カテゴリ
私の体験(石系 & スピ系)  の記事のリスト

月末新作の制作終了

2017年06月22日 (木) 10 : 10
昨日(正確には今朝^^まででしたが)今月末の新作石アクセサリの制作が終了しました。



こちらが「うまくできたら」とお伝えしておりましたブレス。例のダイヤモンド入り。



うまくできたでしょうか(笑)。いやもう、感動の力作(自画自賛)。



これ、もしやどなたかのお手元に届くことになると、もう二度とその後って、実物を見れなくなるんだ~~~と。



いっぱい写真を撮らなくては。そう思ったんだけど。実物のほうが100倍くらい^^いいのです。写真だとどうしても平面になってしまいます(あんまり綺麗じゃなくていつもいつも写真ド下手ですみません)。



それでも、どの角度から見てもカッコイイ!というのが、なんとか伝わるかしら。やばいです。



一部もう手元にない石がありますゆえ。まったく同じものはできませんがな(ダイヤとあれとあれと…的な的な)。



今月はこのあと、チラ見がスタートします。



あれれ? 今月ってガイドリーディングがなかったけど? な話。ごめんなさい! ガイドコンタクトは完了しているのですが、まだ、「清書」が済んでなくて。



きちゃない読めない意味不明な字なんかもありまして(コンタクト時は手書きで紙に書いているので、ものすごくとっちらかっていたりします)。それを人が読んでわかるように、あとから清書しているわけなのです。清書している時に、思い出すこともあったりします。



6月ご協力いただく2名様、本日、お送りさせていただきます!



ということで、ガイドブレスに関しては、来月早々に、記事化させていただく予定になります。記事を楽しみにされていた方がいらっしゃいましたら、ごめんなさい。



ガイドイラストは^^記事でもお伝えした通り、絵心ナッシングな自分に気が付きましたので。とてもじゃないが、実物を絵でお伝えできませんゆえ。



なんとかそれを、「言葉」でお伝えできるよう。努めてまいります。



考えてみると、石もそうね。写真では伝えきれません。



絵心のない私は、だから、言葉を使って伝え続けてきているわけなのだと。今気づきました(今かと^^)。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

必要なことはやっぱり起こっている

2017年06月21日 (水) 14 : 35


自分が「こうしたらいいのにな~」って思っていたことが実現する。

これはよく言われますよね。スピリチュアル方面では定番の話。

もう私が言わなくても(笑)そんなこと日常ですよね、みなさん。

今日も、あら~…という偶然でそれが起こりまして。

自分にとっての不都合ではないし、もう口出ししなくていい話なのだけど、旧お借りしていたお部屋のことで(もう自分には関係ないと言えば関係ないんですが。次の入居者さんのために、そうしてあげて欲しいな~、っていう話)。

こうしたらいいのにな~…不動産屋さんに電話して伝えたほうがいいかな…って、昨日思っていたことなんですが、まぁでもね~、余計なお世話かしら~どうかしら~と。

しかし、本日偶然にも、私が一言も発信したわけではないですが、その私がこうしたらいいのにな~の運びになることになっている現場に遭遇。
(ちなみにこれは内装の瑕疵だとかその手合いの、不動産業者であれば原状回復に入れば普通に気がつくような感じのことではないです)

それ以外にも。

起こっていますね。

こうなるといいのにな~、の世界は、起こります。

自分が変えられないはずの、他人がそう動いてくれないとそうならない世界のことなのに。

そうなっています。

あんまり最近、この手合のことはとくに意識していなかったんだけど。

コツはなんだろう。

「そうなることが、自分にとってだけではなく、その他者にとっても良いはずだろう」なこと。

これですね。

誰がために、という部分が必要なんだけど、そっち本意だけじゃなくて。

自分にとってもなんだかそのほうが嬉しいんだけどな、って思えるような、そういうことでしょうか。

こういう手合の願いであれば、カンタンに叶うような時節に入って、いく久しく(たぶん2012年以降^^言い続けているような気もしないでもない…)。

5次元生活(笑)。

そういえば過去にそんなことも言ってましたね。

時計の要らない生活。そうお伝えしていたんですが、最近ね、「やっぱり時計必要だな~」って思ってたんですよ。(家の中が広くなったからだと思います^^。)でも時計そのものを起きたくないのよね~、と思っていたら。

うちの人間が、デジタル温度湿度計を(笑)「ちょうどここにあるといいかも」な場所に^^取り付けていました。

これで「今日何日だったっけ?」も(笑)なくなります。

曜日感覚がなくなって幾久しくなため、外で「日付記入が必要」かなんかの事態になる時、何度も何度も「今日って何日でしたっけ」を確認する人間でして。

平成何年とか^^そういうのになるともうアウトです(笑)。何年でしたっけ?(てんてんフリークではないことが…わかってしまいますね、これで。皇室あんまりキョーミなくて。むしろ地方の方のほうが、皇居の中で皇居で採れたはちみつを売っているとか(笑)なんかそういうことにお詳しいです。あのへんそもそも平将門氏の首塚へ行く時以外は、ほとんど行かないですしね。首塚のある場所はけっこう好き。三井物産の横ですね)

話がそれました。

5次元生活、って、そういう感じです。

あなたも、私も。いい感じ。これです。(この「あなた」は知らない人でいいんです。知らないけれど、いるんじゃないかな、という予定系で構わないのよ。私だって「次の入居者さん」は、私の持物件でもありませんし(笑)もう自分には関わりないのに^^、そう思っていたんですから)





この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

笑ってもらえると嬉しい。

2017年06月20日 (火) 08 : 15
(お写真は、鳩森八幡神社さんの中の、千駄ヶ谷富士塚です。本文とはぜんぜん無関係なんですけれど^^)



昨日、超大失敗をしてしまったんですよ。

天気がいいから、そうだ! 布団を干す、という(笑)普通に天気がいい日にそれができることが当たり前の環境の方には当然のごとくの行為を、「こういうのがきっと幸福っていうんだろうな」的気分でやってみたわけですよ。
(そういうのを長きに渡りしたことなかった者にとっては大変興味深い行為なのでして^^。)

今日は風も強くないし~大丈夫~って、時間たってふとベランダを見ると。
あ…布団がない。

はい、そうです(笑)。落下です。
ちょい青ざめ。やってしまったらしい…と、階下を覗くと。
階下のお宅の広いルーフバルコニーに、私の掛け布団が。

ヤバ過ぎる…ヤバすぎますよね(笑)。
どうせなら一階まで落ちてもらったほうが、拾いに行きやすかったんですが^^。
人んちの中に落としてしまった。

こういう場合って、どうすればいいのかと、とりあえずピンポンしに行ってみたわけなのですが、応答がなく。
あ~どうしよう…そうよね~。お住まいなのは昼間お仕事に出ている方なのだろう…と。

そこで、そうよ、こういう大迷惑をおかけしてしまっている場合って、手ぶらではいけない! と^^大人の対応を思いつき(笑)急遽、新宿タカシマヤへちょっとしたご進物を調達に出かけ。

そして、帰ってきてから再度ご進物を下げて、何度かお伺いするも、応答がなく。

あんまり夜遅くなっちゃうと、それはそれで知らない方のお宅に訪問は失礼よね~~~と、オロオロしながら、結局、ことの経緯とお詫びとその落下ブツを引き取らねばなので…というお手紙添えてそのご進物を玄関ドアにぶら下げて、お手紙に自分の連絡先も添えて先方からのご連絡をお待ちすることにしたんですよね。(布団は捨てるにしても粗大ゴミになってしまうため、処分してください、ともお願いできませんし)



ほどなくして、電話がかかってきて。

何でしょう。まったく想像していなかった展開が。
とってもラッキーなことにですね…もちろんよその家の布団が自分の家のバルコニーに落ちているという唐突な話にびっくりもされていたのでしょうけれど、なんだかめっちゃご機嫌というか愉快な感じの空気が伝わってきて(笑)。

すぐに取りに行きます!!! とダッシュでお伺いしたら、すでに玄関先に件のブツを抱えて出てきていてくださいまして…。
「捕獲しときましたぁ」と^^。(「ほ、捕獲?」とここで・・・目が点というか^^。なんだかとても面白い方でしたの)

そして、ちょっとだけ、立ち話と言うかお話して。
明治神宮からの風がここのマンションは凄いので、うちのバルコニーもいつも強風が吹いてるんですよね~、ここはほんと風が凄いんですよ~みたいに教えていただいて。

本当にごめんなさいと何度も頭を下げお詫びしながらも、相手が「いやいやいや、ぜんぜん、ぜんぜん大丈夫ですよ~」と、ずっと笑顔でいてくださって、最後、ほんとにすみませんでした、それでは失礼します~~~、の時にも「またどうぞ~」って(笑)笑っておっしゃっていただきましたが、「いや、「また」はちょっと(笑)」と心のなかで思いながら、そして、「ああ、良い方で本当に良かった…」と^^ほっと一安心というか。
お会いするまで、どうしようかとドキドキでしたからね~。

なにかこう、人様に確実に迷惑をかけている状態の大失敗をしてしまった時に、それをその対象の相手の人に笑ってもらえるって、こ~んなに楽になれることだったんだな…って、別の意味で、変な幸福感を感じてしまう(笑)顛末となったのでした。

布団が風で翔んでいってしまうことは、微妙に、不可抗力の事故とは言い難いところがありますからね。
ちゃんと布団バサミで固定したりとか、そういう注意をして対策していなかったわけなので。
それを、なんというか、「ここって風がすごいマンションですからね~」って^^、迷惑かけたはずの相手が、明治神宮からの強風を理由にしてくれる、って。

笑ってそんな風にご対応いただける展開じたい、予想していなかったでしたから。
こういうのって、よく考えてみると笑っちゃうような話ではたしかにあるんだけど、こちらから笑顔になるわけにいきませんのでね(笑)。つか、やっちゃったこっちは、笑えない状態でしたし^^。

で、これも私が言うことではないんですけれど。

やっぱり、笑いのエネルギーっていうのは凄いな~(←それが結論かと^^)と。
同じ「人を許す」的な行為であるにしても、笑ってそれを相手にできるのって、相手を楽にする。
(この場合、目が笑ってないよ、みたいな^^作り笑いとかではダメなんだと思いますけれど^^)
すご~く素敵だと思いました。
そして自分も、そうありたいわ~、と感じました。

しかし^^、布団を干せる幸福というのを経験してみるか♪ みたいなですね…他愛のない幸福をゲットしようとして、こんなことになり、最終的にはそれでも、不思議な幸福感を感じていた…というところが、笑えます。
結果的には、目的どおり(笑)ハートの奥が、ぽっと暖かくなる、そういう幸福な経験になりました。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  私の体験(石系 & スピ系)
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page