カテゴリ
石の意味  の記事のリスト

石の意味~オーウィーブルーオパール~

2018年02月19日 (月) 19 : 46
オーウィーブルーオパール 1_convert_20180219184134

オレゴン州産のブルーオパール。レアストーンです。
この上質なブルーカルセドニーやエンジェライトなどにもよく似たブルーの色合いは、ペルー産のブルーオパールとも違っていて、このオウィーブルーオパールだけに見られる発色です。

石に云われる意味としては、これはH&E社さんのものですが、「認識、表現、意志の力を結合させ、この石を使う人が、明晰さと威信と自信を持って、物事を見て、語り、行動できるようにさせます」「オーウィ―ブルーオパールは、平静で静かな強さの石で、個人の目的達成のベストな手段としての、言葉、行動、あるいは非行動を選択できるようにさせます」「この石はすべての種類のポジティブな魔法のための強力な護符となりえます」ということで、なんとな~くふわふわっとした夢見がちなスピ子のうっとり系プレシャスオパール(笑)…という、もしやのプレシャスオパールにそのようなイメージをお持ちの方の持つ印象以上に、エネルギーを負の状態からプラスの状態へと動かすオパールだと思います。
しかもよくプレシャスオパールに云われることのあるネガティブ感情の増幅、というものが、このオーウィ―ブルーオパールに限ってはありません。サイキックな攻撃やアストラル界の存在やエネルギーの侵入からの保護もするそうで^^鉄壁のブルーオパールじゃないでしょうか(笑)。

オーウィーブルーオパール 2_convert_20180219184203

個人的にこのオーウィーブルーオパールは昔から大好きな石で、うちの石アクセサリでも、たびたび使うことがありました。
(私はこのタイプのエンジェリックブルーが非常に個人的に好きなのでして)

ヘブンの石の意味をそのまま全部転載したいくらいに(笑)素晴らしいエネルギーの石なのですが^^、この石を使って私が今までにお作りしたことのあるカップリングとしては、代表的なものとして「クレア解禁」というのがありまして。

実に人がこのクレア解禁となるに”必要な要素”すべてを網羅するようなところのある石だったんだな~ということを、あらためて感じました。(今頃かと…^^)
クレアがどうこう、以前に、単に「石に癒やされたわ~」「なんか気分がスッキリ~」とうるうるうっとりで、石とのコミュニケーションを終わらせない、「現実的にその持ち主さんを進化させるオパール」と言えると思います。

オーウィーブルーオパール 3_convert_20180219184229

ちなみにクレア能力を助けるこの石のどういうところがそうなのか、というと、上述の「認識、表現、意志の力を結合させ、この石を使う人が、明晰さと威信と自信を持って、物事を見て、語り、行動できるようにさせます」がまさにそれなのです。
これができないと、まず、自分自身の見たもの感じたものを、それが「クレア」なのだという認識が本人にできませんので。

というか、クレア能力はともかく、三次元で生きるにおいても、実に必要な要素ですよね。

「なんとなく瞬時に得られる情報(思考の判断が挟まれない、ほんの短い、「ふと」「なんとなく」の世界です)」を「それが直感ですよ」ということを、このブログでもたびたびお伝えしていますが、私たちはこの「なんとなく」というのは常に受け取っているのですけれど、そこに「確証」ですとか「再現性」ですとか、三次元的確かさという定番の思考のほうが好きですから(それが長年慣れ親しんだ「安心感」だと思っているので)どうにも、自分自身の見たもの感じたものをそのまま信用できないところがありまして。
その、自らへの「信用できなさ」を持ち込んでいる限り、クレアがクレアだとわからない…というか、仮にすでに開けているクレアにさえ気づけないのです。

自分が感じているものを、うまく表現ができない、というもどかしさみたいなものを、常々感じているような方に、今月末お届けの「クレア解禁」はばっちり^^なのではないかしらと思います。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石の意味
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

石の意味~カルサイト(方解石)~

2018年02月17日 (土) 09 : 29
カルサイト2_convert_20180217074525

クォーツ(石英)とともに最もポピュラーな鉱脈鉱物、カルサイト。
大理石はカルサイトの結晶の粒上の集合体で、アラゴナイトとは同質異像の鉱物、ロードクロサイトとは類質同像の鉱物です。
複屈折率が高い石で、カルサイトを通してモノを見ると二重に見えるため「テレビ石」という名称で流通するカルサイトもあります。

カルサイト3_convert_20180217074604

ゴールデンカルサイトも、そういえば、金運石として(笑)昔はよくこの丸玉が流通していましたっけ。今はあんまり売っていませんね、そういえば。
カルサイトは「繁栄、成功、希望」を顕す石だそうなので、まぁ、それも嘘じゃないかしらと思います。
身体と精神、感情のバランスを保ちエネルギー不足を補う力がある、と伝えられているのがカルサイトだそうです。

カルサイト4_convert_20180217074635

無色透明のオプティカルカルサイト。アイランドスパーとも言われます。
カルサイト全体に言えるのですが、周波数が高く、「物事の多次元性」への気付き、そこに”ない”けれど”ある”もの、を捉えていく感性を養う石、そういう点で”変化”を促す石と言えるかな、と思いますね。

カルサイト5_convert_20180217074715

カルサイトは、「ヴジャデ」の石、そう言えると思います。

え? なんですの? ヴジャデって? デジャヴの反対? 造語? なんですが(笑)。
いや、造語かどうかはわからないんですが^^、確かにデジャヴの反対の意味合いで使われている言葉だそうです。

カルサイト6_convert_20180217074750

デジャヴというのは既視感覚と言われ、今まで知らなかった初めて行ったはずの土地や初めて会った人のことを、なんとなく前から知っていると感じられる感覚のことを言いますよね? 

ヴジャデは、今まで何回も何回も経験してきたこと、もう慣れ親しんで「知っている人々」や「知っている場所」や「知っている毎日の仕事」など、一見、同じことの繰り返しをしているような、その中から、「あたらしい視点、今まで気が付かなかったことを発見する」そういう感覚のことを言うそうです。

カルサイト7_convert_20180217074822

デジャブもあれば楽しいですが。
昔、スピブームの頃はどっちかっていうとみなさん、こっち萌えの傾向がありませんでしたかね? なんか「既視感」みたいなのってスピっぽい^^っていうか、自分が観えない世界に触れた感があるにはあるからね。
この神社のエネルギーは知っている!! 過去生でここで生きていたに違いない!! その時代は神官で巫女で…みたいなのって、ちょっと素敵な感じがあるよね(笑)。
デジャヴのほうが、なんかカッコイイ感じもあるし、知らないはずなのに「なんか知ってる」って感じられるほうが特別な感じもあるし。(そこから昂じた特別感覚がツインソウルとかその手合いですよね)

しかしながら、人生に必要な素養って、どちらかというと、ほんとうに私たちに圧倒的に必要なのはヴジャデのほうです(笑)。

カルサイト8_convert_20180217080721

カルサイトって、ウジャデを促しながら、人がワクワク変容するステージを用意してくれる石。
「日常に変化を起こしたい」人の変化のサポートをしてくれるのは、このヴジャデ感覚に磨きをかけてくれる石だから。
ということを感じます。

クォーツとともに最もポピュラーな鉱脈鉱物カルサイト、ということですが。
地球上に多い鉱物(長石類もそうでしたね)は、なんでそうなのか、をそこで生きる私たち人間に教えてくれていると思います。
その”素養”がここでは必要だから(笑)なのです。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石の意味
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

石の意味~タイガーアイアンジャスパー~

2018年02月16日 (金) 15 : 00
タイガーアイアン1

アイアンタイガーアイ、とも呼ばれます。
名前のとおり、タイガーアイ、ヘマタイト、レッドジャスパーの混じったグランドフォーメイション・ストーンです。
このコラボは、地球が生み出した大変絶妙なブレンドで、「さすが地球」とワケもなく天然石を生み出した地球を絶讚したくなるような石。それがタイガーアイアンジャスパーでございます。

タイガーアイアン

なにが大変絶妙なブレンドでどこがさすが地球なのかというと。
この石だけで、1,2,3チャクラを網羅しているのです。活力、生命力の宝庫のような石でございます。
肉体的エネジー活性化の石なので、体力気力がなくて自分はダメだ…的に、体力がないこととか気力がないこととかを不安に感じていたり、そういうのが言い訳になりがちな人に良い石だと思います。
グラウンディングを助け、「自分には無理…」と思っていることが、「実はやればできること」であり、自分にはそれをやる勇気と意欲がなかっただけなのだ、ということに気づかせてくれる石です。

「疲れた~」を連発する日常の中からは、なかなかに「クリエィティビティ」は生まれづらくなります。
この、タイガーアイアンジャスパーは、クリエィティブな仕事をしている人が陥りやすい「スタミナ不足」「気力不足」を助け、持久力を上げますので、疲れてしまって仕事が進まない…という、やる気以前の問題への対処に時間かけているような人にとって、頼もしい助っ人になってくれる石です。
(そういう方はもしかすると、リラクゼーションですとか、そういうことがストレス解消の方法と、ゆったりのんびり方面に(笑)活路を見出そうとしていて、それはそれでゆっくり休めばそれなりに疲れが取れていい感じではあるけれど、気力が湧かないのはなんとなく、そういう毎日忙しいから、休める時間が少ないから、ってだけの問題でもないかも…と思っているかもしれません。そのような方にきっとタイガーアイアンジャスパーは良いと思いますよ)

タイガーアイアン3

ちなみに、私自身も、昔々大昔ですが…実に、「身体の弱い人」でございました。
某O.L時代には、必ず年に数回重症の大風邪を引いて寝込むタイプの軟弱体質でした。それ以降も、何かと疲れが溜まってすぐに風邪を引く、風邪が流行っていて周囲に風邪引いてる人がいると必ず風邪をうつされるという(笑)悲しい体質であることを、「もう自分はそういう身体の弱い抵抗力のない人間なのだ」と諦めておりました。

それが、石の世界に出会い、タイガーアイアンジャスパーもそうですが、こういった、下位チャクラの活性化を助けるジャスパー系の石やオブシディアンなど、グラウンディング系ストーンたちをたくさん身につけるようになってからは、そういった「疲れた~」を連発する軟弱体質から遠く離れた世界を生きるようになりました。
最後に風邪を引いたのはいつだろう…そもそも「寝込む」という状態になったことがこの直近の10年くらいのあいだでは、ないのでは?…という感じです。(腕が腱鞘炎という職業病に侵されたことはありましたが(笑)あれがちょうど十年休み無しでノンストップで続けてきた金属疲労状態みたいな感じでしたが、お陰様でその後腱鞘炎がクセになることもなかったでした)
そして、疲れないから仕事ができる…というより、石たちといっしょにいることで、「仕事は疲れる」という仕事と疲労のリンクが極小になったのが大きかったと思います。

とくに、これも以前の話になりますが、会社員仕事とこの仕事の二足わらじ時代などは、寝る間も惜しんで、ではありませんが、よくあれだけやれたな…と自分でも感心してしまうくらい、365日めいっぱい稼働中…の日々の連続でしたが、基本、こういった身体的能力を助けるタイプのストーンや、グラウンディングストーン、プロテクション系ストーンを欠かすことはありませんでしたので(昔は、常に「黒石マスト」な人間でしたのよ)できたことだったのではないかな、と思います。
身体がなんとか丈夫になったようだから(笑)、今12年目になりますが、予定していた月末新作を一度も穴を開けずに、続けてくることができています。クリエイティブに体力は欠かせないものなのです。

タイガーアイアン4

私たちが何かと言われることのある「グラウンディング」。スピリチュアル方面では、耳タコなくらい^^推奨されています。
ちなみに地球にグラウンディングすることのなにがいいのかというと、余計な電磁波を文字通り「アース」してくれます。
電化製品でも地面に余計な電流を逃してくれるアース線というのがありますでしょ。間違って必要以上の容量の電流が流れてしまう事故があった時に電化製品本体が壊れるのを防ぐためですね。
これと同じ原理で、私たちが「過剰に携えている電磁波」を地球と繋がることによって、アースしてもらえます。
といっても物理的に素足で土の上に立ってアーシング…それを日々できる環境の人は別ですが、なかなかその環境を身近に持てない方も多いのではないでしょうか。
そういう方は、グラウンディングストーンを身近にお持ちになられるのが良いと思います。

きらきらの美しい透明な石もいいけれど。
身体的活力があってこそ、きらきらストーンたちから届けられる恩恵も、具体的に、現実生活において体現していくことができ、実感値が上がっていきます。
見た目は女子ウケからは遠い石ですが(笑)、時には、アイアンタイガーアイのような石が、「まさかの思ってもみなかった自分」に出会わせてくれるかもしれませんよ。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石の意味
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page