アーカイブ
2008年11月29日の記事のリスト

隠れカリスマ ブレスレット 2

2008年11月29日 (土) 23 : 40

すみません、カリスマ・ブレスレットに続いて、「隠れ」というか、「裏」というか、あちらが表だって「どうだ!!」的に威光を放つタイプだとすると、こっちは、「こっそり系」です。

ただし、こちらで使用している「ブルーゴールドストーン(紫金石)」は、よく一般的意味としては、カリスマ性を与えるとか、人の注目を浴びたい時に、などと言われている石ですので、別に、ホントウはこっそりでもないんですが。
こちらのロンデルは、以前にも何度か登場していますが、普通のブルーゴールドストーンと少し違っている「珍品」ビーズで、地色が和名の紫金石のとおり、「紫色」をしている変わったものです。

こちらは、とにかく、「落ち着きはらった態度」を死守したいような時の石組み。
ホントウは心の中は、臆病だったり焦りまくっていたりなど、右往左往してはいるのですが、まぁ、そんな時でも、人は「仕事スマイル」しなきゃいけなかったり、焦りなど他人様には微塵も見せられないような時が、日常の中では多々あります。

舞台裏は、それであっても、かまわないのです。
そういう時こそ、冷静で落ち着きのある人間とはどういうものか? を学べるチャンスでもあります。
その、学べるチャンスに、クールに彼らを帯同することで、いつのまにか「虎の衣を借る」が、それらしくなっていきます。

なので、「オトナの身のかわし方」というある種のカリスマに必要な要素を自然に覚えさせる、「実は人に隠れてこっそり通っている進学塾」みたいな石組みです。



使用石は、
「スギライト8ミリ丸玉」「ブルーゴールドストーン(紫金石)8ミリロンデル」「アメシスト6ミリボタンカット、8ミリ128面カット丸玉」「ブラックアクアオーラ8ミリ64面カット丸玉」「水晶ボタンカット6ミリ」


スギライトは、紫色以外の和カラー(グレー、茶、抹茶色など)のビーズで、表面研磨がごつごつっとした形のものが含まれます。
アメシストは濃淡紫の2種類。綺麗です。
ブルーゴールドストーンは、前述のとおり、地色が紫色。イレギュラー品ですが、こっちが定番であればいいのにな、と思わされるスギライト系の紫色。人口ストーンですが、人口ものでも、時々「?」なものができあがる謎の仕組みは、ナチュラル・ストーンと同じかもしれません。


内寸16センチ弱(15.5センチ~16センチのあいだ)。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

sold out


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2008 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

隠れカリスマ ブレスレット 1

2008年11月29日 (土) 23 : 33

すみません、カリスマ・ブレスレットに続いて、「隠れ」というか、「裏」というか、あちらが表だって「どうだ!!」的に威光を放つタイプだとすると、こっちは、「こっそり系」です。

ただし、こちらで使用している「ブルーゴールドストーン(紫金石)」は、よく一般的意味としては、カリスマ性を与えるとか、人の注目を浴びたい時に、などと言われている石ですので、別に、ホントウはこっそりでもないんですが。
こちらのロンデルは、以前にも何度か登場していますが、普通のブルーゴールドストーンと少し違っている「珍品」ビーズで、地色が和名の紫金石のとおり、「紫色」をしている変わったものです。

こちらは、とにかく、「落ち着きはらった態度」を死守したいような時の石組み。
ホントウは心の中は、臆病だったり焦りまくっていたりなど、右往左往してはいるのですが、まぁ、そんな時でも、人は「仕事スマイル」しなきゃいけなかったり、焦りなど他人様には微塵も見せられないような時が、日常の中では多々あります。

舞台裏は、それであっても、かまわないのです。
そういう時こそ、冷静で落ち着きのある人間とはどういうものか? を学べるチャンスでもあります。
その、学べるチャンスに、クールに彼らを帯同することで、いつのまにか「虎の衣を借る」が、それらしくなっていきます。

なので、「オトナの身のかわし方」というある種のカリスマに必要な要素を自然に覚えさせる、「実は人に隠れてこっそり通っている進学塾」みたいな石組みです。



使用石は、
「スギライト8ミリ丸玉」「ブルーゴールドストーン(紫金石)8ミリロンデル」「アメシスト6ミリボタンカット、8ミリ128面カット丸玉」「ブラックアクアオーラ8ミリ64面カット丸玉」「水晶ボタンカット6ミリ」


スギライトは、濃い紫系ビーズで、表面研磨がごつごつっとした形のものが含まれます。
アメシストは濃淡紫の2種類。綺麗です。
ブルーゴールドストーンは、前述のとおり、地色が紫色。イレギュラー品ですが、こっちが定番であればいいのにな、と思わされるスギライト系の紫色。人口ストーンですが、人口ものでも、時々「?」なものができあがる謎の仕組みは、ナチュラル・ストーンと同じかもしれません。


内寸16センチ弱(15.5センチ~16センチのあいだ)。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。

sold out


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2008 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

カリスマ ブレスレット Vol.6

2008年11月29日 (土) 23 : 24


非常に懐かしいですね。
これも、ちょうど一年くらい前にお出ししたのを最後に作っていなかったんですが、ここ何ヶ月のあいだ、作ろう作ろうと思いながらも、できずにいたもので、ようやく仕上がりました。
なので、ブレスレットは、Vol.6となっています。(Vol.5とは若干の石の配列違い)
文章は、ちょい、以前のものに、加筆。



ネーミングだけ聞くと、非常に大袈裟ですが、ヒトには「カリスマ性」を要する時も、時としてあります。
カリスマ性って、別に、人気商売、客商売だけに必要な要素じゃないのです。
「なんとなく、自分は「舐められている」ように感じる」
そのために、思うように、ヒトに意志が伝わらない、伝えるべき勇気さえもてなくなってきてしまった・・・
ってな循環を断ち切るための、レシピです。

前のめりに現状維持のまま、ポジティブ思考で乗り切ろうとしても、現実問題、やはり「ぴしっと、やるべき時はやらないと」っていうことが、世の中多々あります。
いい意味で、虎の衣を借る・・・をさせてくれる、心強い味方となる、石たちです。
ルビーは、「やる気のでない」人の気付薬にぴったりの石。情熱を再燃させる、モノゴトの途上であきらめない、放り出さない気力を、サポートする石です。



なんとなく、石組みが「あれ?」ってくらいに、前回お出しした金運コンビに似てるんですよね^^。
シトリンがルビーになって、ブラックアクアオーラとスモーキークォーツがそこに加わると、おいおい、カリスマかい・・・ って感じなんですが^^。この、「アメシストとルチルクォーツ」というカップリングには、普遍的な強化策というか、石のポジティブ面の効果活性化策の最良パターンのひとつのように感じますねぇ。


人生の流れを善き方向へし向ける石組みなのかな、と思います。
もちろん、それを時には「厳しい」と感じる人もいるのかもしれないけれど。
自分の足で歩いて行く、っていう気持ちの基本ができている人には、心強い上昇気流を作るカップリングですね。




使用石は、
「インドルビー12×10×6ミリタンブルカット、5ミリ丸玉」「アメシスト18×15×8ミリタンブル、8ミリ丸玉」「ルチルクォーツ6ミリ丸玉」「金さんご8ミリ丸玉」「ブラックアクアオーラ8ミリ64面カット丸玉」「シルバー925多面カットビーズ金コーティング4ミリ」



インドルビーは、タンブルは「赤」系で、なるべくルビーらしい発色を、と選びましたが、グレード的には宝石質ではなく、天然石品質です。丸玉のほうは、こういうのを、スターインドルビーという名称で見かけたことはありますが、スターガーネットとか、宝石のルースのように「何条のスターがでています」というふうなものではないです。
アメシストは、濃すぎず薄すぎずの綺麗なパープルカラーで、いわゆる宝石のアメシストの基本のような色合い。但し、内傷、色むら等あります。
ルチルクォーツは、曇りが少なく透明感あり、綺麗な金針が細かく入っているタイプ。
シルバーの、ゴールドコーティングビーズなのですが、「何金」だったか忘れてしまいました^^。18金でしたかね~? すみません、うろ憶えですが、通常の金メッキ、というのではなく一応「なんとか金」です。



内寸16センチ弱(15.5センチ~16センチのあいだ)。
ポリウレタンゴム1ミリを使用しています。


現品限りです。


sold out


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  2008 (No Image)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page