カテゴリ
高次ガイダンス  の記事のリスト

12月、街はクリスマス気分

2017年12月10日 (日) 00 : 00


冬のアクアリウムってなんか流行りなんでしょうか?(このツリーのコンセプトがそんな感じ)



ドバイの物乞いの月収が(笑)笑えるくらいお高い現実のこの地球上の世界があるらしい(知ってます? 月収70万円くらいなので年収800万円くらいになるんだそうですよ)。
物乞いが立派な職業として成り立っています。



「お金に善悪はない」という話、願望実現だのなんだのの方面で聞いたことあるかたもいらっしゃるかもしれませんが。
まさにこれを物語っている現実世界の一例ですね。善悪じゃないんだよね。

ちなみにこれは、「ドバイに生まれた方だからの特権」なので(笑)羨ましがってもしょうがない話で。そういうのを運命とか、その人が選んでそこでそれを経験しようとして生まれてきたステージ、ともいえますよね。
同じことを、この日本でやろうとするのは(笑)当然無理があります。
でももしかすると、ナマポと呼ばれるようなものなんかも、ここまでじゃないけれど、それにちかいところがあるのかな。
今はこれ目的で日本にやってくる外国人の人も一定数いるみたいですもんね。
日本は「働かなくても食べていける人がいたって大丈夫な国」という、潜在能力がある国家だから、そんなことになっているんでしょうか。そっちの側面のほうを期待して。

ちなみに私は、「はたらかざるもの食うべからず」とは思っていないですよ。

これはひつくの神様も言ってましたしね。
「はたらかないやつにも食わしてやれよ」と。
私はこれで意識が大きく変わりましたから(笑)。
私には、有効だったようです、この考え方は。
どんな人間にも、生きているだけで、失業はないそうですから。
「そんなことになったら、それこそ、はたらかないやつばかりが世の中に溢れて大変なことになる、というが、やってみい。そんなことにはならないから」とおっしゃられていました。

この「はたらかざるもの食うべからず」は、はたらかなきゃ生きていけない、と人に思わせる、潜在意識にそう刷り込まれていく、ひとつの囚われですね。
私たちは、そういうものすごい集合無意識の世界の中にいるんですよ。

言われたとおりのことができる、指示待ちで動く人。常に間違わずに、迅速に、仕事ができる人。
これが「はたらく」のひとつのスタイルでもありますが。
またそのテの学校教育も、それで国力をつけてきた時代には有効だったのかもしれないですが、今はそんなことないですよね。
それ以外の「はたらく」もあるのです(そしてそっちのほうが、人により、人生のメインテーマであることもあると思います)。

今既存のあるものの範囲の中に自分にできることがないと思っている人でも、そこで型にはまった仕事を見つけようとしなければ、仕事はあります。
というより、みずから創り出せることである、そのことに気づいて、実行していけば、それが仕事になります。
まぁ、好み(笑)ですかね、これも。

それと、「なにもかも自分のちからで」とか「自立」的なことも、そりゃそうできれば自己満足度高い話(笑)ですが。
これも程度問題と、段階あると思いますよ。

親が経済力あってニートが許されるのであれば、それに頼り切っていてもいいんでないでしょうか。
そこに妙な劣等意識持ったりするから、ややこしくなっていたりする人もいるんじゃないでしょうかと感じることもあります。
そういう頼もしい親がいることじたいが、その人のスキルでもあるのです(笑)。
むしろ、有効利用したほうがいいですよね。

日本のオレオレ詐欺の被害総額っていうのも、あんだけ注意しろって宣伝されてるのに、うなぎのぼりなんですよね。
オレオレ詐欺にひっかかっちゃったご年配者さんは、こんなことになるならもっと自分の子供のあれやこれやに使っておけばよかった…自分の好きなことにお金を使えば良かった…そうできたはずなのに…とか、そういう後悔もされるのではないでしょうか。また、そういう方のご子息も、なんでそんなことにお金を無駄にするんだとがっかりしますよね。
そんな感じで将来の安泰のためにとせっせと貯金して、ということも、あるのかもしれないけれど、こういうのもいわば「囚われハズす」高次的愛のムチであることもあると思います。この手の愛のムチを受けないように(笑)するためには、自分が生きていくための恐れが動機のエネルギーをひたすら溜め込むことをしていなければ、必要なことにお金を使うエネルギー循環をしていれば、それが世の中への貢献ともなりますし、まず、こういうがっかりは経験することはないのです。

なのでニートも(笑)今はまだひとりの力で生きられない人も、その家族や、誰かの潜在能力、エネルギーを生み出す能力を引き出す、循環への貢献をしているわけですよ。
たしか、AKBとかにも、そういう子って何人かいましたよね。うちが貧乏だからっていうのが動機で、AKB…これが日本の実体か…と嘆く人もいますけれど。
でも、そういう子たちの凄いところは「うちが貧乏という自分の運命を卑下していない、なんとかしなきゃ」という意識で動いているんだよね。凄いよね。そういう子らにああいう救いの場を作っているという点では、批判も多い^^秋元氏は凄いなと思いました。働かせるだけ働かせて搾取されるゲーノー人アイドルじゃなくて(そういう子も多いから)、ちゃんと成功報酬があるシステムでやっていってるよね。
ただ、AKB的な成功は、誰にでもあるものではないので。必ずしもうちが貧乏な女子が全員AKBになれるわけではありません。
だけど、必ずその人に有効利用させてもらえる(笑)その人なりの運命的なもの、ということがある事例です。

まるの日さんだって、年収300万円の会社員の時代に家のローンが組めたのも、親が頭金払ってくれたから(笑)という事実があるじゃないですか。あのお金の本を読んだ方は、「なんだ、別に当たり前の話じゃん。そういう安定した公務員一筋にやってきた親がいるんだから」と思われたかたもいらっしゃったかもしれません。私も過去に不動産屋にいましたから、これって別にヘミシンクやってての奇跡でもなくてごく当たり前の話じゃね? って思いましたけれど、よく考えてみるとね、こういうのもね、なにがなんでも自分のちからで自立、みたいなこと考えていると、視野にはいらないのよ。人はね、「自分が起こせる奇跡」が視野に入っていないでくすぶっている人が多いのです。

私のね~ちゃんなんかもね。
「自分にあるもの」って才能、能力、ってなんだろう、ってことを、昔、相当真剣に考えたそうですよ。
で、気がついたそうなんだけど。
「うちは親は金は持っていない。そこはひとつも期待しても与えられてこなかった。だけど、唯一、自分には親から遺伝的に与えてもらったことがある。それは、難しい勉強ができるアタマの良さだ」
それまではその難しい勉強ができる頭の良さが自分にはあるのかもしれないという可能性を、考えていなかったそうなのです。
これってものすごく単純というか、凄い話なんですが、父親は確かにそのテの頭の良い人であることはわかっていたのですが、「その血を引いてるんだから自分もそうだ」と(笑)確信できてしまうところに、びっくりしたんですけれどね。
で、そのテの頭の良さがあるのに職業にまったく活かしてこなかったと言える、父の二の舞いはダメだ、と思ったそうです。
しかし本人がそこに気がついてからは、自分で日夜猛勉強して、難関らしい国家試験に合格して、今の仕事で自立しています。

難しい勉強が多少できる頭の良さなら(笑)私も大昔は持っていなかったこともなかったですけれど、私はそれを自分の仕事に役立てようという好みはありませんでしたから、そんなことが能力と言えるのか? とその当時は思っていたけれど、人によってはそこから展開していける世界も用意されている、ということなんですね。
それぞれ、違うのよ。そして、「特殊」「トクベツ」である必要がないのです。
本人が、それをスキル、実力、と、「無理なく思える」「素直に思える」こと、それが、潜在能力なの。そんなことだったら誰でもできる平凡なことって本人が思おうとね。そして、それを活かしていくことが高次が用意しているその人の道です。
すべて活かせるのよ。劣等感もどん底も無駄な経験などないの。恵まれていること当たり前なことだけに目を向けていると、そうじゃない部分のほうにばかり意識がいって、なかなか気づけないんだけど。
与えられていること、もう持っていることに「気づくだけ」と、スピ方面でもよくこの言い方されますが。
これです。
そういうものが、本人にとっては奇跡みたいなことを生み出す、トリガーとなっていくのです。





この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

石依存

2017年12月07日 (木) 00 : 00
これは、私がお客様に宛てたメールの一文の抜粋です。

お客様は、お金がないのに、どうしてもうちの石アクセサリが欲しくなって買ってしまう…欲しいから買っているのに、好きなものにお金を使ってしまうことへの罪悪感、お金がなくなっていくことへの恐れ、葛藤だらけで、それでも欲しいから、と買ってくださっていらっしゃったようですが。

「自分は、石に依存しているのではないだろうか」と考えてもいたようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「使ってるから入ってくる」というのは実際そうですが、それが顕著なのは、自営業者など、自分采配で仕事をしている人間の特徴とも言えますので。こういう仕事の人間が、仕事に投資しなくなったら終わり(笑)です。
一生金はかかるが、金には困らない。
そういう有り難い循環となることが自営業者の成功なので。

一般の方は金色財布は(笑)きっとやめたほうがいい、その最大公約数のほうに入る方にはおそらく「計画的にお金を使う」スタイルが、もっとも宜しいのではないのかな、その計画的のところで、けちったり妥協したりしないことがいいんじゃないのかな、という気がします。

たとえば、うちの石アクセサリなら、年間いくらまで。一度にいくらまで、といううっすらラインを決めて、仮に、予算がそれほど出ていかなくて、ちょっと今は予算が残っている溜まっているな、という余裕のある時に、ちょっと贅沢して思い切ってみる、というような。これはけっこういいかもしれません。

…って(笑)とうとう人様のお金の使い方に口を出していますが^^。
すみません、お客様に対して。
そもそも来年もまだ買ってもらおうと(笑)いう前提の根性が凄いですね。

いや、これはうちの石アクセに対してだけではなくて、たぶん、お金の出入りをそういうふうに「眺める」のも循環を感じるひとつの方法ではあると思います。

お金は「自分の!!」って捕まえておきたいのがわれわれで、たしかにね、払う時に気持ちよ~く気持ちよ~く、なんて(笑)言えるばっかりじゃないです。

とくに汗水涙流して働いて得られた給料の場合、どうしてもそんな感じになってしまいますよね。
私も勤め人の頃はどれだけ稼いでも、出ていく時には、なんか「うちほんと金残らんな」と悲しかったですから。

これは「稼ぐのは苦しいのに出ていくのは一瞬」というのがありましたから、そういう点で私は、過去にはお金があまり好きじゃなかったし、みなさんが苦労して働いて得たお金をいただくことも苦手でした。

というか、そこで、自分が嫌いなのは「苦労して得られるお金」なのだ、と気づきました。
今はなので私は「苦労してお金を得る」ことをやめています。

○○様にも、このイシキはお薦めしますよ。
お金を苦労の賜物にしてしまうと、ほんとうにお金がそういう苦しい存在になってしまい、お金に振り回される人生になってしまいますので。

ちなみに、勤め人でも、高給取りになってくると、それだけお金は出ていきます。
不思議なもので、そういうものでもあります。金銭感覚もいっしょに拡大するので^^そうなっちゃうのです。それはそれで、楽しいですよ。
それでは、○○様の2018年のご飛躍をお祈りしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


お金がないのに苦しいのに、うちの石アクセサリをどうしても欲しくなってしまう…買ってしまう…ことの苦しみを、

「私は、石依存なのでしょうか」

とうったえてこられた方でしたので、何度かのメールのやり取りで、私が気づいたことをお伝えしています。

この「石依存?」の質問、他のかたにもいただくことがありましたので(笑)ちょっと解説しますが。

自分の可処分所得を超えている、また「入ってくる予定」以上の金額のものを欲しがる方が、こうおっしゃられるケース(というより、そういう傾向のある方からしか、この質問を受けていません)が多いのですが。

そりゃ、もう、考えただけで、自明ではないでしょうか。

買えないのに無理をして買ってしまう、そういう状態は、石依存というよりも。
「自分のキャパを超えたものにどうしても目が向いてしまう人。」
であります。

売っている方から見ると、「いや…その程度では正直、石依存は名乗れないよ(笑)」というレベルです。
自分の欲しい石をもっともっとがんがん買っている方もいらっしゃいます。
真性石ヲタの欲望は凄いのです(笑)。
だいたい、石が好きな人々は、そういう傾向です。
なにがなんでも買います(笑)。
石貧乏という言葉がありますが(笑)それを押しても買ってしまう…そのくらいどうしても石が好きだから、そのためにお金使うのが「幸福」になっている人がそれをします。
この石貧乏も、石に使っちゃうから他に使えないわ~程度の話です。
だから、石よりも他に使いたいものがあるのに、わざわざ石を優先して買っている…というなら、それは意味ないし「なんでそんなことしてるの?」という話になりますから、石買うのやめて本当に欲しいものを買うべきです。
食べられるわけでもない、何か直接に貴方さまの生活を便利にする機能があるわけでもない、いわば嗜好品のジャンルですから、そういうものにお金を使える心の贅沢を知っているのが、石好き人間です。

そこまでではないんだけどな、というレベルで、「私は石依存」という便利な言い訳作らないで欲しい、というのが^^どちらかというと、本音です。

スピ分野でもこの手の「依存」だなんだ~なことを言う人も多いですからね(笑)。
スピリチュアルセミナー依存とか、リーディング依存、ヒーリング依存とか? 
石を、それらといっしょにしないでいただきたいです。

なんか、石を持つことじたい、それ系とひとくくりにされて、悪者あつかいされる、そういうのあるよね。
スピセミナーやリーディング、ヒーリングなんかは、そりゃ、人の依存を生みやすいとは思いますよ。
へたすると、自分の頭でものを考えられない、うまくいく方法を教えてもらわないと自分のことが決められない、できない、そういう「教えてちゃん」な人を生み出してしまう危険性とは表裏一体なところがあると思います。
(生み出してしまうというより、もともとがそういう傾向がある人の「居場所」をつくるという点で。でもね、人生のいっとき、何かに依存しようが、それでその人が「なんとかしのげる」のであれば、私は依存でもかまわないと思うよ。一生はどのみち無理なんだから(笑)。あまりに自立自立としっかりしろと高次と繋がれと(笑)人を急かしても無理なのよね。ゆっくり迂回して進んでいきたい人もいるから)

でもこれも、表裏一体、というだけですよ。積極的にそれを活用するぶんには依存ではないです。「むしろ便利な世の中になったなぁ、ここをはしょれる時代なんだな~」と言える「恩恵」の側面があります。
スピセミナーやリーディングやっている人も、自分がたいしたことないうちから、「人に依存をさせてはいけない」とやっきになる方もいらっしゃいますが、ご自身がやばいくらいにひっぱりだこレベルになってから(笑)、それを心配したほうがいいです。
(たいてい、そういうことを心配する心優しい提供者側である方は、まだそうなっていないうちから、相手を思う意識のつもりでそれを言っていますが、面倒なことに関わりたくない自衛の気持ちもあると思います。)

でもね、石には、それ^^そもそも、最初から、無理よ。
最初から、彼らは、私たちを、「依存させません」。
というより、石に力を発揮して欲しいなら、あなたが石に依存しないほうが、石は力を発揮します。

だから、依存心が強い人が持っていると、石って、割れたり、色あせたり、消耗、劣化が激しいでしょ。
人間と同じで、人に依存され続けると、消耗しちゃうエネルギー吸い取られる人もいますが、石だってそうですよ。

「これを持っていればスイスイ」ともくろんで黙って座っているとしたら、石もやっぱりあなたと同じように黙って座っているだけ。持っただけで何もしようとしない、自分は変わらないままでいようとしているのであれば、その期待にはこたえてはくれません。
私はいつもこれは、ブログで表明しています。

信頼する、共に行く、助言をくれるパートナーですから。

だから、私は「石依存」人間だけど(笑)、石が何もかも面倒を見てくれる存在ではないことも知っています。
そして、相手が、何もかも面倒を見てくれる存在だから好きなわけではありません。

みずから「見出していく」みずからの人生を自分で決めて歩いて行く、その燦然と輝く孤高の道をサポートをしてくれる存在、つまり、高次ガイドと(笑)同じですから。

自分から助言を求め、対話をし、気づいていく。
「内側の自分」との出会いの機会をつくってくれる、そことの通りをよくしてくれる、高次からの私たちへの贈り物。

それがわからず、「石なんかに頼っちゃって」みたいなネガティブ意識も、潜在的に各方面から無意識に植え込まれているこの世です。

だからね、これはお客様がおっしゃっておられたことなんですが、「自分の好きなものにお金を使うことへの罪悪感」とごっちゃになっていたことに気がついた、って話なんですけれど、ここに気づければ、「これ持ってるだけでなんかうまくいくらしい」という欲ボケ依存で買いたいのか、好きだから買いたいのかの違いは、自分でわかると思うんですよね。

私から見ると、自分のキャパ以上のセレクトをするこういう方々は、「お金が無関係でそれを度外視できるなら本当は欲しいものに正直に行動している」とも言えますが、しかし目の前の現実では、自分にその実力がないので、こういう「不安」が出て来ます。

この傾向は、良し悪しで、それが自信喪失に繋がることもあれば、先のモチベーションにも繋がる、チャンス到来でもあります。
物事には、なんでも両面あります。

しかし、「少しだけ背伸びをする」ことで、それが、現実と釣り合ってくる…ということも事実なので、なにがなんでも自分の身の丈はこんな程度、と自分を枠にはめてしまう必要もなく。
このさじ加減はとても難しいですよね。

その時に、自問してください。「自分はいったいどうしたいのか、どうなりたいのか。」
今の自分のままで、欲しいものが好きなだけ手に入る、そんな都合のいい人間になりたいだけなのか。
でもそうではないから、そうなっていない、これが自明ですよね?

じゃあ、どうなれば、そうなれるのかな? というところ。
これが、自分の潜在能力を掘り起こしていく、自分を発見し、行動へと移していく、成長できる、自分からエネルギーを生み出せる源泉へと繋がっていきます。(こちらがこの状態になっていないと、高次からは^^手も足も出せませんので、現実にサポートのしようがありません)

このお客様は、
いよいよ、これを「モチベーション」と認識され、実際に、石の助けを借りて、現実行動へと思考が切り替わっていかれている段階で、そして、その現実がすでにはじまっておられる様子です。
いやほんと、「石が仕事してる~♪」の感じ、満載で。
「あんなふうなこと言ってた人が、こんなふうに言えるようになったんだ…」
っていう変化の過程を、こちらから見ていて思うのは、やっぱり「石が仕事している」からで、そのかたの背伸びセレクトが間違っていなかったから、とも言えるのです。


私から見ると、自分の可処分所得以上、今現在の実力以上のものを欲しがる人って、

「そのスペックが潜在能力としてあるから」そうなっている人…に感じられます。
自分が欲しいものを得られる、それだけ余裕で稼げる能力そのものは、その人の中に、必ず眠っている人です。
そうでなければ、最初から、自分の今現在の実力以上のものが欲しい、とは思っても、実際に手に入れようとは、人間は思わないです。

その一見「無理」をどう現実に活かすか。それだけの話です。
自分の成長への起爆剤にするのか、「私は自分の欲しいものが手に入れられない人、その実力のない人」と拗ねてそこでとどまってしまうのか。
その、どちらを選ぶのも、ご本人次第なのです。


「Belief your mind」ブレスレット





「Belief your mind」ネックレス





この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ポジティブな魔法

2017年11月14日 (火) 00 : 00


昨日、「本とかテキストとか教材風味に体系立ててまとめてみる」とか(笑)また思いつきを言ってるよ~の世界をご披露したあとに(ちなみに私の人生、この仕事を始めてからはずっとこれがベースです。「思いつき人生」これだけなのです、正直)、「でもそんなこと本当にあたしにできるのかしら」と、ぼんやり、H&Eのオーラライト23のディレクトリカードの文章を読んでいたら、ある一文に電球マークが灯り(笑)ちょっと先月のオーラライト23製品を作り変えてみたお品。私物です。内寸サイズちいさいですし。

このガブロのビーズは、だいぶ以前に御徒町の石屋さんで購入したもの。
「これってミスティックメルリナイトだよね???」と「名無し石ビーズ」として売っていたものを目ざとく見つけたものです。
まだ少しストック残っているので、今残っている先月の「For Myself」カップリングから、一部オーラライト23とのカップリングに変更しちゃおうかな、とも^^思っています。
現状のままが良い方がもしいらっしゃれば、今のうちにご検討ください。(「For Myself」ブレスレット「For Myself」ネックレス



ある一文とは、
「オーラライト23はミスティックメルリナイトとワークすることで、ポジティブな魔法を起こす能力を拡大することができるでしょう」です(笑)。

これだ!! と(笑)思いました。

私は今までの社会人経験で、たとえば、「資料づくり」とか「パンフ」的なものも、もうすでにできあがっているフォーマットに合わせて変更していく程度の仕事しかしたことありません(ここがしがない大企業腰掛けO.Lの痛いところ。大手勤めは潰しがきかないと言われるのは、こういうところでもあるのよ)。
いちからそれを自分で作成する、そういうクリエイトの経験はないのです。
だから、私にとってはそれは、もしそれが自分にできてしまったら「魔法、奇跡」レベルの話なのです(笑)。

このブレス完成直後に、なんかそれでもできそうな(笑)気分になってきました^^(石にのせられやすい性格)。



うちのガイドいわく、

「ポジティブな魔法を起こせることを信じた者勝ちなの。」

だそうです。

はい、それは私もそう思っています。ただいつもいつも、そう思えるわけでもない。

「人が言ってることでもいいのよ。なにがなんでも自分のアイディアでなくちゃ! っていうことでもない。そのへん柔軟にね。いつもいつもそう思えるわけではないのは、なんでもできるスーパーマンじゃないからよ。そこを認めればスムーズ。」

自分にできることできそうなことの範囲で、起こせる魔法の範囲とか数というのは、拡大していくものなのでは? ということが、私が長年経験上感じ続けてきていることなんだけど、それを聞いてみたら、

「そのとおり。あなたがよく使う、電球マーク、一瞬のね。それが灯る時、それを見逃さないこと。それは一瞬だから、次の瞬間にはもう違うこと考えていたりする。だから、電球マークにはすぐにとりかかること。まぁ、だいたいあなたはそうやってきているね」

へい、まぁ。石に関してだけは(笑)そのへん迷いはないですから。
この辺も、思いつき人生とともに、まぁ、ずっとそうなので。



で、うちのガイドは本当にくどいくらいに、この「直感」については、ブログでみなさんにお伝えしたほうがいい、ということでしたので、記事にしました。

まぁ、直感が、向こうにしてみると、電話回線でありインターホンのようなものなので。

そりゃ、用があって玄関開けて欲しい、電話に出て欲しいから(笑)そうでしょうなぁ。と思います。
みなさんも、ガイドの気持ちを汲みましょうね(笑)。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  高次ガイダンス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page