天然石リース

2018年11月16日 (金) 04 : 47


石ブレスじゃないですよ…リースです…リースはお写真ではこの巨石の迫力が伝わりづらいのがちょっとねなんですが



チェリーブロッサムアゲートの巨石ペンダントトップ(高品質チェリーブロッサムアゲート仕入れしました…やはりいいですよ、この石)



この前お見せしたユーパーライトがこんな風にリースの真ん中に



ちなみにこのユーパーライトじたいが石サイズ4センチある原石なので、リースっておっきいんだな、ってメジャー使ってイメージしていただけるとわかると思います(でも写真じゃわかんないんですよね平面だから)



こっちはメタモ



一応リース中心はペンダントトップとしてもお使いいただけるようなイメージでセレクトしてはいるんですが、巨石なので(笑)やっぱりぶらさげるにはちょっと…レベルの大きさかもしれませんけどね(ただ石好きな人だとこのくらいの巨石系はなんの違和感もない場合もありますし、それぞれですけれど…あれなのね、これ、「一回やってみちゃうと」そこで違和感ないことに気づくと(笑)そういう人はね、もう巨石じゃないと物足りない体質の人になるんですよ。私なんかもそうなんですよ。ただ石によっては巨石だと「うわこれ強っっ」というのもあるんでまぁ気をつけないとというのはあるんですが、そういう「うわこれ強」系は値段も高いので必然的に巨石じゃない感じに(ダイヤとかそうね)なりますからね、そんなにそこは心配しなくても世の中うまくできています)



リースのために仕入れたつもりの大玉16ミリ、14ミリですが、もちろんブレスも作ります(迫力ある石ブレスになりそうですね…)



ブロンザイト



ハイパースシーン…ハイパーシーンって昔はそうなの、ちょっと”強いほうの石”分類だったんだけど(個人的に)、今そういう感じしませんよね~普通じゃん、って(笑)私は思うけど、たぶんみなさんの多くにとっては(おそらく世の中的にも)普通ではないと思いますので(笑)私には普通だけど、「こういうのを強い、とか言うんだろうなぁ」の世界をどうお伝えするか、なんですよね



ゴールデンブラックマイカ…これも私には普通ですが(笑)たぶん”強い”っちゃ強いのかもしれませんけれど、この石いいんですよね~どういいのかは長くなるので別の機会に(石の意味とか月末とか)

もともとは昔リアル店舗に委託していた頃のクリスマスイベントのために思いついたのが石のリースだったんですが実はコスト的には天然石使った作家作品としてはかなり無謀というか(笑)そこにあんまり気がついてなかった時代の話…どうしてこういうものをみなさんがお作りにならないのかが、当時は不思議だったんですけれど、ほら、なんていうのかな~、世の中、石にだけお金使いたい人ばかりじゃないじゃないですか(笑)そこに気づいていなくて^^…自分は”石にだけ全財産全精力使う”的やりかたで生きていたから、そっち基準で考えると、普通にできることであっても、他人はそうじゃない、っていうことがよくわかってなかったんですよね(笑)…そのくらい、”てっていして自分ワールドを生きることになんの違和感もない”世界構築をできた(世間がまったく気にならない)っていう経験は、やっぱり、良かったと思いますね…



この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

サターンカルセドニー

2018年11月14日 (水) 18 : 51
模様が土星のリングのよう、ってことで、「サターンカルセドニー」と名付けられた新種のカルセドニールースです



せんだってから、別宇宙での立場「自分の星」の話をしていますが



実はこの話を(アクセス法)を聞く前になんとな~くこういうことを思っていたことを思い出しました



私がやたらに「石」をコレクションしているのは(まぁ、仕事だからというのももちろんあるんですが)、石の情報を「どっか」へ送り出すためではないかと(笑)

だからひたすら増えていくのはそのためなのではないかと(なんと自分に好都合な…と思われるかもしれないんですが^^でもなんかそういう感じがしたんですよね…「私自身にその意味とか意義とかわかっていなくてもいいのかな」という感覚がふと湧いてきた時があったんですよ…早朝ベランダでぼ~っと明治神宮方面を眺めている時に)

私の潜在的な「アタマ」のレベルではわかっていないことも、「向こう」ではその情報の価値というか重要性を知っているため、実はこの世ではその人の経験がもちろん大事なんだけど、本人にとっては経験と言えない無意識レベルも非常に大事で。



この無意識レベルを書き換えするために、人は試行錯誤したりもしていますよね、考えてみると…だいたい、「石を持つこと」じたいそうだし(笑)。(有名どころでは断捨離とかもそれをやりたいからいらないものを捨てようって話ですよね…ただ、個人的にはもちろん不用品捨てるのって大事ですけど、捨てるばっかりが脳じゃないという気はしますが…よくやり玉に上げられる服なんかも、今のものに比べて昔のものは生地や縫製良かったりなどもあるので「欲しければまた買えばいい」レベルで実際にはまた買えるってわけでもないものというのもあるにはありますよね)

もしかすると、「別宇宙のうちの星」では「地球の石情報コレクション」というだけでなく、石情報をなんかに役立てているのかもしれん…と妄想中…服のコーディネートとか(笑^^ちゃうちゃう)




この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

急激な精神の変化

2018年11月13日 (火) 21 : 05
お写真はメタモルフォーゼスクォーツ&ピンクメタモ。



なぜにいまさら、メロディストーン?(笑)という話なんですが。なんでなんでしょう…原石ワイラーラップにしようかなぁ、と思ってなんとなく仕入れしたんですが



メタモは、変化の時に持ち主を支えるあと押しの石なんですが(後戻りしたくなるのが人間だからね^^…そうじゃないでしょ、と)



あれなんですよね…今まで精神世界とか興味なかった人が、「情報」としてこういうものに触れる、知らなかったことに触れる、それだけでも、実は”見えない世界側からすると、街いっこリノベーションするくらいの、急激な変化ではあるのですよ



土台から作り直しになるような人だっていますからね(この世的見た目にはそうではないですよ^^現実的な現象としてそこまで変えてる人はきっとそんなにはいないです)



まぁ、まぁ、メタモはそういう石ですね…たぶん今も必要な人がいると感じました。

ていうか(笑)「あ、私に必要」って感じがあったから、仕入れたんだと思います^^。

自分の変化というものには、抵抗感が生まれて当然なので。
仮に情報としてどんどん蓄積されていったとしても受け入れられずピンと来ても行動に移せず、苦しいままで、5年、10年、変化できずに悶々とする人だっています(見てるとそう思います)。
そういう人の変容を助けそうだな…ということで。いまさらメロディストーンなんですが。仕入れてみました。

実のところ、急いでもかかる時間はいっしょ(笑)かな、というのもあるんですけどね^^。

私なんかは、急激な変容を、喜んで受け入れていったタイプの人間なんですが。

だけど、振り返ってみると、やっぱり、上りのベクトルは急激に上向いたし、自分の変容もスピード上げて変化したと思っていたけれど、本当に変容したんだな…と実感できるのに、10年以上かけてます(笑)。

そのくらい、かかりますよ、という話ではないですよ。人によると思います。

でもそのくらいかかるのかもしれない、って先に聞いちゃうと、人は、安直でスピーディーな変容をやっぱり求めて右往左往してしまうでしょ。

自分のキャパを超えた話に飛びついたり、そこで挫折したり。
だからやっぱりそのぶん時間かかるんです(笑)。

私にとっては、クレアボヤンスは…(笑)こりゃなんだろう、鬼門なんだろうか^^。
(単純にクレアボヤンスってなんか苦手なのよねという「囚われ」だとは思いますけれどね~。35星瞑想、それでもなんだかんだいって、3日続けてやっていたりしますが。こういう「餌」があると続きますね…)

何にせよ、必ず、その人が抱いたテーマは消化できると思いますよ。
地球上では「そういうものだ」と腰を据えられれば、できますので。ご安心を。


この記事のシェア&ツイートfacebookでシェアTweetする

カテゴリ :  PSW制作室
follow links FB pageGoogle+Go to top of page ページの上へ移動

ページの上へ移動
Go to top of page