗に言うところでは、「気のせい」なんかも、往々にして、実は大切なポイントだったりします。
たぶん、「シンクロニシティ」なんかよりも、よっぽど重要かもしれません。(それくらいになってくれば、それは、「勘」というよりも、多少おばかさんでも分かるサインだと思いますし、それだけに、自分が呼びこんでいる、よくない欲望ゆえのシンクロってのもあります。以前は私も、シンクロ・フェチな面も少々ありましたが^^、最近はそれに囚われることをやめました)


これを、「幸運体質」とやらに利用する考え方も、あるようですが^^、
直感というものに誘導されることを意識する直感のつかいかたをする場合には、よくよく、自分を正して生きていくことを並行していくことが大前提かな、と思う次第です。
その勘の質、源は、人間性、霊性に、「シンクロ」すると思います。
そして、彼らは、なによりも、持ち主のその部分の向上心へといざなうコラボレーションなのではないでしょうか。
・・・ということを、前回は書いてなかったでした。



「モリオン(天然チベット黒水晶)10.5ミリ丸玉」「スギライト14ミリ丸玉」「パープライト8ミリ丸玉」「水晶7ミリボタンカット」「チャロアイト8ミリ丸玉」「アメシスト9ミリ丸玉」


モリオン(天然チベット黒水晶)は、2石使用。
迫力のスギライト14ミリ丸玉は、写真だとまっくろですが、実はとても美しい紫色。クォリティの良い、スギライトです。
その両脇は、パープライト。綺麗なムラのない紫色。
チャロアイトは、以前にも書いたことがありますが、「スギライト似の、紫色の鮮やかな」タイプで、こっちのタイプのほうが、日本以外の国ではクォリティ的に評価が高いんだそうな(パワスト的評価ではなく、装飾的な意味合いです、もちろん)。
アメシストは、水晶とのバイカラーになっているものもあり、薄目の色合い。内傷もありますが、白っぽいところはほぼなしで、綺麗です。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2009 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page