アーカイブ
2006年04月01日の記事のリスト

今更ながら、ローズクォーツ

2006年04月01日 (土) 08 : 24
ローズクォーツをGoogleイメージで検索

このブログで、石のことをごちゃごちゃと書いているのですが、気がついている方は気がついていると思うのですが、私は「恋愛系統」の石のことはあまり書いておりません。
というか、ロードクロサイトとかアメジストとかピンクオパールのことは書いたけれども、「この石が異性を惹き付けますわよ♪」みたいな書き方をしておりませんので、いったいどの石が、「恋愛にいいのか?」が、非常にわかりづらいパワーストーンブログとなっています。

恋愛っていうのは、私は「霊の修行」のひとつ、じゃないかと思っています。
自分以上に大事な存在と思える対象が存在するのだ、というものを知る経験、心というものは自分ではコントロール不可能なものであることを分かりやすく知る経験、どんな目に合おうと、相手を恨まない出会いそのものを後悔しない、人を赦すことを覚えるための苦行、自分自身のありかたを勉強できる、とてもいい機会、それが恋愛。ですかね。
で、数をこなしたり、たくさんのタイプの異性を知ることがその魂の向上を助けるのかといえば、それは「その人しだい」としか言い様がない話です。
「数は無関係」ではないでしょうかね。たくさん恋愛をしてきた人が、必ずしも人間として鍛錬された精神性の持ち主かと言えば、ただ似たような切った貼ったを繰り返しているだけの場合もあり、何の経験をしようが、学べない人は学べないし、一度経験しただけで、十回それをやってる人を超える人もいますから。

男女の愛で気をつけなければいけないのは、男女の愛というものが、この世でイチバン崇高な愛でもなければ、自分達だけが何か特別な運命に導かれて…とか、そういう「特別な恋愛など、宣伝されているほどにはナイものなのだ」ということを、寂しいけれど、あらかじめわかっといたほうが、いいということだと思います。
傷つくとかつけられたとか、そういうのは、全部自分が演出してやっているだけの話。
(その困った自己演出の「酔い止め」にはアメジストが良いそうですが)

という私のゴタクは置いておいて、ローズクォーツは昔から「恋愛成就の石」とか、「愛の石」「失恋で傷ついた心を癒し新しい出会いを生む石」とか言われてきました。
水晶ファミリーのピンク色のクォーツですが、実はこの「ピンク色」の発色の要因は特定されておりません。こーーーんなに広く出回っている、ありふれたローズクォーツなのに、そうなのです。実はそういったミステリアスな要素があるのです。
ローズクォーツが常に恋愛石の定番の地位でいるのは、単純に、ローズクォーツを身につけると女性らしい空気を身に纏うことになるので、それだけ「自分を女性として、出会う男性に意識させる演出」が出来るから、っていうことなんだと思います。

その女性らしさとはなんじゃらほい、といえば、優しさ、寛容さ、などに代表される、のんび~りとした綿菓子系…と、私は昔はこういうのすっごく毛嫌いしていたんですが、別に恋愛がどーのこーのというような、異性の目など関係なく、ローズクォーツ系の「愛」っていう要素は、人間には必要ですわな。
愛は寛容である、は聖書の言葉ですが、まさにどんな奇麗事を並べてみても、「寛容」の前には勝ち目ないですよ。

ローズクォーツを、そういった恋愛のための石にしているのは、人間側の都合で、実際のローズクォーツさんは、ただただ、私達に「与え受け入れる愛」ってものを実行なさって教えてくださっているだけのようです。
この石に同調できる人は、それだけ人間の器も広がるから、新しい出会いやら何やらが生まれるんじゃないでしょうか。
しっかり「古いもの(自分の「この人しかいない」というような思い込み、後悔、嫉妬、コンプレックスなど)」を握り締めてそれで自分の心を満たしている人には、「新しいもの(新しい出会い、可能性)」は手にすることはできないのですね。
「新しいぶどう酒は新しい皮袋に」って、イエス様も言ってます。

素敵な思い出づくり、写真に残すためだけの恋愛であれば、それはおそらく相手にとっても同じこと。自分だけに都合のいい恋愛など、それは「自作自演の、自分しか見ていない滑稽な芝居」みたいなものでしょう。
そんなもんいくつもあっても、結局全部いらなくなりますよ、それ。
なぜならば、私自身も遠い遠い昔に、そういう道を多少ですが歩んできた歴史があるからです。経験者は語る、ですな^^。
写真や、どこへ行った、何して遊んだ、なんて記録の中になんて、真に自分にとってこれがホンモノの恋愛だった、などというものは残りませんよ。
そもそも、「恋愛」を「美しい恋愛」のままで凍結するための手段は、「実らぬ恋」にしかないのですから。実っちまったもんは、必ず何かしらの実、種が生まれます。
それがいつまでもスイートな恋愛のまま、っていうのは、夢物語だと思うし、スイートでいたければ、それ相応の努力と美学が必要。
でも、なんとなく疲れそうな人生ですがね。
(もう死んじゃったけど、小説家の森瑶子(こんな字だったっけ?)さんとか、あーんなおばさんになってもあんな気取った恋愛小説だったのかー、って、今から思うと、なんか可愛そうな女の人だったんだなー…と思うもん。)

恋多き女、は見方が変わると惨めなもんですよ。
若い時はそのあざとさ、徒っぽさに惹かれるんですけどね。でもそれは永遠ではないのだな、ということです。
でもそれが悪い、とは申しません。それも人生だし、美しく咲き誇る自分を信じられるのなら、なんでもいいのです。

私自身は、ローズクォーツは昔からアクセサリーとしては大変苦手な石のひとつでしたが、原石は大好きで、時々その美しい桜色に見惚れています。タンブルやビーズなどの磨きがかかっていない、ごつっとした原石のほうが美しい気がしてしまうんですねー。この石に関しては特に。
ローズクォーツのアクセサリーっていうのは、持ってはいても、ほとんど身につけませんが、最近は緑のクリソコラや、ルビーインゾイサイトなどと組み合わせた、緑色とのカップリングものを作ってみて、で、ちょい好きになってきました。
ローズクォーツ単体では、まず身につけないですねー。

そうそう、「恋愛に良い石」ですがね、
それは、「その人らしさを引き出してくれる石」が、何よりの「恋愛石」になるんじゃないでしょうか。決定版などというものはないと思います。
なので、恋愛石を探すのであれば、「自分がなんとなく好きな石」で十分だと思います。あんまり好きじゃないのに無理してそういう系の意味のパステルカラーのパワストアクセなんかしても、どーせ「石に嘘はつけない」ですから。自分に嘘はつけないのと同義語です。

よく、いくつになっても結婚しても「女として見てもらいたい」とか、「女として愛されたい」「女としていつまでも綺麗でいたい」とか言いますが、それは大丈夫ですよ。
性転換手術でもしない限りは、死ぬまで「女と生まれれば女」ですので、女としか見られませんし、女としてしか愛されませんし、女としてしか綺麗でいられません。
女というのはないものねだりなやつらで、女として愛されりゃ「人間として対等に向き合って欲しい、女として見て欲しくない」などと抜かし始めたり、ほんと、しょうもない生き物だと思うことがありますね^^。
自分もその女ですが。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  充実・実感stone
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page