アーカイブ
2007年08月の記事のリスト

鮮血の赤石、ユーディアライト

2007年08月28日 (火) 01 : 43
久しぶりに、単発の石のことなど。

「ユーディアライト」和名はユーディアル石といいます。モース硬度5~5.5とのこと。
酸の中でよく溶けることから、ギリシャ語の”良く=Eu”、”分解する=Dialytos”から、ユーディアライトと名づけられた石。

石マニア的には、大変稀少な石らしく、私もタンブルで持っておりましたが、なかなか「ビーズ」を入手できずにおり、先般やっと目出度くビーズをゲットいたしまして、その「いわれ」のほどを、ようやく解する段階に至りました^^。


色は、いわゆる混じりっけのないユーディアライトは、いわゆる「鮮血の赤色」をしています。
血の石、ブラッドストーンよりも、こちらの赤のほうが、リアリティのある血の色だな、と、ビーズを見て思いました。

アクセサリー加工されている質のいいルースなんかは、ルビーレッドというか、ガーネットの赤とはまた違った濃い透明感のある赤色ですが、一般的にはこの石は、母岩に灰緑石のネフェリーン(霞石)、アパタイト(燐灰石)、黒色のエジリン(錐輝石)(チャロアイトやスギライトなんかにも見られる黒の石)などと共に共生することが多い、とのことで、私がゲットしたビーズは、どちらかというとこの「母岩」のほうが多いようなタイプ。
なので、「ブラッドストーンの渋めバージョン」みたいな色をしております。
斑点模様のように、ユーディアライトの赤色が混じる感じです。


この石が採れる、ロシア北西部コラ半島の原住民の間では、 祖先が敵から民族を守るために戦った時の勇者の血が、この石になったという伝説があるそうです。

一般的に流通している石の意味は、「無意識のうちに 自然のエネルギーが理解できるようになり、自然の流れに身を任せることが良いと認識できるようになるといわれている」という、これもまた、八川バイブルの書き写しがそのままこの石の意味として、世の中に流通しております。


この石は、マーシ本の中にもあり、その中に「ムーンストーン」との組み合わせが、女性特有のカラダの不調、つまり「生理」「更年期障害」のヒーリングによろし、とあるのですが、これぞ「自然の流れに身を任せ」の最たる現象、ということです^^。
ムーンストーンじたいが、「女性の味方」石ですしね、もう、興味しんしん^^。


で、実際に、さて、何といっしょならこの石はパワーを発揮するのだろう? と、いろいろやってみるうちに、何か他に共通項のある石があるな~~、と思ったら、なんのことはない、やはりロシア系の「チャロアイト」「セラフィナイト」と同質の、イシキの中に滑り込む、というか、毛穴の中から、潜在意識に浸透していくような、「浸透力」が似ているのですね。
特に、セラフィナイトちっくなところがあります。
似ている点は、「単体でもいいのかもしれないけれど、ぜ~ったい、他の石と組み合わせたほうが、複合的なチカラを発揮するであろう」と思われる点。
なんか、ロシアの石って、いいね。


合うな~、という組み合わせ石は、おそらくこの石の場合、「精神を癒やす透明感のある石」かな、というのが、今のところの印象。ローズクォーツとか、めちゃめちゃ良いですね。ローズクォーツが大人になる、というかなんというか。
何と組み合わせてもローズはどうも・・・っていう人にも、おすすめかな。
相乗効果で、「なにげなく、知らず知らずのうちに」ってかんじでイケると思います。

合わない、かどうかはわかんないですが、似たような「複合鉱物」じゃないほうがいいのかな、という気がしましたが、意外と、ラピスネバダなどのトーンの淡いものなら、合いそうですね。(ラピスネバダにも「アパタイト」って入ってるな、そういえば。フェルドスパー(長石)も入っているので、違和感ない感じするのかな。ああ、そうそう、「アパタイト」って、自分が本心では何考えてるか、つまり、真我の欲するところを理解させるような石なんで、その性質が作用してるんですかね~~~~。)
濃い色の石でも、間に水晶をはさんでデュモルティエライトあたりなら、よさそうな気が。

今、ネフェリーンという石も気になって調べたところ、八川バイブルによると、「不変、忍耐、調和、一層の跳躍を現わす鉱物」とのこと。よく「一層の飛躍」とは言いますが「跳躍」って面白いね。
「いつもは想像や空想の世界でしか出会えないような高い次元の意識を持つことができ、それを継続して維持することができるよう導くチカラがあると言われています。知性も引き出してくれるそうです。」だそうですよ。

ああ、だから、デュモルティエライトが良さそう、って思ったのかな。

あとね、「石英などのSiO2鉱物とは、共存しない準長石」だそうです。なるほど。
だから、ローズクォーツとか、ラベンダーアメシストとか、その水晶系の手合いといいのかもしれないですね。
互いの長所を引き出す感じがするんですよ。

ビーズにもよるかもしれませんが、すご~く華やかさはないのに、存在感があるのです。それも、威圧的なものでも、静かな「重厚感」があるサファイヤやルビーなどのようでもなく。


ところで、
その、ムーンストーンとの組み合わせ。
試し時がやってきましたよ~~~ん。
今日は満月。皆既月食でもあるらしいね。
でもって(こんなことブログで書いていいんだろうか^^男性読者も、少なからずいるはずなのに)あたしは、月の満ち欠けそのまんまがカラダでわかる便利な仕組みとなっておりまして^^。誤差は、せいぜい一日なんですよね~~。文字通り、「月」のうんちゃらですがな。

て、わけで、昨日より、試作品「ユーディアライト、ムーンストーン、ローズクォーツ」ブレスレットを、お試ししちゃってま~す♪いやいや、なかなか「不調」がないと試せないもので、待ってましたよ^^。


感想としては・・・まぁ・・・・・・どうなんでしょうね?
心なしか、体調は確かにいいんじゃないでしょうか。身につける前よりも。
(こういう「お試し」は、あくまで私の感覚的なものなので、多分に「プラシーボ効果」も含まれるのかもしれませんが^^)
つか、体調云々以前に、この組み合わせの感じがえらい見た目に私好みなせいもあり、ユーディアライトビーズが単体でいる時よりも、綺麗なんだよね。

あの、劇的に「腹痛を鎮めちゃう」ヘマタイトとかの感じと違うのは、ヘマタイトはまさにアスピリンというか、「あれ?なんで痛みが治まるの?」という、応急手当が可能なケミカルちっくな感じなんだけど、こっちは、じわ~~~っと効いてくる漢方薬っぽいのかしら?
染み入る感じのする石ですね。
セラフィナイトっぽいんだよなあ。「自分の表面的なイシキの及ばない深層部分への通訳」って感じが。
質感はぜんぜん違うんですが。


なんか、チャロアイト、セラフィナイト同様、ちょっと多芸多才かもしれませんね、ユーディアライト。





この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  充実・実感stone
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

私物公開Vol.4「水瓶座ストーン」

2007年08月26日 (日) 20 : 50



最近やってなかった、私物公開です。先日のブログ記事中の「水瓶座ストーン」って何? って方のために。

過去記事にもあるんだけど、ジュディ・ホールさんという占星術師、霊能師、ヒーラー、ってな肩書きの方が出されている本の中に出てくる、水瓶座のための石ってやつが、とにかくことごとく自分が好きな石ばかりだったもんで、その昔「水瓶座ストーンレシピ」と名付けて、やたらアクセサリを作りまくっていた頃のもの。
この本を立ち読みして、水瓶座の頁を読んで、あまりにも「好きな石ばかり」だったために、なんか水瓶座の自分を納得したというか、もう受け入れるしかないだろ~、な、そんな感じ。

この頃は、いわば、石アクセサリづくりは、自分のためだけだった。

「水晶」「アクアマリン」「アメジスト」「ラブラドライト」「フローライト」 「ムーンストーン」
が、だいたい登場するラインナップなんだけど、この他に、「モルダバイト」「セレスタイト」「エンジェライト」なんかも、水瓶座ストーン的な感じで取り扱われている。

組み合わせると、きらきらで夢々しくて、ただただ浮世離れしていそうな感じに見えるんだけど、色々教えてくれるやさしい先生なのだ。
(自分が販売した水瓶座ストーンアクセサリの過去ログを見に行ってみたら、やっぱり「実際の彼らは「やさしいティーチャー」みたいな感じです^^。 」と書いてあった。)
つい先日も、「ド紫スギライト&アメシストブレス」がどうして自分に必要になったのかを教えて貰ったばかり^^。


たぶん、「クリスタル占星術」の中に書かれている他の星座の石ってやつも、そこそこそれなりにハマッテいるように思うから、そのうち、この本を参考に、「何々座さんのレシピ」とか、やってみるのもいいかも^^。
私は、占星術とか、タロットとか、なんとかカードとか、そういうものにはとんと興味がなく、石ってけっこうそっち方面のツールとして取り扱われていることが多い(惑星の影響がなんちゃら、で)のだけど、なぜか、占星術系に絡めた石を「極めよう」という気になれない。
なぜなら、銀河系というのは、「固定媒体」ではないからなんだろうと思うけれど。
実は天体というのは、少しずつ位置関係が微妙に変わっているのだ、というのを、昔どっかで読んだ。妙に腑に落ちる感じがあったからなんだろうと思う。人間が計算し法則を作る、その時には、もうその法則は効かなくなっている、それが宇宙。


まあ、それでもこの「水瓶座ストーン」。
なかなかの優れものですよ。水瓶座ちゃんには、必須、というか、かな~りお助けマンであることは事実かと思う。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  自己実現stone
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

石を「猫に小判」にしないためには

2007年08月24日 (金) 22 : 41
「その価値をわかっていないものが価値のあるブツを所有することの意味のなさ」を、こういう「猫に小判」というような言い方します。「ブタに真珠」ってのも、そんな感じ。

石の場合、価値はわかっていても、たぶん今はこれは自分のじゃないだろう、というのは分かっていても、「所有欲」というか、まぁそういった類の好奇心というのかなんというか、まぁ、欲しくなることがあります。
というか、そういうことの連続とも言えます。


人生というのも、それに類似したところあります。
世に言う、「ないものねだり」というやつです。思えば、人生というのは、この「ないものねだり」と「あるものねだり」との見極めができるかできないか、で、大きく展開は変わっていくことは事実です。

こういう時、ものの分かった人間は、「足るを知る」という、美徳の精神で自分を納得させようとします。
私もこの精神そのものは、嫌いではありません。欲というのはキリがないですからね。

だけど、「足るを知る精神の問題点」というか、欠点があるとしたら、「できることまでやらなくなる」可能性も秘めている、ということ。つまり、本当は「望めば可能なことや必要なことまで、低姿勢で、自分を過小評価してしまい、結果として実現すべきことまで行わない可能性」もあったりするわけです。こういう人って、いくら日本人が「欧米化」したといわれる現代でも、やっぱり日本人には多いように思います。
謙遜、謙虚。
たしかにそれは美しい姿です。心底、それが本人の望むところであれば。


私はおかげさまで、石のアクセサリを販売させていただいているため、みなさまから与えていただく「石軍資金」により、まぁ、右から左ではありますが、いわゆる「ちょっと高嶺の花」系の石ビーズなんかにも、昨今は手出ししておりまして。
それが、また石のアクセサリへと姿を変えていく循環となっております。
嬉しいことです。


先日アクセサリのラインナップにお出ししていた、さいっこうビーズのスギライト。

もう、ああいう「ドむらさき色」の、いわゆる「スギライトビーズの中の選りすぐりモノ」ってのは、ほんとに、ため息がでるよ~な、この世のものとは思えないような、幽玄の世界を醸し出しています。
で、石ジャンキーとしては、「自分のぶんも、これは欲しいかもでがす」となります^^。


昨今、人様に楽しんでいただくための装飾具として、こういったものを山ほど作っているわけですが、いつからかを境に、自分のための石アクセサリってのは、それほど増えてもいなくて、けっこう自分のものとなると、い~かげんな造りのものをしていたりします。石ビーズってのは、必ず一連の中に、穴欠けとか、インクルとか、内傷とか、いわゆる難ありビーズが必ずあって、わりと自分の分はそういう難ありビーズで作っていたりとか^^。
余り物寄せ集めてたり、なんていうのかしら、料理人が自分のゴハンはお茶漬けだったりする、そういうノリといえばいいのかしら。
あとは、「石の組み合わせを試す」いわゆる試作品的にブレス作ったり、などで、あまり「自分の現状に合わせた」石アクセサリなどを、最近はいちいち作らなくなってきました。


なので、この「ドむらさき色」のハイクォリティビーズを、自分用に使用するなんてことは、まさに清水の舞台。
(なんか、ただ単に貧乏性なのかもしれないです^^)
だけど、どきどきしながらも、ああもったいない話だ~、と思いながらも、超ドむらさきブレスを、スギライト&アメシストで、作ってみたわけです。

そりゃ、美しいです。ちょっと今までにない種類の石のパワーを感じます。


で、そのブレスを身につけてみたら。
なんでしょう? 身につけていられないんです。
見ているぶんには、ず~っと眺めていられるのに、身につけると、ひっじょうに落ち着かない。

日を変えてトライしたけど、やっぱりそうなんです。
あの~、始めて手にする石ブレスが、じわ~っとか、じんじんとか、ちくちくとか、いわゆる「同調期間」特有の症状を現わすこともありますし、でも、それとはどうも違うんですね~~~。
慣れる、慣れない、の問題ではなく。

なんでしょう?
自分的に彼らを見ていて、意志疎通というかなんというか、そんなものをしながら感じるのは、あたしは「彼らを使いこなすつもりがない」ってことを、彼らが知っている・・・・・・? 
つまり、上級ドライバーにトライする理由が特に今は自分にないわけで、彼らにとっては、それがはがゆいのかなんなのか知りませんが、なんとなく、「食いたりね~やつ」だと思われている感じがするわけです^^。


げげげ。
猫に小判。この言葉が脳裏に浮かぶ。
やっぱり、あたしなんかにゃ、ご縁のない高嶺の花なのか。
だいたい、この組み合わせにそぐう生き方をしているとは言い難い自分。

この、猫に小判スギライトブレスレットを、なんとか、モノにするにはいったいどうすればいいのか。
いえね、石にチカラ発揮してくれ、というわけじゃないんです。
というか、発揮はいいんですよ、どっちでも。
ただ、身につけていてのこの落ち着かなさだけなんとかしたい。ま、手前勝手な話ですが。


そこで編み出した「緩和策」。

要は、彼らのパワーをソフトにしちゃえればそれでいいんです。
封じ込める、というのではなくて、あんまり存在感を感じないようにするには、どうしたらいいのか?
とりあえずあたしがやってみたのは、いわゆる慣れ親しんだ、「水瓶座ストーン」のラインナップで、重ね付け用の薄いパープル~ブルウ~ホワイトトーンのグラデーションブレスを作って、「二本でワンセット」の取り扱いで身につける、ということ。
スギライト&アメシストのみでの、単体使用をしない。


なんとま~そうしたらですね、なんで?なんで? というくらいに、二本が仲良しになってしまって、ついでに、あたしとも一日で馴染みましたよ。すっごい、相性の良さ。
まぁ、絵の具でいうなれば、濃い色を薄めるには、反対色ではなく、同系色のよりソフトな色をがんがん加えますよね。
その感じです。かなりやわらぐもんだな、と。


それでですね。
この、水瓶座ストーンブレスと、スギ&アメブレスの2本セットを、浮き浮きうっとりと、身につけていたところ。
とんでもない? ってほどのことでもないんですが、「あ~、そうだったのか~」と納得しました。

なんかね、今までの自分には「ありえない」くらいの、石レシピが、あとからあとから鮮明に浮かぶんですよ。

あたしは、石レシピノートを常に持ち歩いていて、思いついたらメモる、ってことを、一応習慣にしてはいるんですけど、こういうのって、三日坊主じゃないけど、わりに毎日は続かないんですね。
レシピに困ることはないにしても、それなりの余裕というか、考えるための時間を要していたことは要していたんです。

それが。湯水のごとくのインスピレーション、とでもいうのかしら。


で、わかったんですよ。
「水瓶座ストーン」のほうが、スギ&アメがなんで今あたしの腕にいっしょにいるのか、教えてくれましたわ。

私は、第六感だとか、霊感とか、「いらね。」ってクチだと、自認していますし、一般的にいわれる意味でのそういうものは自分には必要ないと思っているのはマジ話なのですが、よく考えてみると、「めちゃめちゃ、ぢぶん、第六感を使用している」じゃん、ってこと。
だって、ご提供する石のアクセサリって、あたしのインスピレーションがカタチになっているものですものね^^。


ちょうど、この前お出ししていたスギライト&アメシストのブレスを買ってくださった方は、ヒーリングのお仕事されている方で、今回購入に至った経緯をお伺いしていて、「あ~、きっとそれって、能力の器が広がっていて、今までしていたブレスだと、その能力を拡大するための許容量越えているのかもですね。」って思ったんですけどね。
やっぱり、この石たちは、そ~ゆ~スピリチュアル系のお仕事をなさっている方のための石なんだわな~、そういうのにふさわしいわけかぁぁ、やっぱり。なんて思ってたんですよね。
だから、私にゃ必要なくて、当たり前なのかもぉ、と。

だけど、へんな話、それって自分にもリンクしている言葉だったんですね。
人様のことは、よぉく分かるんですけど、自分のことってわっかんないものなんですよ~。
占い師さんが、「自分のことは当たらない(わからない)」というのに、近いのかな。


器が広がっているかどうかは定かではないですが、今のペース以上にもっと幅広い石アクセサリを私に作らせ続けるために、たぶん、能力的限界のリミッターみたいなものを、外さなきゃいけないのだ、ということを、おそらく「石の側」は分かってたんでしょうね^^。
さすが、水瓶座のための、水瓶座ストーンですよ。
「いったい、なんのために、あなたは石アクセサリ作り続けているのだ?」
という部分を想起させて、且つ、私のそのインスピレーションの精度とスピード・アップを図ろうとしているわけです。
彼らと、スギ&アメブレスが一体となって。


石はやっぱりおもしろいですね。
まぁ、目の前に「自分が欲しくて、それで、結果としてそこにいる」のが石。
「猫に小判」に、“してはいけない”のですわ。
必ず、「欲しい」だとか思ったからには、深層部分での何かしらの理由があるものなんですね。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石のホント or はてな?
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page