カテゴリ
石のホント or はてな?  の記事のリスト

ケオンについての注意事項

2016年10月17日 (月) 19 : 44


表題のケオンについて。
先月、「聖なる石、ケオン」ということでご案内させていただいておりましたが。
(現在、パワーストーンワ―クスのお店にて、2点、お取り扱い中です)
入手元のネイチャーラヴさんより、「ケオンについての注意事項」ということで。
なっがい文章ですが、「ケオンて、こういう石」という点について、前よりももすこし突っ込んだ感じのエネルギー説明をいただきましたので、そのまま、転載させていただきます。

ケオンはとりあえず先月はうちでは動く気配まるでナシ(笑)でしたが、「あ~とりあえずはそれで良かったのかしらん」とも言えるし。

この石は要するに「覚悟して持つ」とエネルギー強い石によく言われるような感じの注釈以上に、長きに渡り使われてきた背景が、よりシャーマニックな分野での秘蔵ツールとしての役割、性質が強かった背景もあって、そうとうのパワーツールのようです。

自分が書いたあの説明文になっている意味も^^なんかわかりましたよ。
「これでケオンの説明文と言えるんだろうか…」って思ってたんだけど(笑)、「神様の使い走り」に知ってか知らずか任命されちゃうようなタイプの方が持たれることが、きっとやっぱり望ましいのでしょうね。
(但し、神様の使い走り任命される方は、日常的に、自分のことをごく普通の市井の人と思っているようなタイプの方であることがままあります。神様とチャネリングしている人だとか、その手合いの霊能力的なものがある、というようなマテリアルより、人間としての資質というんだろうか。カンタンに言うと、利己心と利他心のバランスがいい塩梅な人。なのかな。)

うちのはケオン単品販売じゃなくて、どうあっても持ち主さんを下を潜らせるタイプではない、光の方角へベクトル向けちゃう石たちをカップリングしております。
使いようによってはもっとおどろおどろしくも(笑)できる石だったんだろうけど、なにゆえか、あっかるいな~っぽいカップリングになってしまったわけですが。
その意味もなんか、わかったわ~、今頃。

いずれにしても…私たちはどこま~でも自由思考自由選択自由意志自由決定を持たされている。
それが三次元での宿命。というよりも、存在することの宿命かもしれませんね。

それでは、長いですが、以下ネイチャーラヴ代表、柚井さんからの「ケオンについての注意事項」を転載させていただきます。
ケオンにご興味ありご検討いただいている方は、ご一読くださいね。



(転載ここから)

☆インドネシアの聖なる石「ケオン」の秘密☆

大変長い投稿になりますが、大切なことが書いてありますので宜しくお願い致します。

この記事も一番最後に合わせてお読み下さい。
http://s.ameblo.jp/satoshi-yui2/entry-12166484959.html

私が「ケオン」に出会ってからまだ5ヶ月しか経過していません。
販売を始めてから僅か4ヶ月、この短い期間に販売が急速に進展して行った不思議なケオン。

ネットショップでは、皆さん知らないはずのケオンの写真からの魅力、写真から出るパワーに魅かれてケオンをお買い求め頂いた方々の7~8割から、好転結果を含め感想とお礼のメールが届き(普通は2~3割くらいしかお礼のメールはありません)、ミネラルショーや立川市の道場での販売会が始まると、実物を観て感じて、ケオンをご購入下さったたくさんの方々が、次のミネラルショーや販売会でお忙しいのに来て下さって、ケオン購入後に起きた「素晴らしい出来事」「ご自身の変化」を待ち切れないご様子で、お礼と共にお話しして下さる現実。私の場合は何事にも「大丈夫」という気持ちが常に湧くようになりました。強いケオンのバイブレーションの影響でしょう。

一般的に効果効能を謳って、石の販売が成されている場合は多々ありますが、どんなに凄い水晶でも、気分が良くなった、落ち着いたという辺りでお終いの話。
現実的に人間関係、お金、仕事、試験合格など様々な良い事が直ぐに起こった、そしてそれらが直感的に、買った石(ケオン)のお陰だと思えてしまう展開の話はそうあちこちにはないです。

しかし、この「ケオン」にはそれを裏付ける秘密、不思議なエピソードがあるのです。

その秘密に触れる前に、これまでにFacebookなどでも投稿したことがある、「ケオン」に辿り着くことになった経緯から語る必要があるでしょう。まだ、経緯をご存知ない方々もいらっしゃるようですので、全てまとめてみようと思います。

………事の始まりは今年2016年4/28~5/1に開催された大阪ミネラルショーになります。
ショーに出展していた私は多少時間がある時に、いつも大変お世話になっているエディオックの小出社長と立ち話をしていました。
小出社長はミネラルショーの直後5/5から私がインドネシアに行くことを知っていました。

私は縁あって、インドネシア極真の空手セミナーに招聘されており(写真)、数日後に出発の予定になっていました。

小出社長は「柚井さん、ケオンって知っていますか?」、私は「いいえ、知りません。何ですか?それ」こんな会話から始まりました。

小出社長によると、私もお世話になっているMさん(霊能者)がケオンを探していて、小出社長に依頼されたのですが、中々伝手がなく、探しあぐねており、インドネシア業者を知っている業者に聞いて貰ったところ、「中々見つからないし、あっても高額」と言われたらしく、八方塞がりの状態だったようです。
そして最後に「柚井さんだったら見つけられるかもしれませんよ^_^」と小出社長に言われました。

私はその時初めて聞いた「ケオン」の名前ですから、形や色なども全くわからないのにも関わらず、「もしかしたら出会えるかもしれないな」と理由もなく直感的に思っていました。

忙しく大阪ミネラルショーを終えて東京に戻ってすぐに、インドネシア極真の空手セミナーで通訳をしてくれる友人に連絡。
彼女の旦那さんはインドネシアの方で、何と石のコレクター^_^。
彼とは日本で会っていて、人間的にとても純粋な人だとわかっていました。
連絡すると彼はケオンをやはり知っており、中々ないから、色々探してくれるということでした。

彼はコレクター仲間たちに連絡してくれて、そこから、たくさんの業者に問い合わせて数日後、やっと何とかケオンがありそうな店を見つけてくれていました。

空手セミナーの後に、たくさんの人たちの協力で10数個入手出来ました。
それがケオンとの出会いです。

Mさんがケオンを欲しがらなかったら、小出社長が私にケオンの話をしなかったら、私が空手でインドネシアに招聘されていなければ、ケオンには出会えていません。

そんな前置きで本題に入って行きます^_^。

私には25年お付き合いをさせて頂いているサイキックの先生がいます。
数々の国内外のサイキックの先生とお話しさせて頂いていますが、私にとってはこのT先生が相性よくピカイチ^_^。

この先生の本質を見極める能力は大変素晴らしく、人それぞれの魂の本質を当てるだけではなく、石の本質、エネルギーも読まれます(石はこの3次元の世界では、自分自身で移動しないだけで、しっかり素粒子、原子、電子、分子が活発に動いている「生き物」です^_^)。

ちょうど静岡に里帰りする機会がありましたので、T先生にお会いしてケオンをリーディングして頂くことにしました。先生の本質を見抜く正解率は10000%です^_^。

先生に「実は新しく出会った石がありまして………」と私が話し始めると、石の名前も色も形も伝えていないのに、サイキックですから、私が何をイメージしているのかがわかるのです。

そして、しばらく集中したかと思うと予想外な真顔で、次のように語り始めました。その表情から何か厄介なことかな?と心の中で若干身構えた私です^_^。

「柚井さん………この石ね………柚井さんは「サイコパス」ってご存知ですか?」と始まりました。

「「サイコパス」は検索して頂くとわかりますが、簡単にいうと、通常誰しも「良心」があって、人に迷惑掛けないかなとか、これをやったら困る人はいないかなと気にすることはあると思いますが、サイコパスにはそれが全くありません。躊躇なく決断行動をします。それによって多大な迷惑を被る人たちがたくさんいても。ですから、大会社の社長は大半がこの「サイコパス」の部分があると言われています。つまり、自分自身の会社を大きくするには、他の会社を潰すことになる場合があるのです。それをいちいち気にして良心が痛んでいるようでは会社が大きくなりません。」

簡単に説明するとこんな感じですが、先生は次のような説明をされました。

「線路を人が10人ほど歩いていて、その様子をサイコパスの人間が橋の上から眺めている。すると、向こうから電車が来て、そのまま行くと10人は電車に轢かれて死んでしまう。するとサイコパスは自分自身がいる橋の上を歩いている1人の人間を、橋の上から躊躇なく迷わず線路に突き落とし電車に轢かせて、その先の10人を助ける。普通は10人が助かっても、関係ない1人が突き落とされて死んでしまうのは絶対にマズいから迷うし、躊躇しますよね? しかし、サイコパスは善悪の判断が出来ないので、平気で突き落とします。そういう性質を持っている石ですから、使い方を間違えると危険な石です」

私はそれを聞いて少しガックリ^_^。私の直感が外れて、とんでもないのを持って来てしまったのかと。

しかし、先生は話を続けます………
「柚井さん、刃物は使い方次第で料理も出来るし、人も殺せる。火も暖を取ったり、調理にも使えるが間違えると火事になり大惨事になる。使い方次第で両極端になる。使い方を間違えなければ大丈夫ですが、この石はサイコパスなので、その判断はしません。」

これを聞いて、インドネシアでは大昔からシャーマン(祈祷師)がケオンを願望達成、呪いの両極端に使っていたという話を私は思い出した。
願いの善悪は判断せず、善悪に関係なく、全てを強力にサポートしてしまうので、大昔から利用されてしまって来たのであろう。

先生は話します……

「そこで、柚井さんが重要になるのです。その扱いが難しいケオンですが、柚井さんが仕入れ、販売する、扱うことで、ケオンが正常に働く、柚井さんがフィルターになることで、柚井さんを通すことで間違いが極端になくなるのです。だから、柚井さんは販売する前にケオンに向かって「しっかり働いてくれよ」と念を送ってあげて下さい。それが出来るのは日本の石屋では柚井さんしかいない。つまり、ケオンをまともに扱えるのは柚井さんだけなのです。」

そう言われて、他の業者さんと確実に違うのは「空手」しかないと直ぐに気付きました。
「武」の道を歩いている私だから何かの役に立つのかもしれません。

使い方を間違えると危険かもしれないですが、逆に言えば使い方をしっかりすれば、かなり有効なサポートアイテムになるということです。大昔から現在でも、インドネシアではケオンを活用しているのですから。

そこで私は思案を重ねます。しっかりとした有効活用が出来る様に、お客さまに対して万全な状態でお買い求め頂く必要があるからです。

石は採掘者、加工業者、複数の販売業者を渡り歩いて、彼らのエネルギーの影響を受けながら、お客さまの手元に来ます。
だから、買った一番最初に浄化が必要になるのです。
私はこういうところから徹底する必要があると思いました。

まず、私がいつもケオンの注文を伝えお願いする御夫婦は本当に純粋な2人、そして子供の様に純粋な旦那さんが直感的に偶然発見した店の業者がケオンを海の業者から集めています。
「類は友を呼ぶ」で、純粋な旦那さんが絡んでいる業者はやはり純粋なのです。

ですから、
1) 密漁をしない海の業者

2)あこぎな商売をしない中間業者

3)私からの注文を確実に汲み取ってくれる、心純粋な御夫婦

4)インドネシア全土からたくさんの方々が集まる様な有名なお寺での高僧によるケオンの浄化、エネルギーチャージ

5)T先生の話によれば、私がフィルターの役割をして、私を通すことでケオンが正常に働く

この5つの段階を経て、お客さまの手元に届くまでに「諸刃の剣」であるケオンが、安心してたくさんのサポートをさせて頂ける状態になっています。
こういった何重にもなる対策があるので、より効率良く働いて、たくさんのお客さまに即効性を示す結果が出ているのでしょう。
元々、ケオンは水面下で一部の方々に知られ活用されていました。それは宗教絡みであるが故に、変な活用をされないように徹底したことが行われていたのではないかと思います。
そして、一般的、公にケオンの販売を始めたのは私です。
ですので、私はより安全にケオンをたくさんの方々にご活用頂くべく出来る限りのことをさせて頂いている訳です。

更に6番目として……これは関東エリア、東京のミネラルショーや立川市の販売会に来て頂いたお客さまのみになりますが

6)私の友人であるサイキックのW先生による、販売前のエネルギー調整や、お客さまとケオンとの相性鑑定で、より完璧なサポートをさせて頂く。

実はW先生は石の販売を手伝って貰えるほど暇ではありません^_^。
元々、お互いの長女同士が同級生だったのが切っ掛けで、家族ぐるみの付き合いになる友人関係になったのですが、私がケオンと出会うまでの1~2年はW先生とは、ほぼ全く連絡を取っていませんでしたし、販売の手伝いなんかあり得ないほど忙しい^_^。
しかし、ウチのショップの手伝いがどうしても足りなくなるために、どうしよう?と思っていた時に浮かんだのがW先生。
ダメ元で頼んでみたら、何とOK^_^。こんなところにも、ケオンに対して万全な状態を求める流れがあることに驚きます。

話が逸れました、申し訳ありません^_^。

さて、最後に一番の本題です。ケオンに対して販売前の万全策を行なっていますが、最終的に一番長くケオンに接するのはお客さま御本人です。

私たちの元を離れ、お客さまの毎日を人生をケオンがサポートしてくれることになります。

何回も申し上げますがケオンは本来諸刃の剣です。持ち主の心の在り方、状態をその強いパワーで善悪関係なく思い切りサポートしてしまいます。
もちろん、明鏡の如き心でいることは難しいかもしれませんが、それに準ずる心の管理をすることで、ケオンはよりパワフルに働いてくれるはずです。ケオンに依存するのではなく、まず自分ありき、自己管理をしっかりした上での努力精進が必要でしょう。

既に何人かの業者さまが当ショップでケオンをお買い求め下さって販売もされているようですが、
当ショップも、お買い上げ下さった業者さまもケオンを安価で販売は難しいです。大量買い付けしている訳ではありませんし、前述しました様に、たくさんの方々に関わって頂いて(1番~6番)、ケオンは販売まで辿り着いています。その方々に有形無形の謝礼や経費も生じます。

今後は当ショップルートだけではなく、他のルートからのケオンが出て来るかもしれません。安価であれば、ウチのルートではないでしょうから、販売前の準備の違いで価格も違うでしょうが、ケオンはケオンです。自己管理をしっかりされて、そのケオンを有効活用されて下さい。

私が最終的に申し上げたいのは、石や何かに頼り振り回される人生ではなく、自分自身がしっかりして自分らしい人生を送って頂きたいということです。
宜しくお願い致します。

長い投稿にお付き合い頂きまして誠にありがとうございました^_^。

武術大自然流 仁心道場
ネイチャー・ラヴ「レムリアの太陽」 柚井

(転載ここまで)


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石のホント or はてな?
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

石キャリア。

2016年09月13日 (火) 19 : 56



過去記事にまで遡ってお読み頂く必要はぜんぜんないのですけれど。

古くからの読者さんはご存知かもしれませんが、以前私はこの石アクセサリ制作&販売の仕事を、派遣営業マンの仕事と二足わらじでやっていたことがありまして。

なにしろ石のちからを借りて、とにもかくにも、ミラクルを引き起こさねばならない(当時はミラクルというか「土俵際の間一髪大逆転」的な^^逆境克服スタイルが主でしたね)というのか^^「いったいこのオンナはどうなってしまうのか」と興味深々で^^ブログをご覧になられておられた方も、昔は多かったのではないかしらと思います。

私は「石のパワーって本当なんだよ」のプレゼン役というのか、生きた見本としてそれを示していかねば的な使命感とまでは言わないけれど、なんかそういうふうに石にけしかけられているところがあって、実際的に三次元世界の現実を変えられるんですよ~~~本当にそうなのよ、彼らはそのサポート力絶大なのよ、というのが言いたくて、で、たまたまですけれどね、自分自身がすごい逆境人生というのか^^、常に明日をも知れぬ我が身の真っ最中でもありましたんで。

まさに、自分を使った実験場のような感じで。
それがやってみると「ものすごく面白い」んですよ。
本当に、かなり面白いんですよ。

…というメンタルづくりに、石たちが、自分が作った石アクセサリが^^後押しをしてくれていたわけです。

この時期に私は、「思いが現実を創造する」っていうのは、たしかに本当だな、ということがわかったし。
その「思い方」を変えていく手助けをしてくれるのが石だということも(というか、無理やり変えようとしなくても、石身に着けていると、気がついたら、変わってる自分に気がつく、という順番)わかったし。

私はその最後の派遣営業マン丸三年勤続後に、いわゆる当時流行していた派遣切りの^^お仲間となりまして、それを機に、「じゃあ、なんとか石アクセサリ一本で行ってみるか」という…なんというのか、「流れ」というのでしょうか、もうほかに選択肢もないしなというような、運命っちゃ運命なのでしょうけれど、そういう感じのノリでこの仕事を続けさせてもらっています。

「逆境って面白い」ということに、もう慣れていたので、100%ではないですが、ほとんど、そうすることへの不安はなかったです。
むしろ、「これで毎日24時間、石アクセサリ作れるんだっっっ!!!!」っていうことへの、歓喜というのでしょうか^^。(注:実際には24時間ではありませんが^^)そっちのほうがもう嬉しくて嬉しくて。

この石凄いよっっ あの石凄いよっっ と言い続けて^^気づけば11年なのか~。
私の人生の中でいちばん長かった、ガッコ卒業して入社した大手鉄鋼メーカー社員の年月が11年なので。
作詞家も鳴かず飛ばずでしたが一応10年は踏ん張ったんだけど^^、そのOL時代のキャリアは超えてなかったんですよね、考えてみると。

もうすぐですが、とうとう、それを越える、自分の中ではいちばん長く続けてきた仕事キャリアになれそうです。

ちなみに、この三次元世界では、転職して職を探そうとすると、必ず「前職のキャリア、経験」などが問われます。
ほぼ、未経験は論外だったりの「制限があることになっている」ように感じられます。
この仕事がしたいと、勉強をしたり資格を取ったりしてみても、経験がないと資格だけ持っていても職に結びつかない、なんていうことも、ほぼ常識になっているように感じられます。

でもわりとそういうものでもないです。
私自身は、今まで自分がやってきた仕事は…どの仕事も、「始める前は未経験」でしたが、未経験ハンデで職に追われたことは、考えてみると一度もなかったでしたし、未経験のくせに^^「まるでその道の経験に符合するかのような付加価値」を^^創出することにも、石たちの助けを借りて、成功しているんですよ。
(実は、石のちから、石のエネルギーのことがわかるようになってから、自分の過去を振り返ってみて、その折々に、「何気に、なんとなく」買い求めていたストーンたちが、その助力をしてくれていたことに、ものすご~~~くあとになってから、気がついたのです)

石キャリアは、無敵です^^。

…と、石ブログ的には「さも、石アクセサリ身につけたからそうなった」と言いたいところですが、これは「石持ったから」の背景に存在する、何気に、そのなんとなくのチョイスを促してくれる、高次ガイダンスに逆らわない(直感を信じて行動する)単純さ加減ですとか^^、まぁ、そういう様々な条件というのでしょうか、もちろん出揃っての話ではあります。

そういった微妙なさじ加減的なものも、うちの石ブログではこれからもお伝えできていけたらな、というのもありますし。
パワーストーンワークスの石アクセサリは、めっちゃいい仕事をするに違いないと^^、ご信頼いただける根拠づくりのひとつとしても、これからも充実させていけたらなと思います。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石のホント or はてな?
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

直感力を磨く石

2016年09月10日 (土) 19 : 51


直感で石を選ぼうね、と言いつつ、その直感力を磨く、引き出す石とはそれじゃあ、なんなのだ。という話。

お写真は、9月8日に代々木公園で、御徒町のニルヴァーナストーンの方に偶然出会った時に身に着けていた石です。

これだけ山ほど^^石を身に着けていれば…石が好きな人ならそりゃ、目につくから見つけてもらえる確率上がるだろうし。石に興味ない人から見れば「…キ○○○?」にも見えますでしょうし^^。

そうそう、代々木公園は親子連れの来園者さんも多いんだけど、わんちゃん連れてるとね、小さい子が、わんちゃんだぁああ、って寄ってきたりして、よくお話するの。
でね、前に小さい子に言われたわ~。「…お姉さんて、お金持ちの人なの?」って。いやビックリしましたね。小学校に上がる前の子が「お金」とか^^言ってるし。いっしょに来ていたそばにいたお父さんも「やばい」と、たいへん気まずそうなお顔をしていましたが^^。
えええ、お金持ちって、な、なんで~~~? って聞いたら、「石いっぱい持ってるから」というのが^^そう思った根拠だったらしく。子供って正直だわぁと思いました。

まぁ、「ものすごいお金持ちってわけじゃないけれど、まぁまぁ、お金持ち。お姉さんはこういうのを作って、たくさんの人に買ってもらうのがお仕事だから(要するに自分が身につけてるのはそのプレゼンみたいなものなのよ~)いっぱい持ってるのよ」とお伝えしておきましたが、将来その意味が分かる時が来るでしょう。

ちなみにですね…9月8日みたいな内容、あれが直感ですよ。
って聞いて、あの記事読んで、「確かにそうかもしれないけれど、でもこんなの、たまたま思いがけない場所で知ってる人に会った、っていうだけの話だよね?」と、正直、直感がはたらく、っていったって、こんな程度の話かぁ…っていうザンネン感が生まれた方も、いらっしゃったのではないでしょうか?

私たち人間は、「偶然、こんなことがあった!」の中身にまで^^ケチをつけちゃう、つまり、スルーしちゃう癖があります。
「あなたの探し求めている青い鳥は実はもううちの中にいました。ちゃんちゃん。」みたいな話が^^大嫌いですよね。
もっとドラマティックで夢のある展開、驚きのある展開に遭遇してこそ、「思いもかけぬ発見(セレンディピティ)」である、っていう、変わり映えのしない平凡な日常の中に転がっているサプライズ的なものを嫌います。

心の何処かで、「無限の可能性(潜在能力の開花)」を、すっご~~~~く高いところに最初から照準を合わせすぎているところがあるのです。
願望実現とセットになったスピリチュアル的概念の方面では、まるで「思えば叶う」華々しい世界は誰でもカンタンに手軽に実現するのよ♪ 的な、誇大広告コピーも目につきますので^^、そっち方面のキャッチコピーばかりが刷り込まれていると、ハマりやすい「落とし穴」です。
…直感を磨くステージは、残念ですが、その平凡な目の前の日常の中にしか見つからないというのが実際です。
そして、無限の可能性(潜在能力の開花)も、同様に、「起点」は、今ここに在る状態、それを無視しては開かないです。




こちらは、アクエリアスストーン、というタイトルで過去にお作りしたカップリングですね。
「なんとなく」久々に、これ身につけたいわ~~~、そう思って、身につけていきました。
考えてみると、ここに使っているストーン群は、まさにオール「直感がはたらくように、感覚が研ぎ澄まされるようにサポートする」石たちばかりなんです。

このカップリングは、見た目もとても綺麗なんですよね。
制作している時も、私自身、とてもワクワクする組み合わせでもあります。
アクエリアスストーンのカップリング、またやろうかな~。欲しい方、いらっしゃいますかね?



今月末に出てくる予定の「宇宙カプセルの中で仕事ができるカップリング」と、K2使った青のカップリング。
この宇宙カプセルは、すっごいお役立ち。
そろそろ、月末新作づくりに集中していかねば、なこともあるんですが、今月は今までと違って、「ランキングなんて^^始めちゃったから、バナー押して貰うために(そのためだけではないけれどほぼそのため)毎日記事を書かなきゃならないのか…」というちょいプレッシャーも芽生えそうなところにいたのですが、プレッシャーはともかく、「そもそもそんなに書くネタがあるだろうか」っていう^^問題に早くも直面していたんですよ。
だからね、「たまたま知らない人に会った、っていうだけの話」がですね^^、私にとっては「やった!! 一日分のブログネタがひとつ」の世界なのよ。で、ここから、「直感」というテーマについて、もう三日引っ張ることができてるの。(というと^^聞こえがアレですが「拡がりが生まれている」ということ)

「なんとなく」のちからは凄いのです。

「毎日更新なんてできるんだろうか…」とできるかできないか、さっぱりわからん…と始めてみましたが、このように私たちは皆、「宇宙サポート」されているのです。

青の石は、「直感力を磨く」こともサポートしますし、その「洞察力」もセットでサポートします。
直感力って結局、「なんとなく」の連続ですから^^、それがなんなのかに「気づく」洞察力がセットでないと、三次元世界では、へたすると「チャンスや幸福を味合わずにスルーする垂れ流す日々」というか、モノゴトの感謝の側面に気づきづらくなってきちゃうのでして。
すっごい幸福そうな条件満載の人なのに幸福を感じていない様相の人って時々いるでしょ? それがいわば「垂れ流しの状態」というのか、シックスセンス正常機能していない状態なのでしょうね。



ゴールドルチルクォーツ。
金運の石と言われ続ける、大人気石で、高品質な金ルチルは、桁が一千万円単位の^^最上級ブレスなんてものもございます。たぶんそういう金ルチは怖くて触れなくて(割れたらどうしようとか^^)身に付けるとかそういうことができないという単なる「寝かせお宝」にしかならないでしょうから、それ相当のもともとお金持ちでないと持ってる意味がないというか^^。

そこまでの品質でなくても、まぁ、綺麗な金ルチね、というレベルでも近年は価格はうなぎ登りの石ですが。
でもその価値はあると思いますよ。

金運はわかりませんが(というかソレは金運石をただ身につけてどうなる類のものではなく、行動の先にある複合的な結果の世界なので)インスピレーションがはたらくように具体的にサポートしますし、波動を上げ、スピードを上げますので、日常を軽快にしていくことができますよね。あと、他の石の潜在能力をアップする石でもありますし、いわゆるオーラフィールドを守る、オーラフィールドに敏感になれるタイプの石でもあると思います。



フェナカイト天使ブレス(ハイオクターブ祭り)と、セレンディピティ。
直感力サポートもそうですが、日常を高次元化するエネルギーといいますか。
直感ってどこからくるかというと、出元は高次元なので、そことのつながりを良くするパイプはあるに越したことないというか。
なきゃ繋がれない、というものでもないのですけれど^^、丸腰よりははるかに繋がりやすいです。
視力が悪いとメガネかければ見えるようになる、石は「見えない世界の視力を上げる」そういうツールのひとつ的にも考えられますが、まぁ、あんまりその手のクレア的能力のアップだとか、そこばっかに^^執着しなくても。そういうものは、必要なときに身につく(というかもともと持ってることに気がつくというか)ものでもありますし。
この手合いの石たちがいいのは、根拠の無い自信というのか^^だんだん自分が好きになってくるような、石が持つ肯定的なエネルギーに感化されてくるんですよ。気づけば、ネガティブ思考じゃなくなってるの。そこがいいですね。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  石のホント or はてな?
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page