カテゴリ
インスピstone  の記事のリスト

ディスロケーションクォーツ(ブルーエンジェルラダークォーツ)

2016年08月11日 (木) 11 : 13




近年出回るようになってきているこの水晶、他所でも見たことおありかもしれませんが。
ディスロケーションクォーツ。
ブルーエンジェルラダークォーツという名称のほうがポピュラーかも。

ぱっと見は、どうということのない普通の水晶。
それが、強い光を当てるとこのように、ブルーの内包物が浮かび上がります。
天使の羽に見えたり、聖書の中にある「ヤコブの梯子」ならぬ、梯子状のものだったり。
そこから、ブルーエンジェルラダークォーツと呼ばれているらしく。




「透明な水晶の内部に見えないけれど存在する真実、その真実に光を当てると、天と地をつなぐ青白い光の道”薄明光線(エンジェルラダー)”が浮かび上がる非常に特殊な水晶です。
結晶に隠れている、羽根、霧雨、矢印、蜘蛛の糸、くさび等の幾何学模様は成長の際に起きた線状の原子配列のズレ「転位(Dislocation)」により生じます。
相反する事象を理解し知識として蓄える能力を養い、経験や自問自答の積み重ねから真理に出会う過程に糸口、ひらめき、希望を与え、目の前の霧が晴れるその日まで慈悲と智慧のエネルギーで包み、上昇への過程を深く暖かく守護する水晶です。」

…というのが、卸元のご説明。




実はこの「薄明光線」の感じが、ちょうど、ヘミシンクの時に知覚する、ガイドさんの姿、なんらかのシンボル、の感じに近いような。このぼんやりと浮かび上がる感じ、似てますね~。
変性意識がもっと進んだ状態だと、もっと鮮明に見えることもあるのですが(ただその場合、ほとんど「寝落ち」一歩手前であることが多い。だから受け取っている情報も断片でしか記憶していないことが多いのでして。)、通常だとこの手の薄ぼんやり感の光の乱舞という感じですね、私の場合。

強い光を当てると、そこにある、見えてくるもの。
三次元世界では、普段は、眼視できないもの。
でも、こうして「ある」「存在する」という、事実。

いっつも言っていて^^耳タコかもしれませんが。
石の世界から私たちの前に顕れるニューフェイスたちは、常に完璧なタイミングで出現してきますよね。
「もうそろそろ、”ある”って認めようよ」っぽい^^かな。私たちがこの世だけで単独で存在しているわけではないことを。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  インスピstone
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

繋がりに気づく

2016年01月15日 (金) 19 : 29

昨年の12月から今年初めにかけて、リーディング的なことを人にお願いすることをたくさんしていて。

アランジェラさんに自分が希望していることを伝えてのリーディング、ななこさんに母のリーディング、まるの日圭さんにトータルセルフ(ハイアーセルフ)リーディング、prayerのみふねさんにうちのワンコとのコンタクト。

今までは、こういうことを他人の方にお願いするという過程はピンときていなかった自分でしたが。
なぜなら、昔からそうなのですが、いわゆる占いに類する分野も結局同じことなのだけど、なんらかの高次メッセージを受け取っても、自分がソレをどうするか? のほうが先行きを決めることになるわけなので。
なので、こういうものは聞いても聞かなくても、ある程度は、自分で方向性決めていることに関して、というのを、私はお薦めしますね。まぁ、だからこそ^^突拍子もないリーディング内容という結果にもならないから、そこに面白味がない場合も^^あるわけなのですが。やっぱりそうか…が喜べる場合もあれば、ちょっとがっかり^^にもなるわけなんですよ。
(こういうのって、もともと「迷いやすい」方だったりすると^^、聞かされて尚、より迷う、みたいな迷路に入っていく方もいらっしゃるのかもしれませんね。まぁ、それも大事な経験ですよね)



20代くらいの頃は、自分の好きなことをしていない日々をえんえんと送り続けていた時期で、そうです、ありがちな「私はこのままでいいんだろうか」的な^^とっても贅沢な悩みを抱えた日々を送っていましたからね、非常に「占い好きOL」でした^^。
けっこう、今思うと、色々な占い師さんのところに行っていたような気がしますね。
(その中でずっと憶えているくらいに印象的というか、忘れていなかった存在が、例の「マツモト先生」だったわけです)

しかし、そういう頃はどのような占いメッセージをもらっても、あんまりピンときていなかったというか。
それはたぶん、「聞いても、実は、行動を起こす気がなかった」ということもありますし、それから、今ひとつそれが「どこからどう繋がって、そうなっているのか」が釈然としなかった…というのもあったと思いますね。

なので、「ソレをどうするか?」の、展開の仕方がわからなかった、わからないし、展開の仕方をそもそも知ろうとも思っていなかった…つまり、それほど自分事として^^捉える気もなかったような気がします。
ある意味ですね…まぁ、すごく結果を急ぐというか、過程、プロセス、というものが好きじゃない^^、即、現実になっていくムシの良さそうな世界を夢見ていたと思いますね。
(私のこういう傾向は^^今尚、完璧に性格改善された、というわけではありません。今でも、スピーディーに現実化していくことのほうを志向している自分はいますし、それが悪い、いけない、とは思ってはおりません。なにがなんでも地道じゃないと、ゆっくりと階段を登ろうよ、っていうことでもないと思います。ですが、結果的にそうなることが、そもそも本人にとって無理がなく、いちばん最短だからそうなる…という世界を、信じられるか、ゆだねられるか? だけだったりするんですよね。マインド(表面的な自我)の欲求優先にしていると、これがなかなかできなくて、むしろそれが原因で「遅延」していたりするんです^^)



その後、紆余曲折、決して、順風満帆でしたよというわけでもなかった30代へと繋がっていき。
ようやく…少しだけ、すべてに「繋がり」があることに気づけてきたのは、はい、そうですよ、天然石に出会ってからです^^。
ひとつも…無駄がない世界。
自分が経験してきたことはそういうことだったのか…の世界。いわゆる、必然の世界。因果応報でもある世界。
自分の巻いた種が自分の世界を創っている…それが嘘じゃなかった世界。

今もその必然の世界の中にいるわけですよね。
私だけがそうなのではなくて、ここ読んでくださっているみなさま、全員そうですよ。

折々に受け取るメッセージ、すべてがメッセージであることに気がついた時のオドロキ。(必ずしもそれはわかりやすいとは言えませんが。しかし、「万象」がソレ、とも言えるわけです…)

ところが、そのすべてを受け取れているか、そして、受け入れて、自分が変容できてきたのか? と言えば、そんなことはなくて。
そのたびに「まだこういうのがあったのか…」と、ちょっと自分にがっかりすることも、あったりします。



上記の、4者の方にお願いしたリーディングのうち、自分に関わることは、アランジェラさんとまるの日さんのものなんですけれど、どちらも、いわゆる人間目線から見た「悪い」「下降線」な内容ではなく、むしろ、先行きがGoodというか^^いわば安泰を彷彿とさせる内容です。感謝しろよ喜べよごるぁ、な^^内容だったわけなんです。

ですが、少し前のブログ記事にも書いているんですけれど、あんまりそれほど喜々としていなかったでしょ?^^私。
実際、嬉々とはしていなかったんです。
人間というのは…どれだけ気づきを重ねてきたつもりでいても、その時点での喜びの中から目をそらして、未知の方へばかり興味が行ってしまう^^つまり、どうにも「今を生きる」を実践するのが困難というか、自分でそれを困難にしているところがありますね。

こういう時は、「繋がり」の意味が、ぼやけている…自分ひとりで生きてるわけじゃないよ、っていう部分に関して、感性が鈍っている状態の時なんだろうな…ということが、この、昨年12月から今月にかけての、4者リーディング経験をしてみてわかったことですね。



なので、お写真のこういったカップリングは、今月のお品としてもご用意させていただいているのですが、今までにもこういう風味の見た目のカップリングなら作ってきてはいるかもしれないのですけれど、そういう「気づく必要のある繋がり」に気づける自分自身をヘルプしてもらうためのカップリングとしても、仕事をしてくれています。(昨日の記事の、prayerみふねさんにしていただいたうちの仔コンタクトなどでも、すご~くイメージしやすくて。大事な記憶、繋がり、そういうことだったのか、っていうのがどんどん出てくる感じ)

あ、そうそう、そういうリーディングをお仕事にされているような方にも、これらお薦めだと思いますよ。
イメージからくる繋がりの解読力に寄与しますね。
あと、イメージ力、クレアボヤンス能力が、上がるので。意図があるクレアであれば、よりその明晰性の精度アップとなる材料を拾えるのではないかなと思われます。
見逃していたイメージや経験、そこからの繋がり、記憶、そういったものをつなげるのが、流れるような感じでスムーズ。
(実は天然石の世界…見た目には「ぼやけた」この手合いほど、実は、見えていない世界の明晰性を促す傾向にあります。早い話、なんかぱっとしない^^とも言える、ふんわり系のパジャマみたいなカップリングほど、見せてくれるのよ)

そういうお仕事でなくても、たとえば、リーディングメッセージを受け取るクライアント側としての立場でも、言われたことに対する本人の解読能力は^^やっぱり必要ですよ。
それがないと、言葉の上っ面、イメージの上っ面だけなぞる、単に「耳障りのいい」自分好みの言葉だけしか選ぼうとしなくなるし、肝心のことに気がつけなくなるような気がします。
何よりも、自分について詳しいのは、結局は、やはり自分というか…なにを見ても聞いても、答えを導き出してくるのは、ひとりひとり、本人です。
どこまでも「本人しだい」…です。

メッセージというのは、やっぱりあくまでもメッセージで。
ちゃんと伝わってこそ、そしてそれを活かせて行動できてこそ、メッセージ送る側も「送りがいのあるやっちゃ」ってことで^^、よりスムーズな流れにもっと気づけるようにサポートをしてくれたりもする…ように感じます。
(これは何も高次ガイドだけではなく^^。人間同士でも^^同じことなんですね。むしろですね、いわば「人間関係改善」的な要素によく言われるような感じの、これらのカップリングのエナジーなのですが。繋がってるから^^。高次ガイダンスとの繋がりがちゃんとできてくると、現実世界の人間同士とのあれこれも、けっこううまいことできてくると思います)




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  インスピstone
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

Body目当て、シュンガイト

2014年03月08日 (土) 01 : 09
シュンガイトそのものが、ビンゴ! な石であること、そもそもそんなに過大評価してなかった自分なんですが、ほんと今さら過ぎるかもしれないんだけど・・・・・・・・
すごい石です、シュンガイト。


先月末の新作をお出しさせていただいて、お客様とのやりとりの中で、自分がそう再認識したばかりだったことを、言葉で文章化していて気が付かせてもらって・・・。
この大事な「再発見」をこのままにしてはいけないわ、みたいな気持ちになっていて。
なので先に記事にあげちゃいます^^。


実は、「お疲れになっちゃっているブレス、どうやって復活させたらいいんでしょう」ってご質問をいただいて。
ふつうはここで「常識的には」ですね「水晶クラスターにのせる」「セージを炊く」「お香炊く」「流水で洗う」「塩埋め」「土埋め」とかまぁ、世間一般で言われているような浄化法を当たり障りなくお答えしておくものなのかもしれないんですけれど、自分はなにを考えていたのか、出てきた答えが、以下なんです。
・・・ちょっとメール文なので、口語体というのかあれですが、そのまま、自分のお客様に宛てた返信を以下コピペさせていただきます。


(以下、メール引用)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オブシディアンとか復活再生の石の上に少し置いておいてみるとか? などがいいかも
しれません。あとはセドナの石もいいと思います。
そうそう、そういう意味ではシュンガイトもいいですよ、たぶん。
最近、新発見^^したんですよ、シュンガイト。めっちゃすごいと。
たくさん石ありすぎて^^見逃していたというか。

黒系、茶系などの石は、そういう意味では、もうあなたお疲れでだめになっちゃった? な石って、私に限ってはまだ見たことないですね~。
ほぼ無限大の力を^^感じますね。


シュンガイトと、スギライトとモリオンが、すっごいカップリングだったんですよ!!
これは次回やるつもり^^。
実は私は月末に向かうストレスなのか、昨年もそうでしたがたびたび必ず口内炎ができてくるんですが、2月もやっぱりできちゃって。
12月、1月はできなかったんですけど~^^。


あんまり感じないようにしているんだけど、やっぱりどこかで不安というか、毎月それなりに緊張してはいるんですよ、たぶん。
「いっこもだれにも買ってもらえなくて当然でもあるんだよな」っていう気持ちがあるし、昨今は、やはり出品してもそんなにそんなにすぐに動いてくれる感触はありませんので^^出品当日も、このままだと今月はまずい・・・だとか、まぁ、とにかくいつも心臓にはあんまり良くないかも^^状態でもあり、結果的には、わらわらお申込みしてくださる方が出現してくれて「助かった~・・・」とはなるんですけど、その落差がしんどいですよね。


で、出品の前日に口内炎がとてもいたぁい状態になってたんで、これ一日で治らないだろうか・・・って思って。
ふと、シュンガイトを思い出し。
で、なんか今までそれほどビンゴ!! なカップリングの他の石を見つけた感触がない石でもあったんですが、スギライトだ!!! って気が付いて。あんど、スギライトといえばモリオン。
したら・・・もくろみどおり、寝る前に身に着けて、よく朝には完璧に治ってました。
こういう炎症というか、ただ腫れてるとか程度じゃなくて、口内炎って切り傷みたいなものなので、かなり痛い状態にまでなると、まずふつうは一日では治らないんです。


それが完璧に♪
いままでいろいろ痛い系対策の石には^^なにかとトライしたことあるけど、口内炎が一日で治る、なんて都合のいいものはさすがにないんじゃないかな、って考えたこともなかったんです。
仮にいろいろ考案して、なんの石でも治らなかったら、それはそれでなんとなくショックじゃないですか^^。
逆にここまで効いてしまうと・・・え~ふだんはどうすればいいの? このカップリング、って気もしますが。
状態のいい時には、たぶんぜんぜん身に着ける必要ないカップリングかもしれません。


あ、このまま、ブログのひと記事にできそうな^^内容を書いていますね。
拝借させていただきます♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(引用、以上)


メール文中にございますように・・・2014年になっても、私の口内炎癖は完治はしておらずでして、今年初で2月月末に向かってできてきちゃって、あ~~~~、ではあったんです。
まぁ、ストレスとひとことで言っても、そのストレスがバネになっての喜びという部分があることもわかっておりますし、「みんなそんなふうにストレスめいっぱいな社会で生きているんだから・・・それに比べればオマエのストレスなんて、大袈裟に騒ぐほどのもんでもないだろうが。ましてや、ブログで公表するか、おい。」と思われる向きもいらっしゃるかもしれなくて、本当、お目障りな記事でまいどまいど申し訳ないです!!


まぁ、そんなふうな口内炎体質はもう10年20年単位で継続している「持病」みたいな感じではあるんです。わりとできやすいかな? という感じ。
でも、ふと気づくと「ずいぶん長いことできなかったな~、久しぶりだ~」であることも、けっこうありまして。
今回の2月のが、その久々だったんですよね。


でね、「あ、口内炎ができてきた~」状態の初期段階で、私は放置しちゃうというか、もうなるがままに痛い状態のピークへと突入していくさまをいつも受け入れて^^いるわけなんですが、今回はね、ふと「これ一日で治したい」って。
以前、「光の薬」でもたしか一晩寝て治ってた!! みたいなこと、あったんですけど、ああいう小技をやることに意識がいかなくて、「石ブレスで治したい、一晩で」となったわけです。


で、「そうだ、シュンガイト!!」って閃いたというのか。
シュンガイトなら、カップリングはいらないかもな・・・って最初は思いましたが、続けて、スギライト、モリオン・・・がもう自然にぐるぐると。
出品前日、時間はあんまりなかったんだけど、即効インスピレーションが来ているうちに、制作して。


そういう意味での「明日には治っちゃってる相乗効果」のあるカップリングなんて、実は考えたこともなかったんです。
なぜ考えなかったのかというと、メール文にもありますけれど、「なんの石でも治らなかったら、それはそれでなんとなくショック」っていう脱力感を味わいたくない・・・というのがあって。
個人的立場としては、「やっぱり、石にも、無理な現実」という創造を^^避けたいわけですよ☆


ところが、次の日、つまり出品日ですが、そのシュンガイトカップリングブレスして寝て起きたら、大きなクレーターみたいになってた口内炎があとかたもなく消えた現実というのを経験して・・・。
「この石、すごくね?」と。
そして、この石のそういった、レスキュー面、治癒面を思いっきり引き出す、スギライト、モリオン、なのか、スギライト、モリオンのがっつり守り保護し修復する面を加速させ、パワーアップさせるのが、シュンガイトなのか。
どっちがどっちか、という見事な共同作業。
「こういうことができる石だったんだ~」って、目から鱗でした。


あれですね~、いまだに私は、「目に見えて改善される身体的物質的な現実」みたいなものが、比重が大きい物質的現実をうろうろしている人間であることは、もうじゅうぶん承知の上で、敢えて、「Body目当て」でいけばいいじゃん☆ って思いました。
(「カラダ目当て」って・・・時代がかった、こりゃもう今や「死語」なんでしょうかね。いまでもあるんでしょうかね? そういったイケナイ風味の男女づきあいのような世界は☆ 世間知らずなので、昨今の男女の風潮とかをよく知らないんで。)
もうタイトルまで^^決まってるんです、「Body目当て」。


こういうノリノリの時の行動が素早過ぎる自分は、出品にかかわる仕事もやまほどの時間のない月末月初ながらにですね・・・どっさりシュンガイト仕入れたりして。
今もね、シュンガイトのカップリング、いろいろトライしていこうと思って、もう別のタイプに着手して身に着けてるんですよ。
あらためて、けっこう「強い」石なので、石酔いは私はしていないけれど、最初は「ころっと寝かされちゃう」ところがあります。
まぁ、今はようやく先月月末新作の発送をほぼ完了した状態で、ほっとしているところでもあるので、そのせいもあると思われますけれど。
たぶん「車の運転系」は初日はやめたほうが絶対いい、っていう感じかもしれないですね~。目が回る人も、もしかしたらいらっしゃるかも。


波動的には、そういう異質さがあるのが特徴でもあったので、今まで多用はしてこなかった自分なんですが、この石は、そう、メール文にもある「オブシディアン」ともイケルし^^、黒いからってグラウンディングってだけじゃなくて、「上のチャクラにくる~」みたいな石ヒーラーさんたちが多いのがうなづける、ちょっと守備範囲の特定できない謎石でもあったわけなんですが、「ちゃんとハマればものすごく話が早い」のは、隕石系の性格、テクタイト系っぽさもあったりで。
そんなわけで、テクタイトなどとも^^合わせてみようかと計画しております♪ (どうなるんだろう・・・・(汗))


なんか子供の頃を思い出す・・・というか、この場合の「子供」っていうのは^^、自分の場合は、どっきどきで、石の試運転にわくわくお試しする状況(それもありえないことになればなるほど^^大興奮)のことで^^、まぁ、なんでしょうか、「こういう現実も、私が創造している」っていうこと、なんでしょうか? 究極的には。。。


それでもいいさ、「Body目当て」ですよ。
Bodyが元気+Mindが元気=Heartフル活動~さらにBodyが元気+さらにMindが元気=さらにHeartフル活動~・・・このメビウス中にあって、さらに「カルマの昇華」つまり、自己の中にある善悪の理解統合というんでしょうか。。。進めていける気力もでてくる・・・そういう一面もあるというか、無駄ではないと感じますしね。






この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  インスピstone
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page