アーカイブ
2007年12月05日の記事のリスト

今回も完売しちゃいましたね。。。

2007年12月05日 (水) 19 : 10
どうもありがとうございます。
ようやく、一段落というか^^
ほんとに、買ってくださったみなさま、ありがとう。

しかし、ひとたび、私が掲載したアクセサリを気に入っていただいて、それを手にするのだ! と、さくさくゲットしていただいたからには、彼らは必ずや、PowerStoneWorksにひた走ると思いますので、あんまりいろいろ考えずに、かわいがってやってください。



ところで、今回、「裏番長」人気でしたね~。
やっぱり女の子は、「ちょいクールなワル」系に惹かれるんでしょうか?
あ、イシの名前は「ゴールデン・オブシディアン」ですからね。
「裏番長は・・・」って、お問い合わせでおっしゃられますが^^、まずいな~、ゴールデン・オブシディアンの意味がそういう意味になったら、怒られます~(誰に?)と、冷や汗。

オブシディアンは、自信と自己の可能性、才能を引き出すイシです。ざっくり言えば。
ヒトをあやつるまでのイシ、という、ある種の強力なパワーを持ちます。
で、裏番長は、くだらない泣き言には耳を貸さないイシです。当たり前ですね。依存心には対応しないけれど、本人がいざ自分の足でふらふらと立ち上がった時に、フォローしてくれるパワーはすさまじいものがあります。
そこんとこ、ちゃんと分かっている方が、このイシに惹かれるのであろうと感じますが。
そのへんはちゃんと、オニキスとガーネットが「その体勢づくり」に尽力しますがね。
くだらない子供同士のちゃちな喧嘩に裏番長がいちいち口はさんだりはしませんので。



と、他のアクセサリについても、いろいろ書きたいところなのですが、今回は、「オーダーアクセサリ」というものについて。

少し思うところあって、ルール、料金設定や、概要について、今考えているところです。。。。


ここのところ、
お取引させていただくみなさまの人数が、うなぎ登りに増えておりまして、たいへんありがたい悲鳴でもあるのですが、まぁ、そうするとですね、「こういうのがいいなぁぁ」とご依頼いただいて、「ほい、わかった。作っとく~~~。」みたいなやり取りで、「あうん」とまでは言いませんが、(いや、そういう方も中にはいますね^^大丈夫?ってくらい、もっとつける注文はないのかや? と、こちらが恐縮するくらい)まぁまぁ、そんな感じで、わりと今までとても牧歌的な雰囲気でやらせていただいてきた幸福モノだったんですけれど、まぁいつまでもそういうスィートな土壌は、神様が許してくださらないのか、「ヒトが増えれば、十人十色」は世の習わしで、私の今までの対人スキルが、まだまだまだまだ・・・を、思い知らされるような、そんな感じになってきているのがわかりまして。


石アクセサリを作る能力はあっても、「それを欲しいと言ってくださる方々」のご事情は、当然ながら、みなさん違いますよね。
その、個別性への、対人能力というやつです。
以前、どっかの有名(?)なヒーラーのおねいさんの「こういう方はお断り」って記述に、「あ~たのヒューマン・スキルのなさを露呈しているだけじゃ???」って、このブログで書いたけど、やっぱりさ~、そういうことは書くモンじゃないね^^
しっかり、そのカルマって、自分に巡ってくるんだわ~~~~~、と、愕然としております^^。
そういうオマエはどうなのだ? と。
まぁ、確かに、そうですよね。 自分に相当するヒトにご縁があるわけですから。
学びです、すべては。


昔、高額金融商品の営業マンをやっていた頃を、久しぶりに思い出しているんですよね。
あの頃は、顧客を最終的には800人くらい抱えていて、最初のうちは、10人、20人くらいからぜ~んぜん増えるペースも遅く、それが長年やっているうちに、気が付けばそんな感じになっていて。
やっぱり、「あうん」じゃないけれど、「振り込んでおいたよ~」「ありがとうっっ」・・ってここまでくだけた言葉遣いじゃありませんでしたけど、私がノルマ達成できそうになくって困っている時に、お願いすると、「わかった~」みたいにお金出してくれるお客様とか^^、まぁ支えていただいて。
しかし、年数やっているうちに、その商品が異常にブレイクしちゃって、ある臨界点を越えた頃から、こっちからお願いしなくても、どんどんお客様が集まって来ちゃって、もうその対応に追われ続けていた・・・ っていうのが、おしまいの頃でした。

石アクセサリとはあんまり関係ないハナシですけどね。
でもたぶん、あの時代に「し残した何か」が、あるんじゃないかな・・・・って。
ちょっと状況が似てるから。


で、私のところの「オリジナル・オーダー・アクセサリ」って、基準がかなりざっくりしているな~、っていうのは、ここ数ヶ月気が付いてもいたので、ちゃんと色々考えなくちゃ、とは思っていたんですが。


つまり、「わかってるつもり」とか「これはこういうことだろう」というような、裏読みではなくて、ちゃんと基準を設けないと、こちらもちょっと、お伝えいただく内容を、おそらく勘違いしちゃうんですよね。
特に、コミュニケーションをあまりとったことのない、インターネット上、メールだけのやりとりですから、言った言わない、ではないですが、「そうか、それはそういう意味だったのか・・・????」というのを、「察する」のは、実は非常に大変なのです^^。

・・・・ということが、初体験で、現在もたらされておりましてね。
まぁ、その真っ最中なんだけど^^。


しかし、一年半やっていて、今までそういう混乱が、一度もなかった、というのは、もしかして非常に恵まれていた、ということだったのでしょうか?????
このブログを読んでいただいているみなさまの中で、石のオーダー・アクセサリ作りをなさっていて、個人の方に販売をしている方も、多数いらっしゃると思うんだけど、コメントじゃ書きづらいでしょうから、よろしければ、そのへんのご経験とか、ご対応策などがあったら、メールフォームにてご教示ください。 ぜひに、よろしくお願いします~。



と、いうふうに、人間社会ってのは、何かしらのルール決めしないとやっていけないもんなんですかね。
今までは、私は、「お互いの信頼」という目に見えないあやふやな(しかしとても大事な)ものだけで、石アクセサリのお取引をずっとさせていただいてこれたということは、相当恵まれていたのだということが、ようく分かりました。


みなさんに、これからも自分の作るアクセサリを支持していただけるように、努力します。
ここ数日、ちょいブルウでもないけど、「人間て、むずかしいのな」って思っていました。
「なんで? わっかんない。」って。
まぁ、ヒトのことは、実際わかんないというか、「わかる」ということじたいがあり得ないことだとは思っていますが。


心が、きゅーっと、縮こまる寂しい感じ、っていうんですかね。

でもね。その「自分の心の金縛りを解くのは自分」 ・・・てなことを、「裏番長」に教わりました^^。
まぁ、彼はガキの喧嘩程度には「自分で始末をつけい」の石なので、もちろん、自分で始末をつけますがね。



あ、それで、
昨日までに、オリジナルをオーダーしていただいて、こちらがお引き受けさせていただいている方については、特に概要変更などはありませんので。
ご心配なく。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page