アーカイブ
2006年01月31日の記事のリスト

ピンクオパール

2006年01月31日 (火) 01 : 39
ピンクオパールをGoogleイメージで検索

オパール、といえば「遊色効果」が何よりの外見的特徴なのですが、このピンクオパールやイエローオパールといった、砂岩中から産出されるサンドストーン・オパールには、その遊色効果はありません。
こういうオパールのことを、コモン・オパールと呼ぶそうです。

でも、最近では、通常のオパールよりも、この「ピンクオパール」のほうが、アクセサリーとして販売されているオパールでは目にします。
何よりも、オパールなんだけど安いしね。

ピンクオパールは、ピンクの石の中で、「不特定多数に愛される石」としては、ナンバーワンのパワーを有するんじゃないでしょうかね。

よく謳われている意味も、「人を愛し、愛される石」的な意味合いが多いようです。
オパールじたいがかなり強力にエネルギーを発散する石なので、そこは可愛いピンクですが、さすがオパール、って感じです。
オパールって、石によっては「石酔い」が激しくてつらくなるよーな石もありますけど、こういうコモンオパール、特にピンクはその辺がいちばんソフトですね。

この石に関しては、「人を愛し、愛される」ことが仕事の人が身につけると、すっごく楽しくなるんじゃないかなー、と思いますね。
たとえば、キャバクラ嬢とか、人気が直結するような仕事で、で、その仕事が楽しい、自分に合ってる、と自覚してやっているような女の子とか。
あとは、複数のお客さんを相手にする、対面販売の仕事の人とか。

でも、注意点がひとつ。
「お客さん増やさなきゃなー、あー、でもかったるいなー、でもそうしないとお金にならないしな・・・何にもしなくても勝手に人が寄ってくる石ないかなー」みたいな完全に自分の利益と都合を叶えようとする目的だと、おそらく「そういうエゴに吊り合う霊性」の人々を集めてしまうことになりますので、やっかいだと思います。
「不特定多数にやさしくしたり、気を遣うこと」に、抵抗感のある人は、逆に身につけないほうがいいと思う、ってくらい、人の気を引いてしまう石。
複数の人々に愛を注ぐパワーのある人でないと、疲れてしまうと思います。
人気がある、っていうことは、付け焼刃だと、本人を疲弊させるのです。

もし、このモテたい願望でピンクオパールのアクセサリーを買って身につけてみたけど、なんだかなー・・・って人は、その辺の「自分の本心」を振り返ってみると、なんとなく気付きがあると思いますよ。
で、内省して、よし!みんなを愛しまくるぞ!!という風に自分が変われば、またピンクオパールの働きも変化すると思います。石ってのは、持ち主にそういう気付きを促すために、色々立ち回ってるんですよ。

そういうわけで、すごく可愛い色なので、私も好きなのですが、日常的にはあまり身につけてはおりません。

この石に関しては、そういう石の意味を伏せて、人にあげて実験してみたことがあるのですが、「あげた時、彼女がそのブレスを「わーくれるの?ありがとう」と言って、その場で右手首に身につけた時から、場の空気が変わった」のが分かりました。
とても面白かったですねー。終始、和気藹々でしたよ、その彼女を中心として。
もともとその人は明るい人で、話もよくする人でしたが、なんていうのかな、会話のキャッチボールが、その場にいた人たちの間でどんどん膨らんでいく感覚がありました。
その理由を分かっている私は、心の中で一人、にやにやしていました。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  充実・実感stone
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page