アーカイブ
2009年03月28日の記事のリスト

はじめの一歩     ブレスレット「3」

2009年03月28日 (土) 23 : 47

_______________________

ブレスレット内寸15.5センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

こちらは1点ものになります。
_______________________


こちらも、まぁ、「求職」なんかにも、はたらく石組みなのかな、と思いますが、仕事探しもそうですが、そういうものに限らず、なにかこう自分の中で、新しい世界を求めてはいるはずなんだけれど、どこか億劫だったり、ちょっと未知の世界に対して、踏み込む自信や勇気を持てなかったり、ずるずると優柔不断で焦りながらも踏ん切りがつかず・・・などなどの症状に、「はじめの一歩」の行動意欲をサポートする石組みかと思います。

勇気が持てなかったり、「これでいいとは思っていないけれど、でも、新しい世界へのワクワク感よりも、どちらかというと、恐れが勝る」というのは、結局、変化を拒む心があるからなのですが、なぜに変化を拒むのか? それは、「うまくいかなかったら、どうしよう」という、潜在的な自己への信頼感の足りなさに縛られているから。

この組み合わせは、結局、人が生きていく上で何よりも必要な、「自分であることの、自信」という肯定的エネルギーを活性化し、持ち主がそれをうまく活用できるように促すカップリング。
またの名を、ケセラ・セラ三重奏、ともいうような^^内容。

動き始めて、実際に何かが起こってから心配すればいいようなことを、慎重に過ぎて、取り越し苦労になって、新しい世界に踏み込めなくなりやすいような方に、「はじめの一歩を踏み出す」ために、おすすめではないかしら? と思います。

クリソプレーズという石は、
自己の、過去~未来への流れの中で、自分がなにをどうしていくか、に対する認識と意欲、目的意識の必要性と、それから、「後悔」の二文字の意味の無さを、教えてくれる石なのかもしれませんね。
この石が伝えてくる「前向き」というのは、「いろいろ、人には、それぞれに、痛みはあること」をわかった上で、それでも、いつまでも、しゃがんだまま、泣いてばかりはいられないよ・・・という、「泣きやむタイミング」を見計らって、はたらきかけるようなところがあるので^^、ず~~~っと、「泣きの渦中」だと、宝の持ち腐れ、じゃないけれど^^、クリソプレーズの言葉を理解できないかもしれないな・・・という気もする、そんな石ですかね。
この石を、石の効果などの字面に左右されずに、感覚的に「違和感なく」欲しい! と思う時点で、たぶん、前に進む、未知の扉をあける準備は、できているのだろうと思います。



使用石は、
「クリソプレーズ10ミリ丸玉」、「サンストーン8ミリ丸玉、10ミリ丸玉」、「チャロアイト8ミリ丸玉」


クリソプレーズの色合いは、薄い色あいのアップルグリーンで、不透明のカルセドニー。
10ミリ連の中から、なるべく色むらとインクルージョンのない色合の揃ったビーズをピックアップしてお作りしたため、こちらは、一点ものになっちゃいます。この石の均等品質ビーズは、年々高騰してるんですよね。見ると、あれ、また高くなってる、みたいな感じがします・・・。
サンストーンの8ミリ玉は、きらきらとアベンチュリンレッセンスの入る、うっすら透明感もあるサンストーンらしい玉。インクルもほぼなし。10ミリのほうは、いわゆる、サン&ムーンの特徴のあるフェルドスパー系のサンストーンで、少しだけ白っぽいフェルスパー特有の内傷のムラもありますが、シラーもレッセンスも両方出ており、綺麗です。
チャロアイトは、エジリンが若干混じり、極上品質ではありませんが、紫の発色、模様共にグレード的には悪い方のビーズではないです。


SoldOut


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2009 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

はじめの一歩     ブレスレット「2」

2009年03月28日 (土) 23 : 45

______________________

ブレスレット内寸15.5センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

こちらは1点ものになります。
______________________


こちらも、まぁ、「求職」なんかにも、はたらく石組みなのかな、と思いますが、仕事探しもそうですが、そういうものに限らず、なにかこう自分の中で、新しい世界を求めてはいるはずなんだけれど、どこか億劫だったり、ちょっと未知の世界に対して、踏み込む自信や勇気を持てなかったり、ずるずると優柔不断で焦りながらも踏ん切りがつかず・・・などなどの症状に、「はじめの一歩」の行動意欲をサポートする石組みかと思います。

勇気が持てなかったり、「これでいいとは思っていないけれど、でも、新しい世界へのワクワク感よりも、どちらかというと、恐れが勝る」というのは、結局、変化を拒む心があるからなのですが、なぜに変化を拒むのか? それは、「うまくいかなかったら、どうしよう」という、潜在的な自己への信頼感の足りなさに縛られているから。

この組み合わせは、結局、人が生きていく上で何よりも必要な、「自分であることの、自信」という肯定的エネルギーを活性化し、持ち主がそれをうまく活用できるように促すカップリング。
またの名を、ケセラ・セラ三重奏、ともいうような^^内容。

動き始めて、実際に何かが起こってから心配すればいいようなことを、慎重に過ぎて、取り越し苦労になって、新しい世界に踏み込めなくなりやすいような方に、「はじめの一歩を踏み出す」ために、おすすめではないかしら? と思います。

クリソプレーズという石は、
自己の、過去~未来への流れの中で、自分がなにをどうしていくか、に対する認識と意欲、目的意識の必要性と、それから、「後悔」の二文字の意味の無さを、教えてくれる石なのかもしれませんね。
この石が伝えてくる「前向き」というのは、「いろいろ、人には、それぞれに、痛みはあること」をわかった上で、それでも、いつまでも、しゃがんだまま、泣いてばかりはいられないよ・・・という、「泣きやむタイミング」を見計らって、はたらきかけるようなところがあるので^^、ず~~~っと、「泣きの渦中」だと、宝の持ち腐れ、じゃないけれど^^、クリソプレーズの言葉を理解できないかもしれないな・・・という気もする、そんな石ですかね。
この石を、石の効果などの字面に左右されずに、感覚的に「違和感なく」欲しい! と思う時点で、たぶん、前に進む、未知の扉をあける準備は、できているのだろうと思います。



使用石は、
「クリソプレーズ8ミリ丸玉」、「サンストーン8ミリ丸玉、10ミリ丸玉」、「チャロアイト10ミリ丸玉」


クリソプレーズの色合いは、若干ムラ、インクルありますが、昨今ではこの色合いのビーズは、もうほとんど絶滅なのか、出てこない濃い色あいのアップルグリーンで、不透明のカルセドニー。
こちらは、3年前頃のストックビーズの中からの蔵出しで、「これで最後」状態なので、今後、もしこの色合いのクリソプレーズを見つけたとしても、おそらくこのグレードで同じお値段ではお出しできないであろうと思われます。
(本当に、クリソプレーズに関しては、価格の高騰の推移を見ていると、かなり枯渇しているように思います。)
サンストーンの8ミリ玉は、きらきらとアベンチュリンレッセンスの入る、うっすら透明感もあるサンストーンらしい玉。インクルもほぼなし。10ミリのほうは、いわゆる、サン&ムーンの特徴のあるフェルドスパー系のサンストーンで、少しだけ白っぽいフェルスパー特有の内傷のムラもありますが、シラーもレッセンスも両方出ており、綺麗です。
チャロアイトは、エジリンは混じらず、極上品質ではありませんが、紫の発色、模様共にグレード的には悪い方のビーズではないです。


SoldOut


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2009 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

はじめの一歩     ブレスレット「1」

2009年03月28日 (土) 23 : 41

_____________________

ブレスレット内寸15.5センチ。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

_____________________

こちらも、まぁ、「求職」なんかにも、はたらく石組みなのかな、と思いますが、仕事探しもそうですが、そういうものに限らず、なにかこう自分の中で、新しい世界を求めてはいるはずなんだけれど、どこか億劫だったり、ちょっと未知の世界に対して、踏み込む自信や勇気を持てなかったり、ずるずると優柔不断で焦りながらも踏ん切りがつかず・・・などなどの症状に、「はじめの一歩」の行動意欲をサポートする石組みかと思います。

勇気が持てなかったり、「これでいいとは思っていないけれど、でも、新しい世界へのワクワク感よりも、どちらかというと、恐れが勝る」というのは、結局、変化を拒む心があるからなのですが、なぜに変化を拒むのか? それは、「うまくいかなかったら、どうしよう」という、潜在的な自己への信頼感の足りなさに縛られているから。

この組み合わせは、結局、人が生きていく上で何よりも必要な、「自分であることの、自信」という肯定的エネルギーを活性化し、持ち主がそれをうまく活用できるように促すカップリング。
またの名を、ケセラ・セラ三重奏、ともいうような^^内容。

動き始めて、実際に何かが起こってから心配すればいいようなことを、慎重に過ぎて、取り越し苦労になって、新しい世界に踏み込めなくなりやすいような方に、「はじめの一歩を踏み出す」ために、おすすめではないかしら? と思います。

クリソプレーズという石は、
自己の、過去~未来への流れの中で、自分がなにをどうしていくか、に対する認識と意欲、目的意識の必要性と、それから、「後悔」の二文字の意味の無さを、教えてくれる石なのかもしれませんね。
この石が伝えてくる「前向き」というのは、「いろいろ、人には、それぞれに、痛みはあること」をわかった上で、それでも、いつまでも、しゃがんだまま、泣いてばかりはいられないよ・・・という、「泣きやむタイミング」を見計らって、はたらきかけるようなところがあるので^^、ず~~~っと、「泣きの渦中」だと、宝の持ち腐れ、じゃないけれど^^、クリソプレーズの言葉を理解できないかもしれないな・・・という気もする、そんな石ですかね。
この石を、石の効果などの字面に左右されずに、感覚的に「違和感なく」欲しい! と思う時点で、たぶん、前に進む、未知の扉をあける準備は、できているのだろうと思います。



使用石は、
「クリソプレーズ8ミリ丸玉」、「サンストーン8ミリ丸玉、10ミリ丸玉」、「チャロアイト10ミリ丸玉」

クリソプレーズの色合いは、ほぼムラのない明るいアップルグリーンで、不透明のタイプ。
サンストーンの8ミリ玉は、アベンチュリンレッセンスの入る、うっすら透明感もあるサンストーンらしい玉。インクルもほぼなし。10ミリのほうは、いわゆる、サン&ムーンの特徴のあるフェルドスパー系のサンストーンで、少しだけ白っぽいフェルスパー特有の内傷のムラもありますが、シラーもレッセンスも両方出ており、綺麗です。
チャロアイトは、少しだけエジリン混じりで極上品質ではありませんが、紫の発色、模様共にグレード的には悪い方のビーズではないです。


SoldOut


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2009 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page