カテゴリ
ちょっとスピリチュアルな話  の記事のリスト

手放す、の話

2017年03月09日 (木) 06 : 26
お金、転職、などなど、要するに「今までを手放す」っていうことが、自分にくっついていた余計な囚われ外しに、役立ちアイテムであることをお伝えいたしまして。

実際的に、結局のところは、日々の行動の中でそれをやっていくことになるのだけど、同じ環境の中に居続けながら、変わらない人間関係のメンツの中での手放し、っていうのはね、まぁ、けっこう大変なんですよね。

たとえば、お金、転職、あとは考えられるところは引っ越しなんかもそうだけど、離婚とかね^^。
とにかく、捨てて捨てて捨てまくる、という一手もあるにはありますが(笑)。

ただしね、こういうのもね、心の奥底に。
「全部から逃げ出したい。全部嫌なんだけど」
という、なんのみずからの気付きもチャレンジもなしの、そこからの逃避的願望という感じの欲優先だったり、まぁ、ようは「目の前の現実を受け入れたくない、認めたくない」がゆえの、捨てまくりなだけだと、実際には、その後の新規創造していけるはずの現実創造において、それでもスッキリしない、結局、場所が変わっただけ、シチュエーションが変わっただけで、似たような現実を繰り返すということはありますよね。

そもそも我々の人生そのものが、過去生からのパッチワーク的個性なども^^要素としてありますんで、どうしたってそうなる部分もあるんですよね。いい意味でも悪い意味でも。「それが三次元」と言ってしまえば^^とりあえずはいったんそこを諦めなきゃいけないような。

転職なんかも、時と場合によりますけれど(そんな職場はもう出てけばいいじゃん、みたいなのも、けっこうあるから)ひたすら、自分都合の離れたい欲求というか、そこからの「逃げ」だけが優先された目的だと、次回の場所でも、似たような課題が、結局出てくることもあるんですよね。

ただ、人間、そうやって「またか」を繰り返せばですね、いい加減、自分自身の不要な囚われた部分に向き合わざるをえない状況に追い込まれますので、これはこれで、新境地でも「またか」を経験できる、っていうのは、わりといいことなのよ。
それが本人にとって、よっぽど気づかなきゃいけないことなんだ、っていうのが、わかるわけですから。

だから、結局、環境が変わるっていうのは、気付きが増えるし、そうでなければどうしたって気づけなかったりするわけなので(笑)まぁ、やっぱりお薦めかな。

だいたい、何を捨てても手放してもですが。
「この自分」というものだけは(笑)捨てられない、っていうか^^生涯つきまとうわけなんですよ。

だけに。不要なものを手放す、って言われて、いちばん手放したいのが自分の人生そのもの^^って感じのメンタルだったりする場合には、つまり「何を手放したらいいのか」が、そもそもまったくわかっていない状態ですよね。

こういう場合は、とにかく、悲しいかな、「ぼ~」っと向き合うしかないんですよ、それでも、自分に。
(こういうことが自由にできる、プー太郎(無職)は^^お薦めなんですけれどね~。でも会社辞めると生活が困るとか、そういう恐怖感のほうが勝っちゃう場合、向き合うどころじゃない人も多そうだしね)


何を手放したらいいのか、って、わりと表面的に自分でわかってるようでわかってなかったり。
それに、「時間」だってかかりますよね。

石の中には、過去生にまで遡ってのブロックはずしを手伝ってくれるよ、みたいに言われてる石もありますし、石の説明書きだけ見ていると、ものすご~くちゃっちゃっと^^カンタンにいろいろやってくれそうな気がしちゃうでしょ。

だけどたとえば、10年20年、その人が変えられなかった性格とかね(笑)そんなのが、ひといきに変わるわけがないんですよ。
変化というのは、とっても微妙な、そしてとても些細なものでもあったりするの。


そうね…たとえばの話ですが。今思い出した話なんですけれど。

自分は、肉体面で健康じゃない、というコンプレックスを抱えているとしますよね。

常識的には、健康であることが、将来の結婚の大前提、という概念、社会通念のようなものはありますよ。
これはもう、ある程度はしょうがない話ですよね。まぁ、おおかたは、そういう感覚で、できれば健康な人と結婚しようとすると思います。
だから、肉体面で健康じゃない場合、その人は、わざわざ不健康な自分を選ぶ人なんかいない…って、そう思っちゃってもしょうがない面はありますよね。

だけどね、今健康だからって、将来に渡って健康とは限らないのよ。
その逆に、今不健康だからって、将来に渡って不健康なのか、といえば、やっぱりそうでもないこともあるの。

昔ね、OL時代の先輩の、お母さんの話なんですけれど。
先輩のお母さん、実は結婚する前好きだった人がいて、本当はその人と結婚したかったらしかったんだけど。
そのお相手は、結核持ちだったそうなんですよ。

一昔前の時代、結核持ちって、長生きできない、っていうのが通念でしたから、お母さんはね、結局、その人との結婚は諦めて、他の人とお見合い結婚したそうなんです。
それが、その先輩のお父さんなんだけど。

見るからに健康そうなところが^^決めてだったらしいのに。
先輩と、先輩のお兄さん、ふたりの子供を設けて、ふたりがまだ小さい頃に、お父さんは突然死。
先輩のお母さんは、結局、女手ひとつで、仕事を続け、ふたりをオトナになるまで育てることになり。

で、その不健康で長生きしないだろうな~と予測したお相手は、先輩が、その話を笑いながらしてくれた当時でも、なんと「まだ生きてるらしいんだよね(笑)結婚もして子供もいるみたいだし」というオチがある話でした。

結核というのは、昔は治らない病という観念があったみたいでしたけど、医学が進歩して、治る病気になったから、というのもありますが、この話のポイントは、いろいろありますけれどね。

ひとつは、何事もそうですが、「自分を一見は利するように見える条件、計算だけで、選んじゃダメよ~」という点。
健康な人と結婚すること、それが将来の自分にとって有利だろうから、という、当たり前そうな常識ベースでの選択でしたのに。
不健康だった、本当は結婚したかった人は長生きしてて、健康を条件で選んだ人は、さっさと死んでしまい、一人で子供二人を育てることになった、という。

でも、その結果的に長生きになった、もともとの結核持ちだった恋人側からしてみれば、その理由で離れていった女性と結婚しなかったことのほうが、きっとね、幸福な人生を歩むことにはなったわけです。

先輩のお母さんは、そのお見合いで結婚した先輩のお父さんのことを、容姿が好きではなかったらしいのね。
だからね、お父さん似の先輩に、「整形したかったらお金出してあげるから、整形してもいいよ」って言ってるんだよね~、とかね、その先輩は言うんですよ。
(まぁ、今で言う、毒親っぽい発言ですな。こういうことを実の親に言われて娘がどういう気持ちになるか、とか考えられないメンタルの女性ではあったのでしょう。だから、もしかすると、なんでかあっちは生きてて…という部分に、本人気づいているのかどうか、ちょっとわからないところあったかな)

その先輩ご自身は、とても出来た人でしたから、この話の一連の示唆する部分については、おわかりだったようでした。
よくご自身のお母さんの話は、いわゆる母という立場となった人に対してのダメ見本的にお伺いすることがあったので、なにかと「なにゆえこの人を母として自分は生まれてきたのか」を常に見つめておられるようなところが、あったような感じがします。
ただきっと、私が想像する以上に、母に傷つけられたり傷に塩塗られるような感じの、埋め込まれているトラウマ的なものが、もうあの当時からけっこうあった人だったんじゃないのかな~(こういう話を、笑い話として、人にできる人ではあったのだけど)と思います。


人間というのは、
生きているだけで。

人にトラウマつくったり(とくに、家族というのは、トラウマの温床^^なところあるのよね)。
自分が人にそれをやってしまう、そういう人自身も、どこかで囚われた手放せない(というより、手放さなきゃいけないことにさえ、気づいていないかもしれない)ものを抱えているから、そうしてしまうわけなのですが。

受け取る側も大変ですよね。知らず知らずのうちに、こんなことが?! っていうブロック要因をいっぱいストックしていることって、ありますよね。
しかしながら、その受け取ったトラウマを気付かず「手放せない」ままに、生きていけば、また自身も、今度はそれを人にやってしまうかもしれない、ってことだってあるかもしれず。

だからね、色々、私たちが、自分が囚われているものにみずから気づいて、そこから自由になることというのは、とても意味があることなんですよ。

自分が楽になるだけではなく、回り回って、それが他者のためでもあるのですから。
(自己愛の話といっしょですが。自分を大事にできる人=他者を大事にできる人。ここはどうしても符号しちゃうので)



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  ちょっとスピリチュアルな話
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

縁あるすべての話

2017年03月07日 (火) 09 : 31
「お金使おうぜ」に続いてですが。
「転職」なども、囚われ外しツールとして、とても優れグッズ(グッズじゃないけど^^)ですよ。
これは、転職したことない人にはわからないと思うけれど、全財産喪失経験ある人は^^そうそういないかもですが、転職経験なら、「そうそう! そう感じる」の方も、まぁ、そこそこいるかもしれません。

このお金使うにしても、転職にしても、「むやみやたらに」はよろしくないわよね、っていうイメージが、世間ではありますよね。
なんとなく、世間一般常識としては、転職多かったり、あとプー(無職)期間が長かったりすると、「ブランク」といって、なんか嫌われるっぽいイメージもあったりして。
なにかと「不利」みたいにも言われます。

だから、一回やめちゃうと、けっこ~めんどくさいよね、ってことで、ひとつところを辞めずに、そう、ほぼ「そういうのがめんどくさそうだし」や「いちからノンキャリアの職なんて、なんかぺーぺーからってのが嫌」だとか、色んな理由で(笑)じゃあ、現在の職業が自分に合ってるとか合ってないとか以前にですね、まぁ、安定してるし、自分から辞めるってのもなんかもったいないしな、ってことで、その理由でけっこう長く続けられるような職、っていうのもね、あるんですよ。
(これは自分が11年7ヶ月も^^経験したことだから、なんとなくわかる話)

まぁ、それはそれでいいんじゃないでしょうか、とは言えますけれどね。

こんなパターンで続けてこれたような場合でも、今の時代、「リストラ」みたいな空気も^^けっこう企業側は平然とできるようになってきてもいると思いますので、たとえば、晴天の霹靂で、そんなまさかのリストラ対象とかね、そんな風になってみたりとか。
ある人にはある話かもしれません。

この手の大ピンチは、はい、そうですよ。

高次ガイドが用意してくれている、おっきな、おっきな、素晴らしい「シフトチェンジ」のステージに他なりません。
なので素直に、会社を恨まず、周囲を恨まず、さくさくと退職できる、すごいチャンスです。

「辞めてくれ」って言われてるんですからね、めっちゃ辞めやすいし。最高の機会を与えられてるんですよ。
「無職になっていいよ」って、天が言ってくれてるのです(笑)。

頭切り替えて、最高の気分で、やめちゃっていい話なんでして。
そこからが、ほんとうに、素敵な人生の展開のスタートなんですから。

で、そんなふうに、有無を言わさず、辞めさせてくれたりのパターンならいいんですけれどね。

自分から辞めるのって、勇気入りますよね。
なぜなら、自分で決めちゃうと、誰にもその責任転嫁ができませんもんね。
(でも、リストラとか、クビの場合にも、実際には誰にも責任転嫁なんて^^できないんですけれどね)
だからグズっちゃいますよね、やっぱり。

転職が一回で必ず成功するとは限らないし、そうなると「やっぱり辞めなきゃ良かった。まだ前のほうがマシだった」っていう後悔だってしそうだから、そりゃまぁ、迷いますよね。

もし迷っているのであれば、その迷いの期間をずっと続けていていいと思います。
本当に、あなた様が、とくに望んでいないのであれば、高次ガイドさんも、どうしようもないと思うので^^。

機を見て、背中を押される時が来るかもしれないし。
もしかしたら、来ないかもしれないし。

この、「もしかしたら来ないかもしれないし」のパターンもね、人生にはありますよ。

私はよく、高次ガイドさんというのは、人間全員にいるし、み~んな導かれているのよ~~~って話はしているけれど、じゃあ、必ずしも人間全員が、高次ガイダンス街道に沿って、人生を進めているのかって言ったら^^、そうではないですよね。

で、人生というのは「有限」なものであることは、誰もがご存知だと思うけれど。
チャンスとか転機とか、永遠にあるわけじゃないと思うのね。

だからよく言われることだけど、もうすぐお迎え的な状態になった時に、ご老人とかが「あれをやっておけば良かった」とか、自分のやりたいことをやらなかったことを後悔する人が多い、とか言いますでしょ。

そこまで行くと、もう捨てるものなくなりますから、きっと分かるんですよ。

このね、「捨てるものは自分にはもうなにもない」って感じの状態は、人間は「勘」が冴えるんですよ。

私は、人生折々で^^、けっこう、この心境になる経験が多かったので。
金をなくし(笑)職をなくし(笑)ひととおり、経験ありましたし。

だから、けっこうね、お薦めなんですよ。
金なくしたり、職なくしたりするのって。

でもたいしたことなかったよ。
ちゃんとですね、その先の導きがあることが、そういう時って、不思議と「胸のうちから」わかってくることが多かったでしたから。

と言いつつも、20代最後の時のあの全財産喪失の時は^^、それがすぐわかるようないい子(高次的に)ではありませんでしたので(笑)その後、時間はかかりましたけれどね。また、そういうことを教えてくれるスピな先生もいませんでしたから^^。結局、自分で見出してきた面は、大きいですが、「見いだせてからは」不思議と、そういった三次元的ピンチが、ピンチに見えないメンタルになっているわけなんですよ。

なにが私にそれを見出させてくれたのか、って。
それが^^「石」なんですよ。
だから私は、それを知らない人に、石の凄さを伝えたくて、その昔、石ブログを始めたんだから。

そんな私でも。
私がなによりも、どうしようもなく、そんなことよりも、ほんっとうに喪失感にうちひしがれた経験は、そんな職とか金銭のことじゃない。
なによりも、愛する存在を失う経験。これがやっぱり、今までで最上級だったな、って思います。

失恋とかじゃありませんよ(笑)。
愛する家族、先代わんちゃんを失った時です。
あの時も、うちでふたりで言ってたんだけど、「宝くじが当たって一億円とかあってお金積んでも戻ってこないんだよね」と言いながら、うちひしがれて。そうなの、ほんとそうなのよ、大事な存在はそうなの。

お金じゃ買えません。
天職もそうだし、「縁ある存在のすべて」、ブループリント人生って、お金じゃ買えません。買えないのですよ。
そして、とどまり続けていてもくれない。

だから、「今」というのが、私たちには、とても大事なのです。

そこから、自分で見つけるの。
自分で「わかる」ことが大事だし、わかるんですよ。わかるように導かれていますから。

そして、必ず、とは言わないけれど、そんな「失う経験」を経て、私たちはそこへ辿り着くように、仕組まれていることもあります。
大事な、愛する家族を失う経験でさえ、そのプロセスである場合だって、あるのです。

だから、失うことを怖がらないでね。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  ちょっとスピリチュアルな話
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

お金を使おうぜの話

2017年03月05日 (日) 00 : 01










すげっ 3月3日のまるの日さんブログを読んだら^^、セミナーとか夜会とかでは時々おっしゃっていた「必殺ブロックはずし」な内容ではあったけれど(笑)とうとうブログにも^^はっきり書いてるわ~と思いました。ははは。

これ、けっこう嫌がって拒否反応を示してる人、実は意外といる話なんですよね。(夜会とかに参加された方と帰り道いっしょになってお話したりしますでしょ。そういう時に「ちらっと」あ、この方はきっと大金使うの抵抗あるのね、ってことがわかったりする)

それは何かというと。

自分の持っている囚われを外すのに、最高に効果的なこと。

それは、お金を一気に失うこと。

…嫌でしょ?(笑)

これは、でも実際に真実です。
なぜなら、私自身^^その経験、過去にやってますから(笑)。自分でわかるのです。
このことは、あんまり、せきららには書いていないけれど、時々ブログには、ちらっと控えめに^^、書いてましたよね。

私はさすがに「人に全財産の持ち金をすべて使おうぜをオススメする」までは^^言えませんが、だからこそ、ケチらないで、ご自身がたとえばうちの石アクセサリで、「高いけれど、これが欲しいかも…」というハートの声を無視しないこと、「高いことを理由に選択をしない」っていうマインド感がばりっばりの選択肢はやめようよ、ということでなら、がんがんにお薦めします。

私の、過去のいちばん最高のひといきに喪失は、総額で(お金じゃない金融財産的なものも含めて)800万円程度ですかね。
今まで、300万円くらいかと思ってたんだけど(笑)昨年実家に帰って、色々整理していた時に、色々なものが出てきて^^、ありゃ~あの当時って、結局こんなにお金出してたんだ自分、っていうことがわかったりもしてました。
そういうの、なんでしょう、後生大事に(公正証書とか意味もなく名残惜しげに)とってあったんですね~(笑)。ははは。

だけど、元プロ野球選手の新庄剛志さんの22億円に比べたら、かわいいもんですよ。(先月、しくじり先生に新庄が出るんだ! って^^楽しみにしてて、スペシャル番組観ました。新庄は好きなので)
これ観てて、まさに、「高次采配」を感じましたもん。
新庄さんは結局、メジャー行って、帰ってきてもてはやされて、その余波で稼いだお金、ほぼすべて騙されちゃったというのか、他人に使われちゃって破産されちゃったみたいで、裁判で戻ってきたお金が8千万円で、結局手元に残った総額が一億円程度だったみたいなんだけど。

でもね、新庄さんが、純粋に野球選手として残せたお金、って、賞味それくらいの感じなんじゃないのかな、って。
失ったのは、メジャー行ったことにより、ちやほやもてはやされて、魔法のように高額になったCM料とかで稼いだお金だったようですから。あぶく銭とは言わないけれど、でもまぁ、ちょっとそれに近いのかな。

高次って、そういうお金はお嫌いなのか^^、まぁ、そんなことになる方もいます。
たぶん、新庄さんは、「光」のほうの^^すごいバックがついてるというかビッグな星の人なので、より、「なんで世の中にはもっとうまく立ち回ってて損しない人もいっぱいいるように見えるのに、自分だけがこんな目に…」と思われるようなダイナミックな喪失のしかたになったのでしょうね。
芸能人系の方が巨額なお金を失うこともあったり、巨額に稼げることもあったり、っていうのも、全部高次采配ですよね。

やられますよ、高次目線で、必要アレば(笑)。
むしろ…これって、最高の高次の愛の鞭でもあるのです^^。
痛いけど、効きます。

この話は、スピ系の人は、あんまりしない、っていうか^^、実際、経験してるくせに、隠してるよ~な人もいたり。
で、なんだかいいとこどりで、ただただ人生、「生まれてきた使命を知って、あなたらしく生きましょうよ♪ そうすれば成功するよ~」のような、耳障りのいいところだけで、表面飾ろうとしたくなるのかもしれませんが。
そんなのだけで^^すいすい行かないし、どん底に落ちたに見える時、そこで恨まず悔やまずきっぱり行けば、あとで帳尻が必ず合うようになってるから、「それがまったく見えてない」三次元は面白いんですよ。

ちなみにですね、全財産なくすなんてヤダ~がくぶる、のような^^恐れ、それが「お金へのブロック」でもあると思います。
いやがおうにも失う、までは行かなくてもね、とにかく、普段から出し惜しみしない、ケチらないで、自分が欲しいと必要だと感じているもの、そういうものに、日常的に、お金がなくなることを恐れずにお金を惜しまないで使えばいい、ってことです(笑)。
そうしていれば、「ひといきに持っていかれる」という^^大ショックな現実経験までの愛の鞭をいただかなくても、自分が囚われているブロックは、少しずつ外れていき、流れが変わっていきます。

使ったらなくなっちゃう、また貯めなきゃいけない、せっかく貯めたのに…。
そうやって貯めたOL時代のお金が^^いっきになくなっていった経験(笑)。
でも私、これがなかったら、今の自分はありませんし、今の金銭感覚もその後に生まれることもありませんでしたので。

で、なくなっちゃったけれど、その後に、「それ以上に」実際の実力以上じゃないか? くらいに、しっかり稼がせていただいております(笑)。
それにそのお金を使った目的の方にも、しっかり^^そのぶん、何年もあとでしたが、稼いでいただきましたから、それは結果として戻ってきています(実はこの自分のためではなく人のために使った全財産がいずれちゃんとかたちを変えて戻ってくることは、昔、占い師のマツモト先生が^^おっしゃっていましたね)。
ただ、ナマケモノの私は^^お金ができるとプー太郎になる…を繰り返してきたので^^、そういうのも生活費、及び、石に全部使っちゃいましたけど^^。
だけど、自分が使える持ち金を「何もあとのことなどまったく心配せずに、全部、石につぎこんできた」からこそ、今の仕事があります。

今の仕事もそうだけど、総額で自分が循環させてきたお金を、数えてみれば、けっこう凄いですよ。
これは、「もしずっとケチなOLのままだったら」絶対になかったことですから。
まず稼げる営業マンになることもありませんでしたし、今の仕事をしていく流れにもなってなかったと思います。
お金は自分から使わないと、回ってこないエネルギーですし、何よりも、自分が自分らしく生きていくための手段なのだ、ということを、がっつり学ぶきっかけとなったのが、過去の「貯金もろとも全財産喪失」から始まっていたわけです。

自分の懐が痛まない程度のお金なら、実際、だれでも使えるんです。
当たり前ですよね。
で、そんな気軽な感じじゃ、実際には、大きな囚われ外し、ダイナミックな禊、流れが変わる、本質の生き方へのダイナミックなシフト要因には^^ならないのよね。
ちくっと傷むから、自分から出すのにちょっと勇気がいるから、喪失感があるから、とても意味があるんです。

ケチケチして計算しまくって生きていると、せっかくケチケチして蓄えたお金を、あんまり本意ではなかったことで、大きく失う、なんてことも出てきますよ。
多くのご年配の方が病気で長期入院してお金使って亡くなっていく流れも、結局、「老後のために」って、自分の楽しみ削ってコツコツと働いて実際に貯めたお金が、その老後の安心のため(結局、年取って病気になったらお金がかかる、という不安)という目的どおりに使われている、ということなんじゃないかな。

これは、うちのお客様にも^^そういえば、ありましたね。
あたしは^^その話を「まさに高次采配」と感じて、「それ、嫌かもしれないけれど、あなたが決意して、そのお金を全部相手のために出してあげてね」って(笑)最初からお伝えしていましたけれど。もう今後は、お金がなくなって、うちで石アクセサリは買えないかもしれないし、買わなくてもいいから、そうしてあげて。って(笑)。
ご本人も、相当嫌だったみたいでしたけれど…今は、その甲斐あってなのか、なにかがふっきれた感が感じられますし、以前より、お客様から受けるエネルギーの感じが、数段良くなっているのがわかりますもん。(つか^^その後、今でも買っていただいてるのよ^^。大金失ったはずなのに^^)

ということで^^
なんだか昨日の仕入れ記事に続いて、タイムリーだったから^^話題としてお借りしてしまいましたけれど。

昨日ご紹介したような石たちも、「高額」ですけれどね。
それなりに、高いものには、ちゃんと意味あります(笑)。
懐は傷むかもしれませんが、「それが、お金じゃない部分を度外視してみて、自分が欲しいと感じているなら」得られるものは、出した金額以上だったりするのです。
それを、再三お伝えするのに、グッドな話題~♪ ということで。拝借しました。

「予算的に自分にはちょっと無理」くらいに感じられるのが、実際には、ちょうどいい使い方です。
持っていない場合には、話になりませんが、ちょっと…と躊躇感があるのは、実際には、持っているから^^、単に出すのが嫌だから、ということなのでして。

「宝くじが当たったら、したいこと」
と聞かれて、即時、「これがしたい!」と言えることは、実は…「ハートがほんとうは、「今」したい、って言ってること」です(笑)。
大金が入ったら、実現できること、ってわけじゃないのです。
大金使わなきゃできないことなら、自分が持っている精一杯の大金、持ち金をすべて使って、実現しましょう。
そういうことは、必ず、軌道に乗っていきます。

自分からは何も出さず、痛まずに^^、「祈ってみたら向こうからだけ何か素晴らしいものがラッキーにも用意されてやってくるメソッド」というものが、スピの世界にあるなら、そういう撒き餌のほうに、食らいつくのもありですが(たぶん、それは撒き餌。どっかで代償が出ていくよ、必ず)。




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  ちょっとスピリチュアルな話
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page