アーカイブ
2008年07月16日の記事のリスト

「夏向き」の石

2008年07月16日 (水) 23 : 00
本当に、暑くなってきましたね~~~~。
最高気温そのものは、30度くらいなんですが、なんというか、気温以上の暑さを感じる今日この頃。
しかし、外回りシゴトの私には、外の気温やら晴れやら雨やらの気象条件は、相変わらず関係なしなので、暑かったり寒かったりには、自分で対応策を考えていかなければならないのですが。


まぁ、私が考える「対応策」って、結局、「石」なんですけどね^^。


冬の寒さ厳しい時には、ずいぶんとオブシディアンにヘルプしてもらったり、その流れでドラゴンブラッドを身に着けていたりしていた昨今ですが、今週のこの暑さ、なんていうんですかね~~~~、耐えるとか、自分がパワフルになってどうにかなるような感じではないかしら? と思い。


で、結局、出てきた石は、夏の石。
かの有名な? 「アクアマリン」「ブルーレース」「ブルーカルセドニー」などの、水色石やら、鮮やかなリンゴ色のカルセドニー「クリソプレス」やら、(かと思えばルビー・イン・ゾイサイトなどのオリエンタルなグリーン石なども身に着けてはおりますが)ですよ。
アクアマリン単体ではなくて、水瓶座ストーン・アクセだったり、チャロアイトやらなにやらといっしょになってたりしますがね。
そして、なんといっても、透明水晶。
太陽の輝きの元では、彼らはいかんなくチカラを発揮しますよ。


先週くらいから今週の自分は、そういう意味では、根性系のアクセサリは、お休みしておりますね^^。
(なんでしょう? 根性系、って)


アクアマリンって、昔から、「夏っぽい」石として、夏になるとヒューチャーされる石、っていうイメージあります。
石のチカラに無頓着だった昔は、よく考えてみると、ブルーレースアゲートなんかも、まず「冬に身に着ける」ことはなかったでしたね。基本的に、夏っぽい色ですものね。


まぁでも、そういう感覚って、やはり、理に叶ってるんだろうな~、と思います。
とにかく、「さわやか」になりたければ、やっぱり、見た目さわやかな石、は、さわやかにしてくれるもんです。
なので、「シェル系」なども、夏には昔からやたらに巷に登場しますが、やはり、これも理に叶っているのですね。


夏の石、って、その手のさわやか系もある反面、
すっごくクリアなレッドの珊瑚など、いわゆる「超ビビッド系」などもあります。
太陽エネルギーが、実質的に高まるシーズンですから、当然、「太陽を思わせる石」が台頭してくるのも、ま、これも至極当たり前の話ですが。


なので、我々は、けっこう無意識に、その季節季節に、折々に合った石を、何気に選んでるものなんですよね。



この暑さで、休憩に入った店などでは、今日などは「テーブルに突っ伏している」サラリーマンなどが、ひっじょうに目立ちましたね。まぁ、気持ちは分かりますが。
なんか、ぐったりしてますよね、みなさん。。。


さわやか系の石を身に着けた私はというと、確かに「あついぜ、くそぉ」とは思ってはいるのですが、まぁ、どうにかこうにか、そういうふうに、ああもうダメ、と崩れる感じにはなっていないですね。
やっぱり、イシってたいしたもんだよ、と思いますよ。


クーラーの利きすぎた場所に一日中いらっしゃってシゴトをされる方などは、これまた別の疲れ方をするんじゃないかしら、と思いますしね~。
むしろ、そういう冷蔵庫的涼しさの環境にいる時間が長い方は、夏だからって、さわやか系の石ににまみれないほうがいいんじゃないかな、とも思いますが。
だって、その状態は、「夏」ではなく、どちらかというと「冬」ですものね。


まぁ、「一日中同じ石を身に着ける」必要はなく、できるなら、状況に応じて、とっかえることができるのが、ベターなのかな?
というふうに、感じます。
なので、
表題「夏向きの石」も、だれしにも共通、ということではないのですがね。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石のホント or はてな?
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page