アーカイブ
2007年03月18日の記事のリスト

スギライトとジェダイト

2007年03月18日 (日) 18 : 04
この組み合わせのブレスレットを作って、今日、写真を撮り終えたところです。
また、発表!しますんで、楽しみに待っててくださいね。

ところで、この組み合わせなんだけど、ずっと以前に、アクセサリを販売させていただくようになった初めの頃に、「道探しのレシピ」ってことで、「スギライト、ジェダイト、クォーツキャッツアイ、水晶、デンドリティックアゲート」ってな組み合わせで、お出ししていたことがあるのだけど(今から思うと、めちゃめちゃ破格プライスだったかも^^)先日ご紹介した、「パワーストーン組み合わせBOOK」によると、このスギ石とジェダイトって、かなり強烈な組み合わせだってことらしく、なにやら「超能力開発」だとかなんとか、マーシ嬢はのたまっておられる^^。

う~~~~ん。
まぁ、今の時代、「自分にとって間違った道を歩かないで済む」なんていうようなことを実現しようと思うと、確かにまぁ、超人的な部分は必要かもしれないので、そういう風に言えばそうかもしれないけれど、要はこの「スギ&ジェダイト」というのは、心霊に繋がりやすくしてくれる、そういう波動を持った組み合わせなんだわね。
それを、「超能力」と呼ぶなら、そうかもしれない。

まぁ、実際にあたしの自前のこれらの石ブレスは、私に今のシゴト(デイリーワークの営業職(とても楽チン♪))を用意してくれて、おかげ様で、たいした苦労もなく生活できているし^^
私はこのシゴトを探す時の条件に、「どうしても、石のコトと両立できる、精神的、体力的、時間的拘束のないシゴトで、且つ最低限生活のための○○だけの収入は必要」という、「金は必要だが、楽させてくれ」という、今の時代かなりムシのいい条件のシゴトを望んでいたのだけど、まさに、それにぴったりのシゴトに出会わせてもらって、それを続けさせてもらっている。
(この、○○というのは、人によって生活のための必要額はピンキリだと思うので、いちがいに多い、少ない、では計れないと思うんだけど、世帯全体収入に占める自己が担う重要度が高い場合、テキトウにアルバイトでもなんでもいいから働いて、ってわけにはいかないんですよね。)
「道は自分で探す気になれば、必ずある、必ずふさわしい道を用意してもらっている」という実感には繋がっていますね。

ところで、その「心霊に繋がりやすくしてくれる」っていうのはどういうことかと言うと、単純にこの石を持つことで、オーラが自動的に変容して・・みたいな、便利グッズということではなく、心霊、いわば、今流行りの「守護霊様」ですね^^こことの連携、通信状態をよくする、つまり「導かれる」には、結局、「素直で、自立していること」「生かされていることの感謝のこころに溢れていること」「精神的にぐらぐらしていないこと」っていう要素が最低限必要で、スギ石とジェダイトっていう石は、そのあたりの"セルフ自浄作用”にはたらく作用がとても強力なので、結果的に「心霊に繋がりやすくなる、性質、体質をつくる」それが、まぁ人によっては「超人的ともいえる運の良さ」にも繋がっていくのであろうかと。

守護霊様という存在は、子供にアマアマ今風パパママとは違っていて、「守護を担当するその人間の、一生涯の霊的向上に責任を持つ」という意味で、非常に責務の思い、重要な役割を担っているにも関わらず、なかなかその守護したい人間は、その「導き」には気づこうとしないため、ほんっとうに、可哀想でご苦労なお役なんですよね。

人間というのは、苦に弱いため、その「苦の意味するところ、その先にあるもの」へのリテラシーよりも、「即、楽」にどうしてもなりたくなってしまう。歩みを止めてしまう。
そういう状態の人間へのコンタクトは、かな~り困難を要するらしく、守護霊様とは言えども、なんの手出しもできず、ただただ、悲しみに打ちひしがれるしかないのだそうです。

心霊に繋がる、ということは「魔法を起こす」「奇跡を起こす」ということではなく、ごくごく当たり前の、「親の言うこと、年輩者の言うことを、たまには素直に聞いてみる」「その道の達人、先駆者の言うことを、素直に取り入れてみる」などなどに近いと思います。
早い話が、自己の凝り固まった、魂の癖をいったん手放してみる、恐れを手放してみる、つまり「素直になってみる」・・・・これだけのことなんです。
そういうココロで出会うもの、ココロに響くもの、それらはすでに心霊に繋がっていることで用意された超常現象なんですよ。それが、どんなに小さな、取るに足らないと思えるようなことであっても。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  自己実現stone
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page