2017年3月ガイドリーディング其の四

2017年03月22日 (水) 00 : 54
さて、今月も、私のガイドリーディング修行にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。
ガイドブレスのためのガイドリーディングの3月お二人目、徳島県にお住まいのC.M様です。

19日記事に続きまして、C.M様よりいただきましたフィードバックへの私からのご返信です。


(転載ここから)


> これまたチャラいの出たな!って感じなのですが、現在の私にはこれくらいの柔軟なガイドが出て来てくれるのがありがたいです。

チャラくないですよ。
高次ガイドさんだから、品はあります。
三次元でも、一見チャラ男でも、ずっと普通の見た目の人よりも、物事の道理をわかっている人は、たくさんいますよね?
そんな感じです。


> なんとなく、そういう自分の状態を改善すべき石も実は分かっていて、トランスミッターという形状の水晶にラリマーをつけたネックレスを最近はつけています。
> 自分の意志をちゃんと伝えることができるようになりたい、自分自身を表現出来るようになりたいという思いからです。
>

ご自身でも、ちゃんとガイダンスをわかっていらっしゃる、ということですね。


> 「会いたいなら会いに出かければ? 訪ねてみたらいいんじゃないのかな。」
> という答えについては、「残念。会いに行ったけど、色々あって、もう会えなくなっちゃった。訪ねられないから聞いてるのに」って思いました。拒否されたのにそれでもなお会いに行ったりしたら、ストーカーじゃないの!とw。

高次ガイドさんというのは、願いを叶えてくれる方法を教えてくれる、便利屋ではありませんよ。
このへん、ちょっと誤解があるかな、と。

そういう無理目な願いをほいほい叶えてくれる、ダークサイドのガイドさんというのも存在しますが、私はそっちへは繋がれないので、申し訳ないです。

おっしゃられるように、今はストーカー法もありますので^^。
実はちらっと、「ストーカー法もあるしね、そこはガイドマターじゃないから」っていう言葉も、浮かんでいたんだけど、伝えちゃ失礼かな、ということで、私がはしょりました(笑)。
ご自身でわかっているなら、伝えておけば良かったですね。


> 今、子供の頃の事をこんないい大人になって、ウジウジ思い出しては、悲しんでいる自分がいます。
> 親に受け入れられたいがために、親の望む姿でありたいと未だに心の何処かで思っている自分がいて、「そうではない。自分の人生なのだから」と思いながらも、自分の本当にやりたいことではないことの方へ進んでしまう自分がいて、堂々巡りをしてしまって、悲しい結果になっています。

そういう感じの方は、C.M様に限らず、ほんとうに多いですよ~。
親の影響力って、凄いんだな~ということを感じますね。


> いーなー。このガイドはこんなにもスイスイと上手に波に乗り、イルカに乗り、海を楽しんでいる。
> ガイドのように、スイスイとラク~に世渡りしたい。
> まさに私の理想のガイドさんです。

メッセージを持って顕れる高次ガイドさんの姿、というのは、そのガイドさんの姿、行動、そのものに意味があって、そのように顕れます。

C.M様が、「ガイドさんのようにスイスイとラク~に世渡りしたい」と感じられる、ということは、「それがご自身にできる」ということですよ。

導く人間を羨ましがらせるために、そのような^^姿をこちらに見せているわけではありませんので。
自信を持って、進んでいってください。



(転載ここまで)


C.M様より、いただきました、ご返事の転載です。


(転載ここから)


神崎様

フォローメッセージをどうもありがとうございます。

この数年間、本当に辛い日々を送っており、特に年末以降、壮絶だと感じながら毎日を過ごしていました。
壮絶だと感じるのは、他の人にとってはなんてことないのかもしれませんが、私にとては嵐の中をジリジリと歩いているような感覚でした。

ほぼ毎日のように泣いてしまい、泣き過ぎて目が腫れて朝そのまま仕事に行くことが何回もありましたw。

そんな人生の中で一番辛いと思っている時期に神崎様のアクセサリーと出会い、アクセサリーに助けてもらいながら今に至るという感じです。

どうにも前に進まず、どうして良いかわからないという時期も経て、ようやく少しだけ進みはじめています。
新しい家を見つけ、家具を買い、そこでの生活が始まろうとしています。

ブログの記事のとおり、引越ししても、お金を散財しても、それでも状況は変わらないのかもしれません。
未来に光はちっとも見えないのですが、それでも進まなければ行けない。辛いなあって思っていました。

だけど、トドメにラフな感じのガイドさんが出てきて、こんな風に肩の力を抜いて、上手に楽しく人生歩めるといいなって、まさに目指すべき姿で、「やっぱりこうだよな」と思いました。

「それが自分に出来る」という神崎様の言葉に励まされました。

今回はガイドリーディング、本当にありがとうございました。

ブレスレットの完成を楽しみに待っています。

神崎様のご活躍をこれからも楽しみにしています。

C.M


(転載ここまで)


最後に、私からのご返信です。


(転載ここから)



C.M様

ご返信ありがとうございます!

> この数年間、本当に辛い日々を送っており、特に年末以降、壮絶だと感じながら毎日を過ごしていました。
> 壮絶だと感じるのは、他の人にとってはなんてことないのかもしれませんが、私にとては嵐の中をジリジリと歩いているような感覚でした。

他の人にはなんてことない、ということは、ないと思いますよ。
C.M様がご経験されている内容は、人間がどういう時に大きなストレスを生じるか、の要因を複数満たしていらっしゃると思いますので。

本当に絶望している時は、もう笑うしかない、っていうか。
だけど、不思議と笑えてくる、感じというのも、ないでしょうか?

たくさん失うと、わかってくることというのがあるので。
ご自身との、対話のしどきでもあると思います。

まだ先になるかもしれませんが、必ず、振り返って「自分はこれで良かったんだ」と言える日が来ますよ。


> だけど、トドメにラフな感じのガイドさんが出てきて、こんな風に肩の力を抜いて、上手に楽しく人生歩めるといいなって、まさに目指すべき姿で、「やっぱりこうだよな」と思いました。

はい。そうだと思います(笑)。

誰のためでもなく、ご自身がやりたいやりかたで。
これからは、ようやく、それができるのですから。

そういうC.M様でいることが、ハートの本意であること、今はその流れに向かう大きな変化、すごい高さの波から真っ逆さまに落ちているように感じられている最中なのでしょうけれど、委ねていれば(心に正直でいれば)その波を乗り切れると思います。(サーファー表現ですね^^。こういう時も、半チャネなんです、実際)


神崎詞音




(転載ここまで)


今月お一人目のM.I様、お二人目のC.M様、お二人ともに同じことをお伝えしているのですが、「その時メッセージを持って顕れるガイドさんの姿そのもの」に、今、その人にいちばん高次が伝えたい必要なメッセージがあります。

どういう雰囲気の姿で、どういうことをしている、どんな動作、なにか持ってる? などなど、言葉じゃない部分で、ビジュアルそのものがメッセージ、なところもあって。

だけどみなさん、やっぱりちゃんと、ガイダンスを何気に受け取っておられますよね。
普段、それが高次メッセージだと気がついてないだけなんですよね。

「シンクロ」みたいなこととかも、サイン、とも言われますが。
そういうわかりやすい目立つこともそうなんですけど。

自分の思い、というものは、自分の思ってることだからな~、くだらないな~って一段さげちゃうっていうか^^過小評価しがちなんですけれど、実際には、その思考でさえも常に完璧に自分オンリーのオリジナル!! って人はいませんよね。


石にもビジュアルそのものがメッセージ、という石ってあります。
見た目からしてなんだかもう、な石たち。
雰囲気からして、なんだかちょっと、な石たち。

私たちは、そこから多くの情報を実際に受け取っています。

たとえば、私がお作りした石アクセサリを手にしてくださった方が、時々、伝えてくださることもあるのですが、作った本人が驚くような^^すごいビジョナリーなストーリー展開があったり、ということもあるようです。
「現実面で変化がある」方も多いけれど、クレアが開けている方からいただくほうの、「高次ビジョン」も^^凄いんですよね。

そういう感じのイメージ展開って、妄想じゃなくて、石のメッセージであり、高次メッセージです。

それを私に「これで正しいのか、という確認」のようにお伝えいただく、ご質問いただくこともあるのですけれど、それは「その方だから」解読できた、その方がダウンロードする必要があった高次メッセージだと思いますので、自信を持ってどんどんダウンロードしてくださいね。
「説明文には書いてなかったけど」とか(笑)気にしないでください。

私の説明文は、万人共通とは言えないところもあるけれど^^、それでもなるべくこの世界においての最大公約数的に、拾える部分は拾いたいと心がけてはおりますが、うちの石アクセサリは、やっぱり手にしてくださった方のものなのです。(そうじゃない枠というか、これはこういうエネルギーのもの! って規定しちゃうような? 石に限らずですが、そういう使用用途が決定している謳い文句の物品ってありますよね? ソレじゃない、ということです)

そのストーンを手にした方、使った方が、どういうメッセージを受け取り、どういう感じの現実展開をしていくか、という部分、その「拡大世界の詳細」のほうまでは限定してませんから、説明文の枠だけに囚われず、どんどん面白い経験をして、オリジナルの現実展開をしていっていただけるアイテムですよ^^。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  ガイドブレス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

2017年3月ガイドリーディング其の三

2017年03月19日 (日) 11 : 09
さて、今月も、私のガイドリーディング修行にお付き合いくださいまして、ありがとうございます。
ガイドブレスのためのガイドリーディングの3月お二人目、徳島県にお住まいのC.M様です。

C.M様からの高次ガイドさんへのご質問内容は、文中にはさんでおります。

いただいたご質問と、ご本人様のフルネームだけを頼りに、私のガイドさんに伴走をお願いし、C.M様のガイドさんとお会いするための領域へと出かけました。
そこで、私が知覚させていただき、いただいてまいりましたメッセージ、以下が全文です。


(転載ここから)


「ご本人様からのご質問、伝えたいこと」

☆ガイドに聞きたいことは、子供の頃からずっと抱いてきた閉塞感からどうやったら抜け出すことができるのか知りたいです。

☆そして幸福だと感じる日が来ることはあるのか教えて欲しいです。

☆会いたい人がいるのですが、その人に再び会うにはどうすれば良いか教えて欲しいです。

☆現在のこんがらがった状態を解くコツやヒントも教えて欲しいです。



「C.M様 ガイドリーディング」


上記のC.M様のご質問、現在のご心境に対する質問をはさみながらの、ガイドさんとの対話をさせていただきました。

C.M様のガイドさんに会うことを意図した領域に到着すると、目の前に広い海と、サーフボードを抱えたイケメンサーファーの男の人が顕れました。髪サラサラの若い男子。それが今回メッセージをいただきましたガイドさんです。
(のちに、サーフボードが「イルカ」となって(笑)最後に波乗りする姿を見せていただきました。イルカに乗った少年という昭和の古い歌謡曲がありまして、なんだかな~と^^笑ってしまったのですが、終始笑わせてくれるタイプの方でしたのが、私にとっては意外な感じで。なんとなくご質問がシリアスなので、もっと厳粛なガイドさんが顕れて、厳しそうなやりとりになるのではなかろうかと想像しているところもあったからです)


◎子供の頃からずっと抱いてきた閉塞感からどうやったら抜け出せるのか、知りたいそうなのですが?

ans.

自分の好きなことを思い切りしてみようとしたことがないから。
誰も止めないよ、本気なら。
それをしていないのに愚図ってる自分を素直に認めてみて。


◎幸福だと感じる日が来ることはあるのか教えて欲しいそうですが?

ans.

幸福? 来るに決まってるじゃない。
でも、求めるだけじゃそれはいつまで待っても感じられないよ。


◎会いたい人がいるのですが、その人に再び会うにはどうすれば良いか教えて欲しいそうです。

ans.

会いたいなら会いに出かければ? 訪ねてみたらいいんじゃないのかな。
方法って、それだけじゃない? ガイドに聞くことじゃないよ。


◎そこで会えるのかしら? (これは私の質問です)

ans.

会おうと思って行動すれば、会って自分が何をどうしたいのか、っていう、ただ会いたいじゃなくて、次の正直な欲求が出てくるよね。それを自分で認めたくないから、相手の拒否が怖いから、結局、会うことを選択しない、そう思えてくるんじゃないかな。
それはガイドの仕事じゃないし。


◎現在のこんがらがった状態を解くコツやヒントも教えて欲しいそうです。

ans.

幸福とか、一瞬、一瞬のものだよ。掴まえるの、自分で。そこを抑制しないこと。
捕まえられないと悔しいこともあるけど、それでいいんだよ。毎回は無理。毎回じゃないからいいんだよ。
失う怖さ、ダメになっていく恐れ、現実的に無くすもの、色々想像できるかもしれないけれど。
実際に、具体的に、無くしてみてもいいんじゃないかな。
それはもともと、自分のものじゃなかった、ってことだから。


◎サーファーって^^そういうこと言いそうですね~。まさに。「今を生きる」の典型の姿…。
 最後に、C.M様にメッセージがあれば、お願いします。

ans.

人を、周囲を、否定しないで。自分の思い通りに操作しようとしないこと。
あり方の違いを認めて。
自分には、自分の生き方、道がある。
それだけなんだから。
でも自分が動き出そうとしないと、周りからあなたを認めてお膳立てはしてくれないよ。
もともと、自由度高いんだから。
やってみたら、色々、思ってること。

…と言って、最後は、”イルカに乗った少年”という姿で、スイスイと、波乗りの姿をご披露いただきました。

こういう風に、波乗りは、相手(海。つまり、環境)の動きに合わせることが大切なの。ということだそうです。
「カンタンだよ。そうすれば勝手につれていってくれるんだから。うまく乗ろうとするとバランス崩すものなの」とおっしゃっておられました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎聞くの忘れてたことに気がつきまして、C.M様に、今必要なストーンについて、お伺いしましたところ。(そのまま、イルカに乗って去っていってしまいそうでしたので、お引き止めして^^「あ、すみません、石…」とご質問しました。)


ラリマー、アクアマリン、ブルーカルサイト、アマゾナイト、水晶…というカップリングイメージをいただきました。

喉チャクラの石たちですね。閉塞感を癒やし、受け入れること手放すことのエネルギーをスムーズに循環させるのを手伝う石たちです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



(転載ここまで)


上記の、高次ガイドメッセージを受けて、C.M様より、いただきました、ご返事の転載です。


(転載ここから)


神崎 様

早速にガイド拝見ありがとうございます。

これまたチャラいの出たな!って感じなのですが、現在の私にはこれくらいの柔軟なガイドが出て来てくれるのがありがたいです。

色々と思考が凝り固まってしまっているようなのでw。

必要なパワーストーンについては、神崎様のメールを読み進んでいくうちに「ラリマー、アクアマリンじゃない?」ってイメージが浮かんで、思った通りでした。

ずっと喉の調子が悪く、年中喉に痰が詰まったような感覚があり、咳をしている状態が続いているのも、第5チャクラの状態を表しているのでしょう。

なんとなく、そういう自分の状態を改善すべき石も実は分かっていて、トランスミッターという形状の水晶にラリマーをつけたネックレスを最近はつけています。
自分の意志をちゃんと伝えることができるようになりたい、自分自身を表現出来るようになりたいという思いからです。

「会いたいなら会いに出かければ? 訪ねてみたらいいんじゃないのかな。」
という答えについては、「残念。会いに行ったけど、色々あって、もう会えなくなっちゃった。訪ねられないから聞いてるのに」って思いました。拒否されたのにそれでもなお会いに行ったりしたら、ストーカーじゃないの!とw。

最後に頂いたメッセージが一番本質を突いていると思いました。
グッと込み上げるものがありました。
さすがガイド!

今、子供の頃の事をこんないい大人になって、ウジウジ思い出しては、悲しんでいる自分がいます。
親に受け入れられたいがために、親の望む姿でありたいと未だに心の何処かで思っている自分がいて、「そうではない。自分の人生なのだから」と思いながらも、自分の本当にやりたいことではないことの方へ進んでしまう自分がいて、堂々巡りをしてしまって、悲しい結果になっています。

そこがずっと感じていた閉塞感なのかもしれませんが。

いーなー。このガイドはこんなにもスイスイと上手に波に乗り、イルカに乗り、海を楽しんでいる。

ガイドのように、スイスイとラク~に世渡りしたい。
まさに私の理想のガイドさんです。

すいません。
毎日もう限界だと感じながら1日を繰り返しているようで、余裕がなく、この程度のお返事しかできませんが、この辺で。


(転載ここまで)


C.M様からのご返信に何気に「ガイド拝見」というワードがありますけれど。
私はこの言葉を使ったことがないのですが。
ガイドリーディング本家のまるの日さんの、造語ですよね、これ。
ヘミシンク用語というわけでも^^ありませんしね。
これがもう一般的に普及していることに、なんとなく笑えました。

「高次ガイドと会う」ということは。
特別な人ができる芸当というわけではなくて、ほんとに、普通に誰でもできること。というか、実は、普段から会ってます。
なんとなく「自分のガイドに似ている感じの人間」というのでしょうか、三次元世界の中で、そういう容姿、雰囲気を持つ人のことは、無条件に、なんでか気になっていたり、好きだったり。そういうことがありますし、それがご自身の高次ガイドさんのヒントだったりします。
(と言っても、ガイドさんは複数存在したりしますし、メッセージを持って顕れるガイドさんは、今その時にいちばんその人にメッセージを伝える必要のあるガイドさんが顕れますので、必ずしもその方のメインガイド、というばかりではないようです。)

私も最初は「観える!!」ってびっくりしましたけれど、できるようになってみると、できるものなんだな、という感じがします。
というか、そんなに大袈裟なことではないのです。
むしろ、大袈裟じゃないから、観えている(そう感じられている)、わかっているのに、「気のせい」だと思っちゃってる方も多いんじゃないかなと思います。

今月お一人目の、M.I様も、なんとな~く脳裏に浮かぶ、「そういえば、青い闇のなかで、月明かりを頼りにピアノを弾いているという心象風景がいつからかありまして、陶酔というか、至福の時間を満喫してるのがわかるんですよ。そんな経験ひとっつもないのに。」という、心象風景が自分の中にあることじたいは認識されていましたよね。

そういう感じ、です。

それでは、私からのご返信、以降のやりとりは、次回記事ということで。



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  ガイドブレス
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

今月も引き続き石の仕入れ、続々なんですわ。

2017年03月17日 (金) 00 : 00
3月4日にも「石の仕入れ、続々」と言いながら、まだまだあるよ~~~続々っっ記事です。

人様に「お金を使おうぜ」とお伝えしていながら(笑)自分が金使わない…っていうのもどうかということで。
だからね、ロシレム大物ポイント(お写真6枚目のラストの水晶)どなたかご希望あって、お買い取りを約束いただけるなら、高額大物ロシレムポイントの仕入れをしてきますけど…などという(笑)、もう、売れるの確定してないんなら仕入れしませんわよ、なんて^^商売にはあるまじき予防線貼った消極的な態度でお伝えしていたのですが、さくっと、もう、現物をとりあえず仕入れしてきちゃいました。

とは言うものの、これね、あるある全部買う! って言えない水晶なのでして(笑)。
今現在ロシレムポイントは卸元に在庫があるのは、ほぼすべて40万50万超の売価になる大物タイプばかりなんですが。100万単位でも効かない千万部類の超大物なんかも一点だけ鎮座していましたり。大物ばかりなのでむしろ壮観♪
石はね、な~んか、お高いジャンルのものは「安いものから売れていく」っていう^^もうどうしようもない出し惜しみ人間心理(値段安いほうがリスク少ないですもんね。店やってて仕入れる側も消費者として買っていただく側も、心理的に)がはたらきますから。
それってちっともハートでなんて選んでないじゃん!!(笑)だったりもしますよね^^。

でもまぁ、致し方ないところもそりゃまぁあるわよね~、と言い訳も^^、三次元のつらさも、売る側買う側双方にありますよね。
石って、いいものは、希少性もそうだし、姿形の良さもそうだし、当然サイズや重さに比例する面もあったり、価値のあるものは、高いのよ。
私がそういうロシレムとしてはリーズナブルな10万円台売価程度で販売できたお安いロシレム(でももともとそんなにそれも数なかったようでしたが)を仕入れるタイミングになかったこと、これもまぁ、「ご縁」とも言えますしね。

というわけで、今やもうそんな数少な~い、それでもまだお値ごろ感のあると言えるロシレムポイントを、ロシレム特選品ブースの中から、シール付き(卸元基準で「ロシレムらしい」の認定つきの姿かたちのポイントであるということ)ポイントの中で、売価ぎりぎり30万円切る感じで販売できる美しいものを、セレクトしてまいりました。
(実は、一点だけ、これなら15万円くらいのロシレムとしては廉価で販売できるな、というものも残ってたのですが、それって水晶の頭部分が折れちゃっててなくなってる胴体部分のみのポイントだったり^^なんですよ。いやそれはいくらなんでも感が^^ありますよね。つまり、価格付けというのは、この三次元ではそういうことなのよ)

…って、冒頭から、ロシレムの話ながらに^^お写真は、順番に。




こちらは、オーラライト23のスライスです。
昔、オーラライト23が登場した頃に、こういった、まるでスーパーセブンちっくな内包物が美しい高品質なタイプも、極僅かながらにガイガーさんところでもお見かけしましたし、美しいスライスも販売されていましたが、今現在はそういった高品質オーラライト23の流通は少ないです。こちらはガイガーミネラル社及びH&E社からの入手ではなくて、日本の石屋さんからのものですが、間違いなくオーラライト23の原石スライスですね。

穴あきペントップとして使えるスライス、横穴が空いているのでネックレス仕様にして贅沢に複数使えるスライスなど、ありますので、今後、作品の中に、高品質オーラライト23を使えるのが、とても嬉しいです。
今月は、ガイガーミネラル社及びH&E社オーラライト23を使った石組みも出てきますので(実はもうすでにブレスレットは制作済みなのですが。これを見つけて、「うわ、豪華ネックレスが作れる!!」という即座の脳内妄想が(笑))楽しみにお待ち下さいね。




こちらは、スウェディッシュブルー。という名称がついた、なんとも不思議な過程を経て我々の前に顕れた、半人口、半天然…というか、マンメイドガラスとは言えない部分のほうが大きいから、こうなると天然ガラスの部類と言えてしまうんじゃないかしら。
14世紀から18世紀のあいだに、スウェーデンの製鉄所から出た廃棄物をそのまま山に埋めてたらしいんだけど(ヲイヲイ、な、いわゆる不法投棄なわけですよ)その廃棄物がですね…何百年かの時を経て、こんなふうに、山の天然ミネラルを取り込んで珪化してガラス化してしまったという、超摩訶不思議な鉱物なのでして。
昔ももともとがガラスであって、それが地中で銀化したローマンガラスとも違いますし。

14世紀とか18世紀とかそのあたりのスェーデンの製鉄技術がどの程度のものだったのかは詳しくは知らないのですが、鉄鋼というのは、もとは鉄鉱石をあれやこれやの過程で(フローライトなんかも原材料として使う)製銑して「鉄」を取り出すわけなので、こちらももともとは鉄鉱石という石だった、その残骸だったのだろうと思います。

それが…山のミネラル取り込んで、こういう姿に変化した、というわけです。

ちきゅうって、なんか…ほんと、凄くね????!!!! と驚愕できますよね。
めっさ私の好きなタイプのブルーカラー(オーウィ―ブルーオパールのような)めっさ、これぞパワーストーン(笑)な感じします。地球上には「いらないものなんてないんだよ」っぽい感じがしませんか?

私たち人間が「不用品」として^^捨てたものがこんなお宝として変容する。地球は凄すぎる、そして、私たちが捨てることへの罪悪感でさえ、こんなものに変えてしまえるなんて!!! 
つまり、捨ててもいいんだよ、ってそういうことを推奨する助長することではもちろんありませんが、地球にとっては屁でもないっていうか(笑)そういうことの一例でもあるし。

実はね、瞑想なんかで、よく、「ネガティブなものを地球の中心に流す」みたいなのってね、私は「それってどうよ?」感がね、以前はあったの。なんでもかんでも、自分の汚いものを、地球の内部におまかせして浄化してもらう、みたいなのって、どうよ感がありますよね。
だけど、地球内部って^^実は超高次空間なので。人間の内部のネガティブエネルギー引き受けるなんて屁でもないどころか、そうすることでそれが濾過されて光となってきれいになって循環して自分に戻ってくる過程を手伝ってくれるわけなのです。地球には、なので、お願いしていいのです^^、その繋がり方をして。またそれがいわばグラウンディングでもあります。

なんかこう、そのことをふと、この石を見て思い出し。
すべてはひとつ、とまでは^^どうかなところもあっても、人知を越えた見えない繋がりの世界を彷彿させてくれる石です。
そういう地球の凄さを物質化として確認できちゃう、スウェディッシュブルー。ですね。




はい、こちら、ナイルフリントです。
これ、めっちゃ綺麗な「音」がするんです。
原石スライス同士のぶつかった時の音の響きがもう、ちょう綺麗~~~~。
高く、澄んだ、ハイオクターブな音なんです。
石屋さんでこれらセレクトしている時、その石同士のぶつかる時の高音に、うわこの音めっちゃ癒されるね~~~、と、やはり振動数の高い鉱物ゆえのこの音声なのかと(笑)謎ではありますが。
シンギングクリスタルという綺麗な音を奏でる水晶もありますが。クリスタルボウルという特殊な技術を使って作られた、音色のとても美しいクリスタル楽器もありますが。
フリント身につけるというのは、クリスタルボウル身につけて(笑)宇宙と同調する世界を創り出すことを助けてもらう、っていうことなのかもしれないと。ふと、そういう感じがしました。




ナイルフリント、それから、スレイマンアゲートのビーズです。
スレイマンもすばらしい石なので、また何かカップリングに使おうと思いまして、再度仕入れをしました。
魔除け、デトックス、浄化力などの、「パワー」のほうばかりが注目されている、そういう面がフューチャーされがちな黒の石さながらの感覚で捉えられるスレイマンですが。
スレイマンの目的は、そこは、「過程」です。
キレイになった~すっきりした~守られた~ありがとう、スレイマン! じゃなくて(笑)。
そんなスレイマンが本来目的発揮できるカップリングはなにかな~ということで。
なにか、カップリングしてみたいと思っております。

真ん中の石はアゼツライトそっくり^^なんですが。
これはアゼツじゃなくて、オーストラリアのスノークォーツです。
オーストラリア産のホワイトクォーツアイト、ということですね。
執着心や過去の失敗や後悔など、もう手放したほうがいいことをなかなか手放すことができない、という特徴を持つのが(笑)人間スタイルでもありますが。
そんな手放し、そして、受け入れ、変容していくことをスムーズにするのを助けてくれる石ですね。




こちらは、メタル製のフラワーオブライフのバングル。
すっごいかわいくないですか? これ。
ないわ~これ、の^^でかバングルですが、金属じたいは薄いので、重くはありません。
石どっかに取り付けるつもりではおりますが(笑)。
ちょうかわいい~~~って、石の卸屋さんで見て、即買いを決めたんですが、当然ながらに、おっきくて幅のある目立ちバングルですので、オフィスで身につけたいんだけど、のようなご要望にはお答えできない、オサレ系のアイテムとなります。




さて、冒頭くどくど解説の(笑)こちらが、ロシアンレムリアン。
おっきいですよ~。
12×7×5センチ。
マスタークリスタル、と言えるサイズかなと思います。
ロシレムの特徴のレコードキーパーもファセット面に出てますし、こちらの特徴はポイント先端横のセルフヒールド部分と、先端反対側のセルフヒールド部分かな。やたらにセルフヒールドされた部分が多いのです。そこが虹できらっきらだったりします。
透明感もあって、水晶内部も、虹きら系です。
(卸店で見てた時よりも、今のほうがさらに虹が増えてますね。お金使って仕入れてくれてありがとう、ってな^^ことなんでしょうか(爆))
エネルギーは強いです。かなり強いです。
くらくらしてきますので、石酔いしやすい方は、すこ~しずつ接近していくのが良さそうです。

ロシレムで人生加速した、変容した(良い意味で)って人は、ものすごく多いらしい、そういう水晶なんだそうです。
でもロシレムないと人生が加速しない変容しないのか? って言ったら、そんなことはないです(笑)。
私は10年以上、この仕事やってきてますが、ロシレム水晶をはじめて入手したのは、昨年12月のディビットのところのペントップがお初でしたけど、加速と変容の人生を、ロシレムなしで(笑)やってこれておりますもので。

ただ、実物に実際に接してみると、その手の加速だの変容だのの「我欲抜き」でも、いやこの水晶は、たしかに欲しいかな…と思える水晶かなと思います。
どうせ水晶のポイント状態で欲しいのなら、大物のほうが、やっぱりお薦めですよ。

売価は27万円でのご提供となります。
こちらのお品、SOLD OUTになりました。

とくに月末まで待たなくても、今現在で、欲しい! と、この写真一枚の情報しかないにもかかわらず、挙手していただける方がいらっしゃるようでしたら、お譲りさせていただきます。
(本来ですね、ここに消費税など^^加算されるわけですが、うちはまだ消費税納入義務の発生していない小規模業者なので、消費税はいただきません。いずれそういう日も来るかな~。という準備もそろそろ必要かな~とも思っているところ)



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  自己実現stone
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page