アーカイブ
2005年10月22日の記事のリスト

せっかく始めたブログですけど。。。

2005年10月22日 (土) 20 : 59
せっかく始めた「パワーストーン」について、のブログなんですけれど、諸事情により、ここで続けることができなくなってしまいました。
とても残念です。
でも、必ずいつかまた、開始します。
ご縁があれば、お会いできることを楽しみにしています。
Good-luck. See ya!


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  INFO(お知らせ)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

姿を消す石たち

2005年10月22日 (土) 12 : 41
姿を消す石、つまり、世間でいう「紛失」です。
「どっかにいっちゃった~。でもどこにいったんだろう?」
という、よくある話です。

外出先に持っていって無くす、家の中で無くす、パターンは色々ですが、時々ひょんなことろから出てくる時もあります。たいてい、「なぜに?(こんなところにしまったり置いたりした記憶はない)」という場所からだったりします。

あと、紛失でも、自分が落とした場所をよく知っていて(落とした瞬間を、きっちり目で見ている)その付近を隈なく探すのですが、どうしても見つからなくなってしまうもの、いと不思議現象もあります。
つい最近、このパターンで、アイオライトとサファイヤのピアスを片方無くしたのですが、落とした瞬間、落ちた場所をこの目で目撃しているのに、どうしても出てこないのです。その時、「とうとう羅針盤を失ったか・・・」と、ネガティブマインドになりかけたのですが、まだ方耳分残っているし、私は左にふたつ、右にひとつ、ピアス穴を開けているので、こういうハンパな片耳オンリーピアスも、必要といえば必要なのです。
「これは、このピアスをいつも左のピアス穴の多い耳にしてなさい」というメッセージなのかな・・・と、勝手に解釈しました。

ま、基本的に、無くすケースというのは、パワーストーン好きの人たちの間では、圧倒的に「縁がなかった」「役目終了」「自分のための石ではなかった」などのケースが想定されているようですけれど、一歩つっこんで考えると、いかにその紛失した時点での自分に対する絶妙のサインだったか、ということが、よく分かります。

姿を消す、っていうのは、人間の場合だと、色々意味ありますけど、まぁたいていは、「関わるのが嫌になっちゃったから」とか、「苦手な人の姿を遠くから見かけると、意味も無く進路変更したりして、気がつかないフリをしてその人を避ける」などの、行動を起こしたりしますが、それは人間の持つかな~りネガティヴ系自発的エゴによる行動パターンかと思われるのですが、石の場合は、そういうのとは少し違うように感じます。

私は、石との出会いというのは、天の采配が大きく関与している、と感じている部分があるので、その縁は、出会った時点では「私に必要なものだから、私の手元にやってきている」という事実があるのですが、人間は変わります。いい意味でも、悪い意味でも。

私は過去に、ダイヤモンドの指輪を、ふたつ失いました。
ひとつは、本当にここに置いてあったのに、どこをどう探しても見つからない、というケース。もうひとつは、お金に困って質屋に入れたケース。
取得時の金額にすると、合計で80万円くらい。
これは、へこみました。
その頃は、今のように、パワーストーンに関する含蓄や意味には無頓着な人間で、単純にアクセサリーとしての宝石好きだったのですが、今、その頃の自分を振り返ってみると、確かにダイヤモンドなど身につける資格の無い生き方をしていました。
天は、そんな生き方をしていると、大切なものをどんどん無くすよ、ということを、そういう石たちを通して私に教えてくれていたのだと思います。

その頃は、やたら、私の前から色々な物質がなくなっていく時期でした。
友だちが、誕生日の度ごとにプレゼントしてくれた、4℃のルビーの指輪も、やはりどこで紛失したのかわからないまま、どこをどう探しても出てこない現象、3個とも謎のまま姿を消しました。後に、ルビーについて、色々文献を調べてみると、ルビーというのは力がある石ですが、持ち主のエゴを相当嫌う面があるようで、そのなくした時期というのは、ダイヤモンドをなくした時期とほとんどかぶるんですけど、エゴイスト街道まっしぐらの時期でした。

そんな風に、石たちというのは、持ち主の生き方に呼応して存在する性格が、他のモノ、たとえば洋服とかバッグとかも本来そういう性質を持ちますが、よりその傾向が強いものという感覚があります。

あ、私は、その頃、真珠もなくしてますよ。そういえば。
なんかねー、高く購入したものがどんどん消えていく時期だったんですよね。
(石じゃないけど、ジャン・ジャンセンという画家の絵も売りました。)
後に、それらの高価な宝石の紛失事件は、お金に象徴される、いわゆる全財産を失う、ということの前哨戦でもあったことに、ずいぶん後になって、その頃の自分を振り返って反省するのですが、天は、何の前触もなく私たち人間を突然苦しめたりすることなどなく、必ず、石に代表されるような天の息がかかったものを利用して、その人に分かりやすいように「サイン」をくれているのです。

私は、こういうかつて私の手元にあった石たちの紛失のことを振り返ると、そこにある、人智を越えた大きな「愛」に、頭が下がる思いで、今は感謝の二文字しか浮かびません。そして、過去のその頃の自分を猛省するとともに、そんな風に常に「転ばぬ先の杖」を必ず用意してくれている存在がいる、ということも確信しています。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石のホント or はてな?
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page