カテゴリ
自己実現stone  の記事のリスト

みなさんが気づいていない「フェナカイト以降」

2017年04月08日 (土) 00 : 00

(お写真は過去にお出ししたロシアンフェナカイト、ハイオクターブチームです)

いただくメールなどにご返信をしていて感じることですが。
ご本人、ご自身のその変化、変容に、気づく方は気づきますが、「これが変化?」ということそのものに気がついていらっしゃらないことも、ありますけれど、なんだやっぱり「フェナカイト以降」じゃないですか、それって(笑)みたいな感じ。
けっこうありますね。

気づきの直接のトリガーが、「ナイルフリント・コラボレーション」だったり、という方もいらっしゃいますが、その前にロシアンフェナカイトアクセも^^ご自分が手にされていることを(笑)ご本人も忘れてますね。
すべて、流れなのでして。

まぁ、そういうあたくし自身が、自分の腕や手首が治ってるやん、っていう「ものすごくわかりやすい、人がいちばん気がつきやすい物理的変化」を、まったく気に留めていなかったくらいなので(笑)。
人様のことは言えません。

やはり恐るべし石なのかもしれない、フェナカイト。
自分はお作りしていて、見慣れたところもあったりで(笑)慣れてきちゃうと人間当たり前になってしまうところもあるので。
その価値が、だんだん、普通感覚になってしまっておりましたが。
やっぱり、ちょっと普通にないエネルギーなのかもしれないですね。

難点は、「値段が高い」というところです(爆)。
そのため、手にしてみたい万人のかたに、お届けすることができません。
その部分を、正直なところ、思い切っていただかないと、ご本人にエネルギー負担いただかないと(またそれがご本人にとっての大きな「囚われ外し」にはたらくとも思います)手にしていただくことができません。

三次元世界の、こういう、しょせんは金か。みたいな(笑)ところって、みなさん、ものすご~~~く抵抗感ありませんか?
「うまくいく人はどんどんうまくいく」スパイラルみたいなものも、使えるお金を持っている、というほうが一見有利に見える、スタート地点から不平等な三次元世界。(でもその切り札も、使わないと話にならないのよ。持ってるだけじゃね)

そもそも、「生まれた地点」から、不平等です(笑)。
親がしっかりしたお金持ちであったり、地位の高い職業など、もともと生まれながらに恵まれた環境を持っているということは、三次元世界ではものすごいアドバンテージになりますから、そういった点で、庶民レベルは^^最初からアウト感を持ってしまうことなんかもあります。

(恵まれた環境の人のアドバンテージが高い点は、単に、物理的に有利、というだけの話ではなく。メンタル的に負の刷り込み^^生きてく恐怖感じゃないけれど、そういうものから幼少から守られる、っていうか、わりとプラスのところから物事に打ち込める点があるよね。スポーツ選手なんかには親が資産家とか多いですし、かの松岡修造氏だって^^生粋のおぼっちゃまでもあります。だからね、「人のいう諦めるな系戦法」のようなものは必ずしも自分には当てはまらないことも多いので、そのへん割り引いて夢は見ないとね。スピリチュアル系の人の言う、宇宙におまかせ、やりたいことをやろう、ってのも同じよ。その人が何やってきた人か、ソレ以前にどんな才能を培ってきていたのか、そこも重要だからね)

そこまでのアドバンテージまでは望まなくても、「もう少し容姿が良かったら」「もう少し頭が良かったら」とかね、数え上げれば、自分が持っていないアドバンテージのほうばかりに、目が行ってしまうよね。

石たちはね、そういった自分の外側ばかりに目を向けていた思考癖、そこから自分の中に内在する方の見えない「付加価値」みたいなもの、大きく言ってしまうと、存在意義のようなもの。
スピリチュアルな言葉で言うと、「魂」とか「本質」でしょうかね。
そっちへ目を向ける、シフトさせてくれる波動を持つのです。基本、高次志向というか、三次元世界での、この世の願い事を叶えるグッズ^^という意味合い以上の、彼らは、その先を見ているよ。
この世の願い事も叶ったり、運が良くなったりすることがあるのは、「それが高次目線でその人に必要な展開だから」力添えしてくれるの。
だからね、石に感化されて高次と繋がるようになってくると、そもそもが「自分自身が願うことの質」じたいもだんだん変わってきますよ。不安や怖れから、足りないものを求めて右往左往するような、あさっての方向をだんだん見なくなってくるから、思ったことが実現するというか、実現することを思いつくようになる、そういう循環になってくる気がします。
なにげに気に入ったり気になっていた石を持たされている時点で^^すでに高次ガイダンスの術中にハマっている、と(笑)言えるので、その場合素直にハマっていったほうがいいです。

つまり、高次ガイドと目的、方向性が、足並み揃ってくると。
うまくいく、いろんなことがスムーズに運んでいく。
そういう流れがでてくるのです。
そのナビのためのスマホ、エネルギー伝達の仲介役になってくれるのよね^^結局、石って。

そういった石たちの志向の中で、とりわけ、その性質が強い役割もった石たちというのがいて。

それがフェナカイトであったり、アゼツや、2012クリスタルや、ロシレムや、モルダバイトなどの隕石系など、わりとスピ方面では特別なエネルギーを持った石扱いされるふれこみを持つ石たちだったりもします。
メタフィジカルストーンという呼ばれ方で、この10年、顕著に裾野を拡げてきた石たちですね。
それ以前の、日本の過去の石ブームの中では、モルダバイトなどもぜんぜん一般的ではありませんでしたし、せいぜいが「願いを叶えるラピスラズリ」とかそんな感じでしたから。

「必要があって」そうなったのですよ。
人間が、霊的に、成熟していくことが、高次目線で望まれている時代に、私たちは、そのタイミングで、今現在これだけ石が身近になる、そういう流れになっていますので。

石は産地のエネルギー、その石がそう言われてきた伝承のエネルギー、そういったものも持っていますので、人間に寄り添う歴史、経歴を持っている石は、三次元においての、そういったふれこみどおりの仕事をしてくれるエネルギーも持っています。
波動の高い場所の石は(ヒマラヤ水晶だったり、セドナだったり、屋久杉だったり日本の翡翠もそうかな)波動が高いですし、個々にみんなそれぞれ役割もって存在しています。

石は、おいらはあっちの産地で生まれる水晶になりたかったな。とか^^、自分はサファイアじゃなくて女子に人気のルビーになりたかったんだよね、とか、そういうことは言いません(笑)。
ふつうのジャスパーじゃなくて、もっと個性的な人間に売れ筋のバンブルビージャスパーだったら良かったのにな、とかそういうことも言わないよ。
そういうことを思ってるのは^^人間だけです。

話がそれましたが、そんな、私たちへ期待を持って、機が熟して、私たちの前にメタフィジカルストーンというものが顕れる、そのためにそれを提供する人々が顕れる、仮に「売れるから」というだけの理由で^^日本の石屋さんたちがわれもわれもと群がっただけなのだしても、それでも、それまではアメジストとしての価値はないという常識をくつがえしたインクルージョンアメシスト、スーパーセブンが市場で価値を持つようになったり、ただの白の石英のアゼツライトをそれを知っていてもエネルギーがいいからと手にする人たちが出てきたり、そんな流れがあって、今があるわけです。

そんなわけで、
私も石屋のはしくれとして、やはり、みなさんにお役立ていただけるメタフィジカルストーンの価値を知るものとしては、今後も、フェナカイトを始めとするメタフィジカルストーンは尽きることなくご提供をしたい…という気持ちはありますが、無尽蔵にご提供できる石たちではないことは自明。
希少石たちですから。

お金もかかるのも当然だけど、見た目かっこいい(爆)身につけてみたいな、って思ってもらえる、大金出してもその価値がある、って思ってもらえる^^石アクセサリ、そのレベルでないと、「こころが動かない」人も、この世にはまだまだまだまだ、多いですからね。

まだまだ山ほど仕事はあるんだな、って(笑)ある意味それも、ご提供する側である自分にとってはですが、新規顧客開拓の活路をいただいているのだとも言えます。厳しい道ですけれどね。でも、みなさんにご提供する役割の、私が諦めたら、そこで終わりですから。
(この流れというのは、何年か前から自分にはずっとあって。うちでは値段の高いものは買ってもらえっこないな、っていう思い込みがあったから、10万ブレスとかもうドキドキなの(笑)。でも、いいものはやっぱりちゃんと買っていただける、っていうことが、だんだんわかってきて。自分の手がけたものに相応のお値段をつけること、相応の対価をいただくこと、そのことにだんだん慣らされるようになってきて(これはずっとそうすることを私は促されていたんですよ)。だからね、本当にお高いビーズだったんですけれど、思い切ってフェナカイトを仕入れた、っていうか^^「仕入れさせられた」わけなんですよ。だれも仕入れようとしない、高額な不定形タンブルビーズのロシアンフェナカイトのラストロットでしたが。丸玉ただつなげばいいわけじゃなく、これを組み入れてかっこいい石ブレスにできるアーティストが不在、ほかにいない、ということは、私にとっては大きなチャンス(存在意義)でもあったのです)

ちなみに、これはお客様にも自分でお伝えしていて気がついたことなんですけれど、うちの石アクセサリは、なんらかのスピリチュアルなセミナーに一回二回出席されて叡智を手にする、変容を促される、そのくらいの付加価値であるなら、じゅうぶんにございますよ(爆)。

石はモノなので、そのへん、切り分けてお考えになられちゃうかもしれませんが。
あと、石はしゃべってくれるわけではないので^^ご本人が気づかないことも多いけれど、それはスピセミナーも腑に落ちなければ同じだし、参加した時だけ舞い上がっているだけの宝の持ち腐れにしてるなら同様です。

うちの石アクセのエネルギーは強い、ってよく言われるんですが。
私自身、自分自身で、転びながら^^自分の経験の中から、出会う石たちの助けをいただきながら、経験とおして自らがトライしながら形作ってきた世界があるタイプの人間ですので、その現実、そこにまさるものはないというか、その手の自信ならありますので(笑。当社比、ですけれどね。世の中、もっと成功している方ならゴマンといますから)
そういうものが加味されているのではないでしょうか。

記事にしたことありますが、ロゴストロン的要素、新商品Nigi的要素、どっちもありますが^^、Nigi要素は強いかな、と思いますね。(だから自分はNigiはいらないな、って^^思ったのかもしれません)
あれですよ、上記のような不思議な波動装置だってね、結局のところは、電化製品(笑)。保証期間はだから一年なの。故障したら修理はしてくれるかもしれませんが、永遠ではないのよ。

私たちは同じところにとどまり続けようとしても、無理なのでして。
ただ、とどまりたい方法もありますけれどね(笑)。
願望実現を願い続ければ、願望を手にしていない自分を維持することは可能かな。それがひとつの方法ではありますね。
つまり、変化を怖がると、もっとも継続したくない^^継続ならば、カンタンに起こり得る、手に入れられる、ということでもあるんですよね。

うちの石アクセは、急展開、急上昇、一足飛び狙いの、成功するビジネスセミナーのような^^、人の期待を煽るだけ煽って、セミナーで習った人誰も成功してないよね? のような^^一方通行なタイプのエネルギーではないと思います。
(そもそも、「成功セオリー」を人に習う・・・それが有効な人ももちろんいるのかもしれませんけれど、方法を習おうというのであれば、自分をまっさらにできる人でないと、あらたな葛藤を増やすだけになるような気もしますよ。)
持ち主さんと共に歩む同士、味方、仲間のような存在。
そして生まれ変わった、のような、気づけばずいぶん性格や行動が変わったかもしれない、っていう啓発性はあると思いますよ。
なにより、本人みずからの自発性を煽るところはあると思います。なんでもそうですが、本人が自分の現実をいったん受け入れ、そこからやる気にならなきゃ^^なんにも始まらないことを、私自身がよく知っているから。

さはさながら、スピリチュアル系ワークショップなどの良いところは、そういった見えない世界の仕組みを、もっと体系的にわかりやすく言葉つかって教えてもらえるところがありますので(石は口をきいてくれないから^^わかりづらくもあり)、そういったセミナーみんながみんな、ではありませんけれど、ご自身が「ぴん」ときたもの、抵抗感がないもの、であるなら、とてもいいんじゃないかな、と思いますよ。(しかしながらそういうものも、「ツボ」を掴むのは、当然、参加する人自身の裁量でもありますよ。石はね、そういうツボ掴みも手伝ってくれるサポーターなの)

そういったことを人に教える仕事を得意とされて巡業されているのが(笑)まるの日さんだったり、あと、そういうの人に教えるのなんて自分にはできない、って本人がぜんぜん認めていないようなスピリチュアリストもいらっしゃいますが(アニマルコミュニケーターのみふねさん、君だよ)そういうふうに、今、あなたさまの周りには、たくさんのスピリチュアルな師がすでに存在しています。

また、直接にそういったティーチャーのわかりやすい肩書を持たずとも。
石も、同様の存在、同様の導き手です。
私は、そういう石アクセサリを、みなさんにご提供しています。

有形無形の、ひとりの人間が出会う存在すべて、「あなたのためのワークショップを、日々、開催してくれている」ようなものであり、それが、私たちひとりひとりの「人生」です。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  自己実現stone
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

Vol.1ブレスは完売御礼「ナイルフリント・コラボレーション2017」

2017年04月02日 (日) 00 : 00


やっぱ、「みんなが言ってるよ」のパワーは^^凄いねということを実証しているのか(笑)。
「ナイルフリント・コラボレーション2017」は、Vol.1のほうのブレスは完売となりました!
お買上げいただきありがとうございました!
Vol.1タイプのブレスはなくなってしまいましたので、また、来月(今月ですね)お作りできると思いますので、そのタイプをご希望の方は、ひと月お待ち下さい。
Vol.2のワイヤーブレスタイプは残っているので、そちらをご検討いただける方はぜひどうぞ。

このね、ふだん、時々お伝えしていることなんですけれど、「みんなトラップ」「世間トラップ」という^^、そう言ってる人がいるから、多いから、ではなくて。
自分のハートで選ぼうね。
…っていうことと^^、ちょっと矛盾しちゃうところもないわけではないんだよなぁ、ということは、わかりつつ。

今回選んでくださったみなさんは、多少は、こういった前評判が実際にあることに影響されて、お選びになられているところもある方もいらっしゃると思いますよ。

ただね、その影響こそが、「縁」とも言えるし。
すべての他の影響からのシャットダウンを目論めば、そもそも、三次元で、人間社会で生きていることができなくなりますよね。
そもそも、石が好きになったことだって、どこかに何かの影響という遠因があるから、そうなっていたり。
うちのブログを今読んでいることじたい、何かの影響からかもしれませんし。

あと、ご安心いただきたいのは、うちの場合はこういったお客様の声がある場合には、「さくら」ではなく、自腹を切って買ってくださっている方の声なので。
だからってそれが、万人に向けての真実証明ということにはなりませんが。
少なくとも、自分に利益が発生するわけでもないのに、わざわざ、「いい!」ってことを、こちらにお伝えくださっているみなさんなわけなので。
その部分はむしろ、私がどんどんお伝えさせていただいてもいいのかな、ということで、掲載させていただいています。
うちの石アクセサリを、好き、ってふだん思ってくださっている方であるなら、同じエネルギーをお感じいただけることができると思いますよ。

こういうものを選ぶって、どこまでが、自分のハートの意見で、どこまでが他者の影響で、って難しいですよね。
石の選択に限らず、「すべての選択」そのものが、そういうことです。
なにからなにまで、だ~れの、な~んにも、影響受けずに、物事決めていくのって、そもそも、この世では不可能ですもん。

でも、その選択こそが運命の分かれ道にもなっていくのも事実だしね~。
だから自分で決めることが怖くて、自分では選べない人、選択の保証を欲しがる人も、出てくるんだよね。
この世にはそういう人が多いんだそうですよ。私にはそうは思えないんだけど(笑)。
だって、「自分で選べないことを選んでる」「選択の保証が欲しいことを選んでる」わけなので、ちゃんと^^そこでそういう自分自身を選んでいるのですからね。

ご感想を掲載させていただいた、お客様のみなさまも、ソレ以前の、あたくしの「これ、いいんだよ」の押しの強さを^^うろ覚えで覚えておられて、そこになんとなく素直に負けていただいて^^、興味を惹かれてお求めくださっていると思われます。

ここには「マス」の影響はほぼないですが、潜在的に、過去に出している作品として印象に残っておられたと思います。
そしてたまたま、あの当時は手にしなかったけれど、ちょっとこれいいかな? とご判断いただき。

で、三人共が、別々に^^似たようなご感想メールを、ほぼ同時期に自発的にお送りくださいましたので(笑)「へぇ。」ということで。よ~ぉやく、このカップリングもメジャーデビューというか(笑)伝わってきたのかぁ、という感じがして、とても嬉しかったです。



実はこのナイルフリントコラボレーションは、いちばん最初、一昨年なのですが、過去ににお出しした時は。

初動では、なんとひとつも^^動かなかったんです。

ちょうど、今回の「Sophia(叡智)」「頭頂メンテナンス」状態と同じで、全滅でした。
もちろん、作者がっかりでございますよ(笑)。
うちは傾向として、作者いちおし感のあるカップリングで、度々、こういうことが起こりますので、慣れているといえば慣れてはいるのだけど。
(昔はいちいち傷ついていました^^。けっこう応えるのよね。きっとものづくりされる方で、それを販売とかされている方でしたら、わかるストレスだと思います。このあたりの神経回路が^^強くない人は、「人に選んでもらう、人に評価される」仕事はできませんぞ)

その時も、あ~。またあたしは無駄な仕入れをしてしまったんだな、って思いました。
うちにはそんな無駄な仕入れ石たち(笑。いえ。本当はそうではなくて潜在能力を持って待機している石たち)がわんさかひしめいておりますよ。
(三次元の世界観から言ったら、「無駄に見える」っていうことですよ。もしですね、なにがなんでも金持ちになりたい、最小限のコストで最大限の利益を得られる仕事をしたい、金銭を一円でも多く手元に残したいという方は、私のような仕事は絶対におやめになられたほうがいいです。たとえば、リーディングとかヒーリングのほうが主体で、片手間に石製品売ったりするなら、まぁ、趣味の領域みたいなものですから、そんなに回転しなくてもいいのでしょうから、できると思いますけれど。しっかりこれで社会的に認められていくということを優先するのであれば、ですが、なかなかに認められづらい面があるのは、利益を出して本業にしていける流れになるのが容易ではないからですよ)

いちばん最初に、「ナイルフリントコラボレーション」に手を伸ばしてくださった目利きは、うちのリーディングブレスのカードリーダー、アランジェラさん(笑)なのでした。

「神崎さん、これ、絶対にいいですから。アランジェラがいいって太鼓判押してる、ってブログに書いてください!」
って、みずから、買ってくださって、そうおっしゃっていただいたのが始まり。

だから、「アランジェラさんもオトナ買い~」って(笑)過去のちょうちん記事が存在します。
そうしたら、ほいほいと、次々にお買い求めいただけたんですよね。凄い宣伝効果だな、って思いました。
その節は、アランジェラさん、ありがとうございました(笑)。

「ナイルフリントコラボレーション」は、その最初の一人、一番乗りのアランジェラさんがいなかったら、その押しがなかったら、のちにこうして、複数のみなさんのお手元へお届けできる運びにはならなかったと思います。
まさか、人気商品に成長するとは思ってなかったな。重ね重ね、先見の明の優れた直感力をお持ちのアランジェラさんのおかげ(笑)ですよ。

いいって言ってくれる人がいなきゃ、それは、作った私ひとりが知ってる言ってるだけの話になってしまうので。
手にしてくださる方がいて、意味を持ちます。
ご本人様が、実感を伴って、さらにはこちらへ「製品の良さ」を、伝えてくれたり。
はたまた、どこかの誰かにお薦めしていただいたり、宣伝していただいたり。
そこで、実態として、現実化していきます。

私がお伝えしている段階では、私にとっては実態であっても、みなさんにとっては、まだそれは、見えない世界にとどまっているレベルなのですから。
だから、手にしていただいて、現実のものとしていっていただけること、それは制作者としては、とってもとってもとってもとっても、嬉しいことなので。

おおいに、みなさん、よろしくお願い申し上げます(笑)。

なにしろ、身につけてもらわないと、買っていただかないと、こちらが伝えている良さじたいが、伝わらないまま、ここに、宙に浮いた話のままになってしまうので。

今回も、別件ですが、「フェナカイト以降」っていうことについて、ながなが記事(説明文中)書かせていただいて。
またリンクしておきます(笑)。(「David Geiger CollectionⅡ」

これは盛っていませんよ。本当の話なので。というか、私はブログに、盛った話を書きません(スピ系でそれをやったらおしまいかと^^。もしそういうことをしてしまえばもうそれは見えない世界のエネルギーシステムを本当には知らないことになるんじゃないかな~と思います)。
もちろん、「あなたにも同じことが起こるよ」の保証はしかねるのが残念ですが。
ハイバイブレーションストーンなカップリングは、やっぱりお薦めなのです。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  自己実現stone
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

うわぁんロシレム^^

2017年04月01日 (土) 12 : 00


新作一夜明けて。

「Sophia(叡智)」が^^ぴくりとも動いてないじゃないですか^^。
あたしが「うわぁん」ってな記事書いちゃったから(笑)まさか、ロシアンレムリアンておっかない石だと思われてしまったのかしら。
つか、人が身につけられるのかしら…とか(笑)言ってるからですね。

身につけられますよ^^
「1」はみなさんの触手がぜんぜん伸びてないわ~ということでサイズ変更で小さくして、今、私の腕にございますから(早っ)。

たしかにね、「うわぁん」って失意のような感じでガツン、とやられたんですけれど。
で、私は、心を入れ替えて、出直しだな。
という気持ちにさせられるような経験をしました(笑)。

そういうのって、みなさんはお嫌なのでしょうか? まぁ、嫌だよね。できるなら、避けたいわよね。
今までの自分を否定することになっちゃう、そんな感じにも映るしね。

でもおそらくどなたの中にも、「ここに気づいたら、ちゃんと飛躍できるのに」っていう、見たくないもの、っていうか、高次の視点から見たら、おおきく勘違いしちゃってることとか、ってあると思うのね。


ロシレムは、そこを教えてくれる水晶ですよ。
まさに「転ばぬ先の杖」的な水晶です。
先生って、そのためにいる存在ですよね?

なかなか、三次元では、たとえば周囲の人なんかも中には気づいているっぽくてもね、人のことは見てみぬふりしますし。
また、自分自身、だれかに相談なんてなかなかできない部分、あるでしょ。
そもそも、相談要、っていう自覚が、こちらになかったりもしますし。とくにね、表面的に困っていなかったりすると、もっと気がつかないんですよ。
そういうね、人がちゃんと教えてくれないこと、を、教えてくれます。

転んで、泣きを見て、色々なものを失う、っていう勉強のしかたもありますが。

そうしなくてもいい人生のほうが、いいに決まってますよね?
だから、ロシレムは、「そうやっていくと転ぶよ」とシュミレートの気づきの機会をくれたりするわけです。

現代は、けっこうね、なかなか大事なことは人はわざわざ教えてくれませんから。
だれしもが、自分で悟っていかなきゃいけないから、大変ですよね。

そのヘルプをしてくれるカップリングなんですよ、「Sophia(叡智)」。

その人その人の、ちゃんと実現できる豊かさに繋がる路線。
そこへ行くための道筋を、用意してくれる石たちよ。
そこに気づいていける(いやいやとかでなくて^^ですよ、もちろん。なんでも本人の電球マークが灯らないと、悟ったことになりませんもん)ことって、人間なかなかできそうでできないのよ。
「いや、自分はソレ自分でできるもん!」という方にはまぁ余計なお世話かもしれないけれど。


ところで。

「うわぁん」だったわりには、行動の結果そのものは、実は、大成功なんです^^。

「思いの通りの現実」を実現できる、第一関門を突破。
絶対無理だ…と思っていたから、拍子抜けです。
第二関門は、まだわからないんだけど。

でも第二関門のほうは、これぞ「ご縁」あればの世界なので。
もう、どっちでもいいです。私がふさわしければ、そのように導かれる、それだけのところまで持っていけた…(正確には持っていってもらえた)というだけで、もう充分。

しかし、ステップアップです(笑)。ちょっとびびっております。

久々に、三次元で、外側世界とかかわってみて現実を知り、「うわあたしって相当あまちゃんだったんだ」ってね、少しショックを受けはしたんですが。
これって自分には無理なことだったんだ…という前知識が^^なんでなかったのだ…と、あとから調べてね、なんていうかちょっと落ち込んだんです。恥ずかしい人間だな、と。


でも結果は、なぜか奇跡的に、成功なんです。

なんで奇跡的なのかというと…
詳細書くと長くなりすぎちゃうのではしょりますが。

私は自分のガイドさんに、こういう類の答えは返ってこないだろうな、と思いつつも、事前にこのことで質問していました。
もちろん、冷静なメンタルを取り戻したあとですよ。
取り乱した状態や、教えてちゃんなすがる状態では繋がれませんのでね。

いただいていた答えは、
「九分九里はありえないことも、今まで経験してきた、って言えるか?」
ということを逆に質問されました(笑)。

だから、石のちからに助けてもらって、今まで自分はそれをしてきた、とは思います。だけど、ここまでのことは…経験としては、ないと思います。その憶えはないかもしれません。
という弱気発言を返したんですけどね。

私の弱気発言に対して、「その忘れっぽさがいかんな」ってことで^^、「思い出せないだけで、君の人生は奇跡の連続でできていると思えないか? その恵みが継続できなくなると、本気で思うか?」と言われたので。

いや、本気では思ってない。でも私が今までと同じことを繰り返そうとしたら、たぶん締め出されるんだろうと思います、って答えた。。。

…っていう、直接的には、アンサーはくれませんのが高次ガイドなのですが。

なんとな~~~く、このニュアンスで、

あれ? まさかイケるのか? いや、まさかね。
あんまり期待はしないでおこう…でも、望みはまさかあるのかもしれない? のか?…って思っていたんですよ。

したらば、奇跡が(笑)。


向こうからすると、

こっちをサポートしたい、わけなんですよ。

高次ガイドさんって、そうですよ。石と同じ^^っていうか、石は高次の差し金ですから。
みなさんの高次ガイドさんも、みんな、そうよ。好き好んで、こちらを苦しめる路線へは誘導しませんよ。

そのサポートを阻むもの、内的要因、それって…ほぼこっちにあるだけなんですよね。
(あんまり気がつきたくないけど(笑)そうなのよ…)

ちなみに、奇跡だの恵みだの^^って…なんだか高次ガイド支援満載の棚ボタなだけの美味しそうな人生だと思われちゃうといけませんので。

私の場合は、ですけれど、要するに「まだやる仕事があるんだよ」っていう意味でもあるそうですから。
こっちでいうところの会社の福利厚生みたいなもの、ということだと(笑)思います。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  自己実現stone
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page