アーカイブ
2008年01月14日の記事のリスト

Q&Aってやつです

2008年01月14日 (月) 01 : 43
今回のプレゼント企画で、いただいた応募メールといっしょに、ご質問と思われる記述がいくつか見受けられましたので、この場をお借りして、それにお答えさせていただきます~。


あ、その前に。
先日の、ご当選者発表で、「イニシャル」の方、ご自分だと分かりますかね?
(まだメールしてない、すみません)
あと、「このハンドルネームって・・・自分?」のようなお問い合わせも、ちらほら。
一応、応募者様の中で、ハンドルネーム、および、イニシャルがかぶっている方はいなかったでしたので、「自分?」と思われた場合は、そのとおり、とお伝えしておきます♪


そうそう、「ご質問」っていえば、「石の意味とか聞かれるようなメール」って、そういえば昨今あんまり来なくなったなぁ、って思ってたんだけど、あれですね、以前やはりこのブログで「教えてちゃんはかんべんしてね」って書いて以降だな~・・・と^^。
石の意味やら組み合わせやら、こういう時はどんな石? だとか、一行メールみたいのもらってもなぁ・・・っていうのが、なんか面倒くさくなっちゃて、たしか、そんな風に書いたような。

質問っていうのはさ、よく、ネット上に限らず言われてることかもしれないんだけど、「自分でやるだけやって、どうしてもわかんない」って時にこそ、意味があるものかな、と。
カンタンに得ようとする答えには、カンタンな答えが相応してしまうもの。
そして、カンタンに答えや近道を得ようとするヒトがかもしだす空気、ってものは、なんとなく伝わるものです。

これは、「神様に対して」も言えることなんじゃないかと思う。
よく神社にお参りすることを、「何々に効く神社」みたいに、そうまるで「何々に効く石」のように、「願い事をするのが当然の態度」で、取り扱っている向きもないわけではないけれど、基本的に、神社という場所は「胸の内を報告しにいく場所」かと思います。で、「こうやっていきます」っていう、決意表明だったり、「こうやってきたらこうなった」っていう途中経過をお知らせしに行く場所。
突然、知らぬ土地からやってきて、「安産祈願」とか「子宝祈願」とかされても、それは「一行メール」みたいなもので、何の面識もないヒトの「願い」に、いちいちもしそこの神社さんの神様が応えてくれているとしたら、それは、相当懐の深い神様でもあるけれど、実際、それがそのヒトのためになっているかどうか? ってのは、わからないことですよね。

まぁまぁ、なんでも「祈る」「尋ねる」ばっかじゃなくて、自分で「良かれ」の方法でやってみる、我慢して続けてみる、それをやった上で、どうにも解せない、とうてい自分のチカラでは解決不可能と思われるようなことに遭遇して、で、それに対する「質問」があれば、その臨む態度が真摯であればあるほど、神様は応えてくれる。
直接的に何か言葉で、というのではなく、そのヒトが、気付きやすいようにヒントを見せてくれる。
誰かの口を使って、だったり、なにかしらの商品名からヒントを得たり、たまたま目にしたニュースの中に解決の糸口を見つけたり。
ではないのでしょうか。




余談が長くなりましたが、
以下がいただいておりましたご質問です。



★Q.人よりデカめでありまして、出品アクセサリの????大きめ???????を作っていただけませんか?


★A.出品アクセサリの場合、サイズ変更が可能なデザインであれば、お引き受けしています。
   この場合は、「オーダー・アクセサリ」の対象とはなっておりません。
   但し、増やす石の種類によっては、価格がちょっと高くなるケースなんかもあります。
   二倍まではいかないけれど、3割増しくらいになることも。
   お問い合わせいただけましたら、お見積もりをして、お知らせします。
   (ちなみに、出品アクセサリの名前が文字化けしておりました^^)




★Q.オーダーについての質問なのですが、オークションで購入したブレスが気に入って、ネックレスやピアスも作っていただきたい・・・という場合はどのようになりますか?


★A.この場合も、時々、現在でもご依頼がありますので、できる場合はお引き受けしています。
   「オーダー・アクセサリ」の対象とはなっておりません。
   やはり、ご依頼いただきましたら、お見積もりをして、お知らせしております。
   価格については、やはり使う石とデザインによって、かなり変動があるので、できればご予算を先にお知らせいただいたほうがスムーズかもしれません。
   ブレスレットとお揃いのネックレス、という場合は、おおよそですが、40センチネックレスで、ブレスレットの価格の3割り増し~5割り増しくらいになると思います。(ブレスのデザインそのまま、でネックレス、という場合は5割り増し~になることが多いです)
ピアスは、ブレスレットの価格の3分の一~半額くらいになるかと思われますが、これも、使う石によって、かなり差がありますので、ご注意ください。
   基本的に、出品アクセサリの中で、もともと「三点セット」などでお出ししている「割安感」のあるものとは、「別」の価格付けになりますので、ご注意くださいませ。



★Q.最近、出品アクセサリの売り切れが本当に早くて、残念な思いをしているので、またの出品を楽しみにしています。
ベーシックインカムのfor womanブレスとおそろいでネックレスとかもあったら素敵だろうなと妄想する日々です。


★A.ありがとうございます。たぶん、近いうちにやると思います。
   次回のぶんには入ってこないと思いますが。
   こういう「リクエスト」も、あれば、お待ちしています♪
   できるものであれば、やります。
   但し、「ハンドルネーム」などでリクエストをいただく場合には、リクエストくださった方の分のお取り置きさせていただけませんので、ご注意を。本名、連絡先をお伝え下さっている場合には、ブログ発表時にご連絡させていただき、商品確保をいたします。ある種の「先行予約型」かもしれません。



★Q.リングやピアスも作っていただけると嬉しいです。


★A.ピアスって、よく「欲しい」とおっしゃる方がいるんだけど、ピアスだけで出してみると「売れない」のね^^。不思議と。
   まぁこれも、「ブレスレットとお揃いで」などのご希望があれば、セットで作ります。
   今後、三点セット、二点セットを増やしていきたいかな、と思っていますので。
   
   ところで、「リング」なんですが、
   リングの場合、あたしが作るのは、ほんとそれこそ「シュミ程度」のクォリティで、「おもちゃみたいにちゃちなつくり」なもので、今のところ、人様にお金をいただいてお作りするという愚行は避けております。
   いずれ、彫金などを習おうかな、的な状態になったら、考えるかもしれないです。
   時々、その「シュミで制作したリング」は、アクセサリを買ってくださる方にプレゼントしたりしています^^。
   リングの場合、身に着けないヒトは身に着けないので、「このヒトは、指輪も好きそうかな?」と思ったら、勝手に送りつけたりしておりますが、今のところ、「ユビワは不要」とは言われておりませんが・・・。(みなさんおやさしいので、本当はいらないんだけど、こんなちゃちなもんいらん、って私に言えないだけなのかも^^)



★Q.ストーンの「教室」とか、「講座」はやらないんですか?


★A.これ、前にもどなたかに聞かれたことがあったように思うんですが、正直「考えたこともない」です。
   たぶん今後も考えないと思います。
   こういうのをなさっているストーンセラピストと呼ばれるような職業の方もいらっしゃいますし、そういうほうが、ちゃんと確実に教えてくださるんじゃないでしょうか。教室なんだし^^。

   ちなみに、私も、石のことを語ったり、アクセサリを作って販売などをするのであれば、そのテの「肩書き」はあったほうが何かといいかしら、と思い、そのテの肩書き(米国なんとかクリスタルうんちゃら、みたいなやつ)を持つ、きちんと系統だったスクールをお出になられて資格を持っておられる方に、「やっぱりガッコ行ったほうがいいかしら?」と尋ねたところ、「あなたには必要ない」と言われましたけど、なんでなんだろう? 理由は聞きませんでしたけど^^。
   その方がいうには、「正直、石のことって、わかるヒトにはわかるようになっている」そうでして、なんというか、わかっているあなたがわざわざ習う必要はない、というような感じのことを言ってたような記憶が。
   でも、肩書きはあると便利そうだよね。「ここを出た」っていえば、即、専門家っぽいもんね。
   って、質問の答なのに、「自分が、習おうか、習うまいか」の話になってしまいました^^。

   世の中には、石屋さんより石に詳しいコレクターのような方もいらっしゃいますし、結局は、「好きなことっていうのは、自分で勉強したくなる」ということではないかと。
   でも、「習う」という姿勢そのものは、すばらしいと思いますので、ぜひ、そういう教室系に行っていただいて、感想メールなどをいただけると嬉しいです^^。

   結論として、私ふぜいが、「人様にモノを教える」などと、100年、千年早い、と思います。
   そういう人間となれるのは、まだまだ先の話(今世ではないかも)かな、って思います。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  販売アクセサリ概要
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page